< 前の記事 ホーム 次の記事 >

だんご だんご だんご だんご だんご 大家族

2016年03月23日 14:12

2016/03/23 更新記事
その1(当記事)/ その2


16/3/22 8:06

クラナド。以前4話ぐらいまで見ていたようなのだが、久々にその存在を思い出して少し見進めてみた。この作品は泣くと方々で言われているようだが、たしかに「泣き」のストーリー展開に入りそうな気配はぷんぷんしているが、いまのところ私が泣く気配はない。むしろ、私が泣くかどうかの実験という意味でも、この先を見てみてもいいかもしれない。
とはいえ、ふと思い出して4話か5話ほど一気に見ては、それから余裕で数ヵ月その存在を忘れたりしがちな私なので、完走はいつになるかはわからない。いや、意識的にまとめて見てみるべきなのか……。

  #

そもそも、実に不思議なことに、私は偶然にもオンエア時(8年程前)に本作品のエンディングを見ているし、だんご大家族の歌を聴いた覚えがあるのだ。
なぜなのかはよくわからないが(※みなさんご存知の通り私は粘着質なので、後にこの謎についての考察を投下しています。それらしき答えは得ることができた)、
しかしこのエンディングを一度見聞きすれば忘れることはないだろう。

おそらくその次の枠で放送されていた作品を見ようと録画していたら、前の枠のエンディングも一緒に録画されていた、ということなのだと思うが、まず映像からしてあまりに衝撃的だったので、お目当ての作品ではなかったにも関わらず、エンディングだけは一通り見た記憶がある。あの丸くてふにふにしたやつ、言わずもがな私の好みにドストレートである。曲としては、幼児向け感がただよう前半、そしてなぜか一気に壮大になる中盤以降(笑)。合唱とかしちゃう。だんごー大家族♪

そんなわけで、私はエンディングをしっかり見ているぐらいですから、おそらく当時も、エンディング終わりで流れる次回予告などでその絵柄をチラッとは見ていると思うのですが、やはりあの絵柄ですから、たぶん「わー…なんかスゲー萌えアニメなんだろうなー…」などと、若干引き気味に思っていたのだろうなぁと思います。京アニ顔っていうのか、一昔前の絵柄っていうのか。
ちなみにいまでは、岡崎の髪質が宗介っぽいなってしばしば思う。
と、思って調べてみれば、フルメタのふもっふ以降は京アニ制作なんですねー、知らなかった。

そして、余談ながら、この記事のタイトルを「光の中揺らめいた 言葉も想いも全部」にしたい気持ちもあったのですが、記事の内容はどちらかというとエンディングテーマについてがメインなのに、ここでオープニング曲の歌詞を引用するのもズレてるかなと思ったので今回は不採用としました。
ただ、現在脳内でリピートされまくっているのは「♪ひ~かり~のなか~ゆらめ~いた、こ~とばも~お~もい~も~ぜんぶ~」なのだが。
そうでなければ、やっぱりED曲の「♪うさぎもそ~らで手をふってみてる でっか~いお~つきさま~」。うれしいこ~と 悲しいことも 全部ま~るめて。
このあたりがヘビーローテーションなうです。

  #

さて。ここからは、なぜ私が昔、クラナドのエンディングを見たことがあったのかという謎に関する考察。ここからがいよいよ本番。

なによりまず初めに調べたのは、クラナドの放送日時。放送局については、いまも昔も関西在住の私なので、言うまでもなくMBSすなわち毎日放送である。
「クラナド 放送時間」で検索したところ、過去のアニメの放送状況が調べられる、タイトルとは反して便利なサイト「しょぼいカレンダー」というものを発見。サイトにて「設定」から毎日放送のみを選択し、「CLANNAD」でサイト内検索。ジャンプした先の「放送時間」の項目から、放送状況の一覧が確認できるという次第。
さらにその一覧の日付がリンクになっており、ジャンプすると、その日の番組表も確認できる。

ざっと確認したところ、おそらく私は2008年1月スタートの「ペルソナ トリニティソウル」を狙って、この時間帯の録画をしていたらしい。それで徐々に記憶が甦ってきたのだけど、おそらく、当時は使用していた録画機器が古かったため、いわゆる「番組表予約」というやつができず、その周辺の時間帯を、時間指定でざっくり予約するスタンスだったため、「前番組のエンディング」も一緒に録画されることとなったのだと思う。わー、点と点が線につながっていく感。わくわく。

ちなみに、なぜ私が、当時はまだよく知りもしないくせに「ペルソナ トリニティソウル」を予約したのかというと、「ペルソナ」というシャレオツなゲームが存在するということをうっすらと小耳に挟んでいて、このアニメを見ればその世界を覗き見ることができるのかしらと思ったからである。
当時、交流を持たせていただいていたブロガーさんがゲームのペルソナシリーズをプレイされていたのだけど、それは「ペルソナ3」や「ペルソナ4」のことだし、アニメ「ペルソナ トリニティソウル」はそれらと比べると、ペルソナ3の世界観を踏襲したパラレルワールド的な位置付けであり、簡単にいえば、「思てたんと違ーう!!!」だったわけであります。ペルソナの世界について知識もない私は、よくわからなかったこともあり、このときは素早くフェードアウトしたはず。少し不気味さを感じたということもある。
まあ、もともとダメ元でのお試しのつもりだったのだから、そのときはそれでよかったんだと思います。が、よもや、数年後にはペルソナの世界に詳しくなることとは、夢にも思うまい。ちなみに、いまではこの「ペルソナ トリニティソウル」も完走済みである。ズボァーーーッ!!!

余談ながら、このブログを開設したのが2008年2月。ペルソナ トリニティソウル(以下Ptsと書く)の放送開始が2008年1月ということは、その時点ではまだ私はブログを開設していない。ということは、先に「交流を持たせていただいていたブロガーさんが~」などと書いたが、ブログでの交流などはまだ始めていないころなのではないだろうか。となると、よりいっそう、なぜ私がPtsを予約しようと思ったのかが不思議である。「ペルソナ」という存在については、うっすらとはいえ、私がネットの住人になる以前から小耳に挟んでいたのだろうか。

  ◇◇

なんかね、小耳に挟んだ程度の知識で行動に移して「思てたんと違ーう!!」となったパターンで思い出したのだけど、中学時代のゲーマーの友人で、伊達政宗が好きという子がいましてん。

……という話をしようと思いますが、すでにこの記事が2000文字を超えているので、一旦ここで区切ることにします。

→次の記事へ

関連記事

アニメ・マンガ その他の感想 コメント: 0 トラックバック: 0 編集

< 前の記事 ホーム 次の記事 >

コメントを書く






    



管理者にだけ公開させる

トラックバック

トラックバックURL
→ http://koromotempura.blog46.fc2.com/tb.php/5768-5f388dde

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ホーム

プロフィール

Author:青葉ころも
はじめまして&こんにちわ~!
お気軽にコメントどうぞ^^
なにかございましたら、サイドバー下部のWEB拍手もご利用くださいませ。
連絡先:
2012.04.19 プロフ更新

当ブログ管理人が運営するサイトです。
もくじのもくじ
基本的に、植物(おもにドングリ)の観察日記のページと、写真集(おもに飼い猫)のページがあります。

Twitterボタン



・メニュー・
連絡用記事へ
ブログリンク集へ
プロフへ
・・・・・・・・・・

2010.11.05
ころも天ぷら→青葉ころも
改名(仮)しました。
呼び方は「ころもさん」が好ましいです。

2012.01.07
個別記事の拍手コメントは、その記事のコメント欄にちゃちゃっと返事することにします。

バロメーター

最近のコメント

+を押すと開きます。

リンク

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ一覧

WEB拍手

こちらからのメッセージは記事にてのお返事になります。お返事記事は「お返事/私信」カテゴリの中に入れておきますので、ご確認お願いします。
メールアドレスを記入していただければ、メールでのお返事も可能です。
・・・・・・・・・・・・・・・
連絡先:
最終更新 2014/08/03

ブログ内検索

FC2カウンター

つなビィ

イラスト(@つなビィ)

ついったー

素敵サイト様・バナー

ジャンルごった煮

あだし野 洞 Spinnwebe. ぼくが死んでも 九佳句(くかく)/天野英

素材お借りしました。
web material * Essence 空に咲く花

QRコード

QR

ランキング参加中

バナークリックで応援お願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

にほんブログ村