あしたの蒼い空

おもしろいこと大好きな管理人が日々のことをつらつらと書いてます。                       

『天冥の標Ⅵ 宿怨 PART1 (ハヤカワ文庫JA)』小川 一水

ReadMore




16/11/10 19:37

思い出せないものもあったけれど、巻末の年表とキーワード一覧が役に立つ。
イサリ。なんだか不穏な気配を感じる名前だと思ったけれど、この巻のイサリは、その立場以外どうということはない救世群の女の子。だからこそ複雑な気持ちになるけれど、しかしこれから300年後の怪物イサリとは、きっと同一人物なのだろう。記憶違いかもしれないが、《咀嚼者》は言葉も半ば失っていたのではなかったか。彼女の身にいったい何が…。そして再び巡り会うセアキ(の子孫)とイサリ。時を越えて、彼女の恋が再び動き出す…?
ラスト、ちらっと出てきた異星人。ミスミィというのはその舌っ足らずな口調と、深くは考えずに強い力を良しとし依存する性質からしても、ミスチフだったものなんだろうな。ミスチフ。不気味なやつだ。

これまで語られてきたなかで、1巻が最も未来の話なのだとすれば、そこで現れた冥王斑がどうして謎の病扱い(だった記憶がある)だったのかが不可解か? 300年とは、これほどの病がそこまで風化?するに足る時間だろうか。たしかに私も、いまから300年前――江戸時代の疫病にすぐピンとくるかと言われれば、否定するしかないけれど…。しかしそもそも、救世群という存在は常にありつづけているはずで、この病のことを忘れるわけにはいかない状況なのではないのか。アイネイアからカドムに至るまでの300年の間になにがあったのか、まだ語られていないことがたくさんありそう。早く知りたい。

水筒的な存在が救世群の間でカナコと呼ばれていると知り、そういえばこれまでの登場人物のなかに「カナコ」という女性がいたような気がする、という記憶が蘇った。この一致は偶然ではないのだろうと思うが、どういう経緯があったのだろう。地味に気になるポイントだった。

関連記事


Return

* Category : 読書 フォルダその2

* Comment : (0) * Trackback : (0) * 編集

コメント









管理者にだけ表示を許可する