< 前の記事 ホーム 次の記事 >

素敵なデキゴトを集めるのが好き

2016年01月26日 19:27

16/1/26 0:18

今期の月9、通称「いつ恋」にヤスケン。
どっちかというと脇のダークサイドな役柄だったのだけど。
1話をなんとなく見ていたら現れたのだが、私としては事前情報なしだったので驚いた。舞台がHO☆KKAI☆DO(北海道)だったからかな。さすが。

(ものすごくどうでもいいことだが、「北海道」を呼ぶ際に、私はネイティブイングリッシュ風に「HO☆KKAI☆DO」と言いたくなりがち。ほっ↑かい↓どう↓! あるいは「H☆K☆D(えいち!けー!でぃー!)」。
HKD、北海道。いつか一度は踏んでみたい土地である。南端県である沖縄には行ったことがあるので、北も制覇したい気持ちが強かったりする。が、温室育ちで寒さに弱い私としては、命の危険性を感じたりもする。なんて、大げさかしら……。

ちなみに「大阪の人間が北海道へ行く」といえば、まさに月9展開であります。まあ、音ちゃんは自ら望んだわけではないけど。
月9展開となると、私も誰かにアメを差し出し「アメ、食べ。」と言わねばなりませんな。たしかに、カバンにアメは入っている。だが、肝心のアメを差し出すタイミングがつかめないというコミュ力の欠如っぷりを発揮するのが私だと思われる。この、音ちゃんとの大きな違いにより、月9再現ならず。残念!
※2016/03/27 訂正。ドラマを見ていて、音ちゃんの出身地が神戸であることに気付いたので、「大阪の人間が北海道へ行く」という文章の「大阪」の部分は「関西」に訂正したいと思います。「神戸」だと、当記事の話の辻褄が合わなくなってしまうため「関西」を採用。というか、「アメ」と「大阪」のイメージ的つながりの深さな。「アメ食べ」という台詞にかなり引きずられてしまいました。)
余談ここまで。)

ちなみにヤスケン、前クールは下町ロケットに出ていたし、なにかと絶えずドラマに出続けておられるのではないだろうか。一時期、彼を集中的に追いかけた者としてはなんだか嬉しい。まあ、もともと売れっ子だった人を私が後れ馳せながら見つけたというだけのことなのだとは思うが。

  #

それはさておいても、このドラマは面白いと思う。比べるわけではないが、雰囲気からして前期の「5→9」からのシフトチェンジっぷりがすごい(笑)。どちらも、同じ時間枠なんだぜ……?(笑)

話を戻して「いつ恋」。
見ごたえがある。お話がよーくよーく練られている感じ。ドラマチックな展開も、現実離れはしていなくて、素直に感動できる。
私は、現実の世の中にも引き寄せの力というものが存在すると実感しているので、運命ならばこれくらいのことは起こりうるよね、よかったね、と思って感動する要素が散りばめられている。ご都合主義とは違うのである。

そう、引き寄せの力といえば、個人的な、ものすごい余談になるのだけど、1話をリアルタイムに見ていたら、焼きそばが出てきて驚いた。なぜなら、その日の我が家の晩ごはんが偶然にも焼きそばだったからである。まずテレビを指さして、次に目の前の、焼きそばを食い終わった皿を指さしたよね。直近の月9作品とは、なんとなくシンクロしやすい気がする。

  ◇◇

ほかのドラマで試し見しているのは、「わたしを離さないで」「お義父さんと呼ばせて」です。いま気づきましたが、偶然にも両者ともにお願い口調(笑)。
ちなみにエンケンさんには、最近よくお世話になっている印象。かすてぃらシリーズから始まって、民王、土竜の唄、そして本作。
エンケンさんってなんか面白いんですな、ワニ顔なのにめっちゃピュアだったり、コミカルなキャラだと(笑)。ギャップがあるはずなのに不思議と馴染んでいる。けどやっぱり可笑しい(笑)。

あと火村シリーズもな、原作は何冊か読んでいて、私は小説を読み進めるなかで、火村さんが登場すれば胸が高なる程度のファンでもあるので、気になって1話だけ見てみたんですが、完走せずに離脱しました。以前放送されていたSTもそうだったけど、日テレ系の推理モノとは相性がよくないみたい。
そういえば、STにも窪田くん出てたな。私が初めて彼を見たのがこの作品だったのだけど、第一印象は「次課長の井上さんに似てる!!」でした。
いつだったか、火村シリーズのドラマの番宣で、斎藤さんと窪田さんがロケに出ているのを見ましたが、窪田さんは基本的に人見知りモード。しかし斎藤さんがバイクの話を振ってあげると、明らかに目の輝きが変わって舌も滑らかになっていたので、好きな分野の話になると目がキラキラするタイプなのかなと。このあたりも、井上さんに似ているのかもしれないと思ったりして。
本業時など、どちらかというとオフモードのときは基本ほほえみ担当の井上さんだけど、ゲームをしているときの輝きはハンパないからな。あんまり楽しそうなので、きっと私がやっても楽しいのだろうと、モンハン2ndGのソフトを私に買わせたぐらいだからな。2回ぐらいしかせずに終わったけど。(実話)
このことから、私にとってはゲーム自体が楽しいのではなくて、楽しいゲームをして目をキラキラさせている井上さんを見ているのが楽しいのだということがよくわかった(笑)。日々学習である。

そんな感じの、最近のドラマの私の視聴事情。

関連記事

ドラマ/映画 コメント: 0 トラックバック: 0 編集

< 前の記事 ホーム 次の記事 >

コメントを書く






    



管理者にだけ公開させる

トラックバック

トラックバックURL
→ http://koromotempura.blog46.fc2.com/tb.php/5729-57335166

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ホーム

プロフィール

Author:青葉ころも
はじめまして&こんにちわ~!
お気軽にコメントどうぞ^^
なにかございましたら、サイドバー下部のWEB拍手もご利用くださいませ。
連絡先:
2012.04.19 プロフ更新

当ブログ管理人が運営するサイトです。
もくじのもくじ
基本的に、植物(おもにドングリ)の観察日記のページと、写真集(おもに飼い猫)のページがあります。

Twitterボタン



・メニュー・
連絡用記事へ
ブログリンク集へ
プロフへ
・・・・・・・・・・

2010.11.05
ころも天ぷら→青葉ころも
改名(仮)しました。
呼び方は「ころもさん」が好ましいです。

2012.01.07
個別記事の拍手コメントは、その記事のコメント欄にちゃちゃっと返事することにします。

バロメーター

最近のコメント

+を押すと開きます。

リンク

カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリ一覧

WEB拍手

こちらからのメッセージは記事にてのお返事になります。お返事記事は「お返事/私信」カテゴリの中に入れておきますので、ご確認お願いします。
メールアドレスを記入していただければ、メールでのお返事も可能です。
・・・・・・・・・・・・・・・
連絡先:
最終更新 2014/08/03

ブログ内検索

FC2カウンター

つなビィ

イラスト(@つなビィ)

ついったー

素敵サイト様・バナー

ジャンルごった煮

あだし野 洞 Spinnwebe. ぼくが死んでも 九佳句(くかく)/天野英

素材お借りしました。
web material * Essence 空に咲く花

QRコード

QR

ランキング参加中

バナークリックで応援お願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

にほんブログ村