2015年3月の読書メーター

2015年04月01日 00:31

2015年3月の読書メーター
読んだ本の数:8冊
読んだページ数:1809ページ
ナイス数:135ナイス

読メ 2015年3月

ああ、読書欲と比例して読書量が戻ってきたのを感じる。
読書欲がほとんどゼロになっていた、去年の11月から4ヶ月ほど。
14年10月→7冊、11月→1冊、12月→0冊、1月→0冊、2月→1冊、3月→8冊
なんかすごい顕著。

意識はしていないつもりなのだが、
やはり昨年12月に祖父が亡くなったことが関係しているのだろうか。



天国はまだ遠く天国はまだ遠く感想
ふと、本作の田村さんをチュート徳井さんで映画化したということを思い出し、読んでみた。置き換えて脳内再生してみたら、まあ馴染むのかもしれないが、徳井氏の素を知っているだけに実際の映画を見たらムズムズしそうだ(笑)。
読了日:3月1日 著者:瀬尾まいこ
C.S.T. 情報通信保安庁警備部 (メディアワークス文庫)C.S.T. 情報通信保安庁警備部 (メディアワークス文庫)感想
初読み作家さん。著者名の由来……、十三湊という名前の遺跡があるのですね。/脳とメカとの連携にとどまらず、脳とネットワークをもつなぐ技術が広まった近未来。なるほど、思考を操るウィルスプログラムの拡散によるサイバーテロか。脳がネットにつながる技術が生まれれば、起こりうるような気がする。黒幕逃亡により、次作へ続くのか。
読了日:3月8日 著者:十三湊
山がわたしを呼んでいる! (メディアワークス文庫 あ 5-2)山がわたしを呼んでいる! (メディアワークス文庫 あ 5-2)感想
初読み作家さん。奥行きを生む陰と陽とのバランスが、どうやら私の好みらしい。山の話ではあるけれど、人生そのものにも通ずる素敵な成長物語でした。何度か吹く、あきらを呼ぶ女神の風にはことごとく感動。常足無限、皆それぞれが内に抱えたなにかと対峙しながら、歩いてゆく道の途中。
読了日:3月11日 著者:浅葉なつ
いつでも会えるいつでも会える感想
たくさんの愛をもらい、まるでこの世にはハッピーなことしかないと思っているかのような無垢さ、いなくなったみきちゃんをその無垢さをもって探すシロの姿に、絵本だからほんの数十ページしかないにも関わらず泣きそうになった。この、ゆるくてかわいらしい絵柄がシロの無垢さをより強調するかのようで、胸にせまるものがあった。
読了日:3月11日 著者:菊田まりこ
仕事休んでうつ地獄に行ってきた仕事休んでうつ地獄に行ってきた感想
本書を読み、自分に重ね合わせて改めて思うことは、病気が与えてくれたもののこと。それまで気がつかなかったたくさんの気づき。動けなくなって立ち止まらざるを得なくなり、長きに渡る深い絶望を味わい、奇跡的にもそこから這い上がろうとするとき、ようやくしっかりと「自分」を見つめることになる。自分は自分を一番よく知っている、そう思い込んでいたことに気づき、そして自分を知っていくことになる。それが最大の収穫なのだと思う。人生がそのように動かなければ出会わなかった全てのもの、これもまた収穫。
読了日:3月12日 著者:丸岡いずみ
火花火花感想
純粋であるということは、乾いた誰かの心を強く動かし癒しに導くこともあれば、ときに無知であるということにつながり、それはまた、悪意なき罪となることもある。だからこそ、深い知恵を身に付けていけるように、アンテナを張っていこう、学んでいこう。それでいて、純粋な心は失わないでいたいと思う。無知が由来の純粋さは危険すぎていけない、知恵ありきでの純粋さを保つことの尊さ。そんなことを思った。
読了日:3月22日 著者:又吉直樹
私の男私の男感想
ああ……、こういうことを予想した上で読み始めはしたのだけれど。深い深い闇を覗いてしまったようで。きっとこれは、小町さんと同じような気持ちなのだろう。遮の向こうに闇の存在を感じながらも、それでいて、著者の筆力により描き出される退廃的な男の色気はやはり魅力的で、惹かれる部分もあり。この不思議な世界観にどんどんと引き込まれていった。北の海。どうにもならない共依存。字余り。(意図したわけではないのだがw)
読了日:3月23日 著者:桜庭一樹
あかねさす――新古今恋物語あかねさす――新古今恋物語感想
数百年、歌によっては千年以上も前に生きた人たちの心がそのままそこにある。時を経て、環境はこれほどまでに変化したというのに、「思い」という不確かなものだけは変わらなくて。だからこそ、これほどまでにそれらの思いが現代小説へと溶けてゆくのだろう。
読了日:3月29日 著者:加藤千恵

読書メーター

関連記事

読書 フォルダその2 コメント: 0 トラックバック: 0 編集

< 前の記事 ホーム 次の記事 >

コメントを書く






    



管理者にだけ公開させる

トラックバック

トラックバックURL
→ http://koromotempura.blog46.fc2.com/tb.php/5494-247121f6

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ホーム

プロフィール

Author:青葉ころも
はじめまして&こんにちわ~!
お気軽にコメントどうぞ^^
なにかございましたら、サイドバー下部のWEB拍手もご利用くださいませ。
連絡先:
2012.04.19 プロフ更新

当ブログ管理人が運営するサイトです。
もくじのもくじ
基本的に、植物(おもにドングリ)の観察日記のページと、写真集(おもに飼い猫)のページがあります。

Twitterボタン



・メニュー・
連絡用記事へ
ブログリンク集へ
プロフへ
・・・・・・・・・・

2010.11.05
ころも天ぷら→青葉ころも
改名(仮)しました。
呼び方は「ころもさん」が好ましいです。

2012.01.07
個別記事の拍手コメントは、その記事のコメント欄にちゃちゃっと返事することにします。

バロメーター

最近のコメント

+を押すと開きます。

リンク

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ一覧

WEB拍手

こちらからのメッセージは記事にてのお返事になります。お返事記事は「お返事/私信」カテゴリの中に入れておきますので、ご確認お願いします。
メールアドレスを記入していただければ、メールでのお返事も可能です。
・・・・・・・・・・・・・・・
連絡先:
最終更新 2014/08/03

ブログ内検索

FC2カウンター

ついったー

QRコード

QR

ランキング参加中

バナークリックで応援お願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

にほんブログ村