< 前の記事 ホーム 次の記事 >

曾祖母に呼ばれる

2015年05月19日 08:19

@15/5/12 2:36


ねえちょっと自分でも信じがたかったぐらいだからこれをいま読んでいる人に信じてもらえるか、そこまでの信用がわたしにあるのか自信がないんだけども起こったことをありのままに話すぜ。

まず。図書館に行きました。そして事務的な手続きを終えたあと、いつもならそのまま帰るのですが、なぜかフラリと立ち寄った雑誌のコーナー。冗談抜きで、何年ぶりかに立ち寄りました。ここ重要です。
そして雑誌。私が唯一、具体的にタイトルと内容のジャンルまでを把握していた雑誌、それが『ダ・ヴィンチ』。それこそ何年か前に図書館のこの雑誌コーナーで手にとって以来、私のなかでは「本の雑誌」というラベリングがされている。その『ダ・ヴィンチ』を目指して雑誌のコーナーへ向かったわけです、純粋に「なんか面白そうな本、紹介されてるかな」ぐらいの、実に純な感じで。

そして目をみはる。

なんか、なんか、、

なんか表紙にチームナックスがいるんですけどばくしょううう!!

えっ、ナンデ!?
それこそ「アイエエエエ! ニンジャ!? ニンジャナンデ!?」のテンションをそのまま踏襲しましたよね。一応冷静さを装おうと声を抑えて空気多めに発音はしても、「えーーっ!」と叫んで隣の母に表紙のチームナックスを指差しながら「なんかいるんだけど!」と報告していたころもは私です。
大幅に動揺する内心、鼻の頭から湧き出す汗、つぶやく「なにそれこわい」。
そして人って心底驚いたときには手で口を押さえるんだなって思いました。私も無意識のうちに左手で口を押さえていたんですが、あれなんでなんですかね。なんでもいいですけど。

つまり、そういうことなんです。なんか表紙にチームナックスの面々が、それも5人揃ってそこにいたんです。雑誌の中身をパラパラと見てみたところ、お互いに本をおすすめしあうみたいな企画があったみたいで、自分がおすすめの本なのか、誰かからおすすめされた本なのか、とにかく本を一冊ずつ持ってこちらに微笑みかけていたんです。Oh....引きこもりが珍しく外出したなと思ったらこれだよ、いったいなんなのジーザス!(※仏教徒です)
ちなみにチームナックスがこれまでダ・ヴィンチで特集された回を調べてみると、2007年・2012年についで3年ぶり?のことみたい。間隔が5年、3年と徐々に狭まっている。。

こう言っては失礼にあたるかもしれませんが、大泉洋さんのピンとかだったらもう少し驚きも少なかったような気がするんですよね、「そうかー今月号は大泉洋かー」ぐらいの感じで。どうなんだろう。
でもそれが、今回は5人セットでしょ、12月8日生まれのやすけんも混じっているから私は呼ばれたのかもしれない、同じ12月8日生まれの私の曾祖母が呼んだのかもしれない、ありがとうおばあちゃん……(笑)。
(→「曾祖母が呼んだ」についてはこちらの記事をどうぞです。)
ていうか曾祖母を「おばあちゃん」と呼んだのは、少なくとも文字の上ではいまが初めてのような気がします、なにげに記念すべき日かも。。(笑)

  ◇

帰宅してから冷静に考えてみたところ、いまのタイミングで5人セットでダ・ヴィンチの特集を組まれるというのは、もしかしたら現在テレ東で放送中の、チームナックスも所属している事務所・オフィスキューの社長の鈴井さんが脚本を担当したドラマにチームナックスの面々が勢揃いする、という、それありきだったりするのかな。ちなみに私は録画はしているけどちょっと溜め気味。。
そもそも、このドラマは4月から放送開始したわけで、もしそれにあわせて先月号のダ・ヴィンチでチームナックスの特集があったのだとしたら、完全に私はなにも知らないまま過ぎ去っていくところでした。先月も図書館には行っているはずだけど、先にも述べた通り、雑誌のコーナーなどには立ち寄ってはいませんから……。今月号だったからこそ気がつくことができた、この感じもちょっと神がかっているような気がします。いったいなんなんですかね。

【後日加筆分ここから 2015/05/17 8:36】
前述のドラマについては特になにもありませんでした。
ドラマといえば、むしろ私が現在絶賛視聴中のドラマ『戦う!書店ガール』のほうの原作者インタビューがありましたよね、
タイムリーな話題とはいえこれもある意味神がかり?(笑)
【/加筆ここまで】

  ◇

……あ、これだけ騒いでいるのでもうおわかりだとは思いますが、私は6月号のダ・ヴィンチがチームナックス特集であることなどは微塵も知りませんでした。いや、事前に知っててこれだけ騒いでたらちょっと頭おかしいでしょ、ってなもんですけど(笑)。


・不思議な連鎖はこれではとどまりませんでした→こちら(5/20投稿予定)
・チームナックス関連の記事の目次ページ→こちら

関連記事

独り言 日々 コメント: 0 トラックバック: 0 編集

< 前の記事 ホーム 次の記事 >

コメントを書く






    



管理者にだけ公開させる

トラックバック

トラックバックURL
→ http://koromotempura.blog46.fc2.com/tb.php/5537-b670d6f6

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ホーム

プロフィール

Author:青葉ころも
はじめまして&こんにちわ~!
お気軽にコメントどうぞ^^
なにかございましたら、サイドバー下部のWEB拍手もご利用くださいませ。
連絡先:
2012.04.19 プロフ更新

当ブログ管理人が運営するサイトです。
もくじのもくじ
基本的に、植物(おもにドングリ)の観察日記のページと、写真集(おもに飼い猫)のページがあります。

Twitterボタン



・メニュー・
連絡用記事へ
ブログリンク集へ
プロフへ
・・・・・・・・・・

2010.11.05
ころも天ぷら→青葉ころも
改名(仮)しました。
呼び方は「ころもさん」が好ましいです。

2012.01.07
個別記事の拍手コメントは、その記事のコメント欄にちゃちゃっと返事することにします。

バロメーター

最近のコメント

+を押すと開きます。

リンク

カレンダー(月別)

03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリ一覧

WEB拍手

こちらからのメッセージは記事にてのお返事になります。お返事記事は「お返事/私信」カテゴリの中に入れておきますので、ご確認お願いします。
メールアドレスを記入していただければ、メールでのお返事も可能です。
・・・・・・・・・・・・・・・
連絡先:
最終更新 2014/08/03

ブログ内検索

FC2カウンター

つなビィ

イラスト(@つなビィ)

ついったー

素敵サイト様・バナー

ジャンルごった煮

あだし野 洞 Spinnwebe. ぼくが死んでも 九佳句(くかく)/天野英

素材お借りしました。
web material * Essence 空に咲く花

QRコード

QR

ランキング参加中

バナークリックで応援お願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

にほんブログ村