< 前の記事 ホーム 次の記事 >

フェードアウトする。

2016年03月23日 14:12

2016/03/23 更新記事
その1/ その2(当記事)


16/3/22 8:06

なんかね、小耳に挟んだ程度の知識で行動に移して「思てたんと違ーう!!」となったパターンで思い出したのだけど、中学時代のゲーマーの友人で、伊達政宗が好きという子がいましてん。
でね、その子が「戦国無双」派なのか「戦国BASARA」派なのか、はたまた両刀使いであったのか、いまとなっては不明ながらも(でもその子が描いていたイラストの石田三成が無双の石田三成だったので、無双派だった可能性が高い? ああ、そういえば浅井長政も好きと聞いた気がする。クラスメイトに「浅井さん」がいて、なにかと反応していたような気もする。気のせいかもしれぬが。でも「好きなキャラと同じ名字」というのは、反応するに十分値する要素である。そして浅井長政がフューチャーされるとなると、いよいよ無双派説が力を得てくるな)、

何はともあれゲームから伊達政宗が好きになったと聞いて、私もそのゲームがやりたいと思って手に入れたソフトが「戦国無双2」であり、さっそくプレイしてみたところ、なんかすごい難しくて(私にとっては、かもしれないが)、なかなかクリアできずにフェードアウトしたのでした。(※モンハンパターン。そのエピソードについては、こちらの記事の終盤で少し言及)
数年後、それまで知らなかったのだけど「戦国BASARA」というシリーズも存在することを知り、そこで手に入れたソフトが「戦国BASARA2」だったわけですが、戦国無双に比べれば、迷子にさえならなければコントローラーの攻撃ボタンを連打し続けて走り回っていればクリアできるといっても過言ではないミッション。なおかつモブ兵をばっさばっさとなぎ倒していく爽快感。手軽に味わえる、オレTUEEEE!!感。私が求めていたのはこれだったのだよ……!という。
キャラクターも、ぶっとんでいるほうがBASARA。こじゅまさとかサナダテとかサスサナとかがあるほうがBASARA。腐った女子がプレイして楽しい、なんちゃって戦国時代がBASARA。一方で、「本格的」なのはやっぱり無双シリーズなのでしょう。うん。

ところでなぜ、戦国無双と戦国BASARAを混同する…というか、二種類あるということを知らずに戦国無双のほうを先に手に入れるという遠回りをすることになったのか。そうだね、これはひとえに、私がそのゲーマーの子にちゃんと質問をしなかったからに尽きるね。たぶん、訊いていればその点についての言及もあったような気がする。ほうれんそう大事。ホウ・レン・ソウの「ソウ」。
本件は、コミュ障がまさしく仇となったパターンです。リアルに重度だからね。はははっ☆

  #

あ、ちなみに私はFF10をクリア済みなのですが、それについても、着手するきっかけとなったのはこの子でした。
彼女がベテランゲーマーであるということは周知の事実であり、私も「FF」というブランドに興味を持っていたこともあって、オススメのFF作品はどれかという質問をしたところ、FF10を挙げていただいたのだ。名作とのご縁を結んでいただいて、深く感謝。あともうひとつ挙げてもらったのはFF8だっただろうか…、尋ねておいて失礼なことなのだが、忘れた。もっと若い数字だっけな。。4とか…?
あとTOSもそうだな。こちらのほうが、FF10よりも先に出会っている。TOSについては、私はてっきりプラットフォームはPS2だと思ってソフトを探していたのだけど、実はGCだった、ということもありました。物事を進めるにあたって、よく調べるというのはとっても大事なことですね。真理です。

ちなみにTOSは、私が初めてプレイしたテレビゲームのRPG作品。だったはず。で、戦闘システムなどがまったく理解できずにフェードアウト。そのまま放置していたのだけど、しばらくして、小学生の頃の友達(これまたゲーマー)と遊ぶことになり、そのときTOSが話題にのぼる。ゲームの進め方がまったくわからないんだと言ったところ、共に少しばかり進めてくれて、根本のところを理解する。ということで、私も無事に独り立ちし、そこからはもう、ただただ楽しかった。RPGっておもしろいんだ、ということを知る。
TOSをクリアしたことで味をしめて、上記でも述べた通りオススメのFF作品をリサーチし、FF10に着手することになるのだが、そのFF10。飛行艇的なものに乗ったあとに現れるボスと何度戦っても負ける、レベル上げをしたいが飛行艇的なものに乗ってしまっているのでそれもできない、かといって、知識の無さから予備のセーブデータを作っていたわけでもなかったので「少し前に戻る」ということもできず、もう、どうしようもなく詰む。フェードアウトする。(もはやフェードアウトはいつものこと。誰しもが一度は通る道だよ。いや……、私だけか?
そして数年後、ふとFF10の存在を思い出して、初めからプレイを再開。今度は予備のセーブデータを作りながら、レベルも必要以上に上げながら、手堅くプレイ。そしてクリアへ。またひとつ自信をつける。

といった、私のゲームプレイ履歴(初期)でした。この流れのエピソードを話すのは、わりと久しぶりのような気がする。この間の小学受験の話といい、最近はリバイバルネタがちょこちょこ挟まるな。繰り返すうちに、少しはブラッシュアップできていればいいのだが。

関連記事

ゲーム プレイ日記 コメント: 0 トラックバック: 0 編集

< 前の記事 ホーム 次の記事 >

コメントを書く






    



管理者にだけ公開させる

トラックバック

トラックバックURL
→ http://koromotempura.blog46.fc2.com/tb.php/5769-1e3da4f6

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ホーム

プロフィール

Author:青葉ころも
はじめまして&こんにちわ~!
お気軽にコメントどうぞ^^
なにかございましたら、サイドバー下部のWEB拍手もご利用くださいませ。
連絡先:
2012.04.19 プロフ更新

当ブログ管理人が運営するサイトです。
もくじのもくじ
基本的に、植物(おもにドングリ)の観察日記のページと、写真集(おもに飼い猫)のページがあります。

Twitterボタン



・メニュー・
連絡用記事へ
ブログリンク集へ
プロフへ
・・・・・・・・・・

2010.11.05
ころも天ぷら→青葉ころも
改名(仮)しました。
呼び方は「ころもさん」が好ましいです。

2012.01.07
個別記事の拍手コメントは、その記事のコメント欄にちゃちゃっと返事することにします。

バロメーター

最近のコメント

+を押すと開きます。

リンク

カレンダー(月別)

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリ一覧

WEB拍手

こちらからのメッセージは記事にてのお返事になります。お返事記事は「お返事/私信」カテゴリの中に入れておきますので、ご確認お願いします。
メールアドレスを記入していただければ、メールでのお返事も可能です。
・・・・・・・・・・・・・・・
連絡先:
最終更新 2014/08/03

ブログ内検索

FC2カウンター

つなビィ

イラスト(@つなビィ)

ついったー

素敵サイト様・バナー

ジャンルごった煮

あだし野 洞 Spinnwebe. ぼくが死んでも 九佳句(くかく)/天野英

素材お借りしました。
web material * Essence 空に咲く花

QRコード

QR

ランキング参加中

バナークリックで応援お願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

にほんブログ村