< 前の記事 ホーム 次の記事 >

2014年7月の読書メーター

2014年08月01日 23:35

2014年7月の読書メーター
読んだ本の数:10冊
読んだページ数:2861ページ
ナイス数:122ナイス
読メ 2014年7月



デュラララ!! (電撃文庫)デュラララ!! (電撃文庫)感想
アニメから一体何年経ったのだろう、今さらながら原作を手に取る。なるほど、物語はこのようにして始まったのか。個性が際立つ魅力的な登場人物たち。彼らが織り成す歪んだ恋の物語。/ところでみなさんの感想で知ったのだけど、アニメ2期製作決定なんですってね!ほう!
読了日:7月5日 著者:成田良悟
エス 裂罅(れっか) (SHYノベルス)エス 裂罅(れっか) (SHYノベルス)感想
ラスボスっぽいやつ登場。思いあうゆえお互いにお互いを守ろうとするふたり。守りたい人がいる、それは尊くかけがえのないこと。しかし同時に弱味ともなる。宗近から離れて、椎葉はなにをするつもりなんだろう。行く先には暗い闇しか見えないのだが…。
読了日:7月6日 著者:英田サキ
夜は短し歩けよ乙女夜は短し歩けよ乙女感想
森見作品初読。地に足がついていると思いきや、気づいたときにはファンタジックに飛んでいる。まず癖がすごいなと思い、いい子なのだけれども彼女のチート感‥といえばいいのか‥にあまり馴染めないかもしれないと思った序盤。しかし学園祭に至る頃には慣れも手伝ったのか、偏屈王とプリンセス・ダルマのエピソードにはのめり込んだ。こういうの、好き。
読了日:7月10日 著者:森見登美彦
ロング・ロング・アゴー (新潮文庫)ロング・ロング・アゴー (新潮文庫)感想
全編を通して、運命の、というか、人生のままならなさを感じさせられ、心にざらついたものが残る印象。著者の作品は久々に読んだが、いじめられっ子をはじめとして「弱者」に焦点を当てるというテーマは一貫しているような気がする。
読了日:7月11日 著者:重松清
運がよくなる宇宙からのサイン―――あなたにもサインは来ている運がよくなる宇宙からのサイン―――あなたにもサインは来ている感想
ワクワクする気持ちは宇宙からのサイン。それでいいよと教えてくれるメッセージ。「待つ」ということに関しても、そのことから気持ちが離れてしまわない限り「今の状態は一時的なもの、期限つきのもの、時期が来ればいずれそうなる」。物事が動かないときは、人事を尽くして天命を待つべし。
読了日:7月13日 著者:浅見帆帆子
伯爵と妖精―駆け落ちは月夜を待って (コバルト文庫 (た16-26))伯爵と妖精―駆け落ちは月夜を待って (コバルト文庫 (た16-26))感想
はうー久々に甘い恋慕われ成分を補給〜。。よい。やはりよいなー。リディアが他の男にとられやしまいかと心配してぐるぐるするエドガーとか…。あと、リディアとケルピーの出会いも知れて嬉しかったです。/【余談】最終話のアシェンバード家のパーティーにおける「義理の息子ですよ、義母上」という冗談のくだりがよく理解できなかったのだけれど、どういうことだったのかしら…?
読了日:7月14日 著者:谷瑞恵
札幌の休日 (2) (ディアプラス文庫)札幌の休日 (2) (ディアプラス文庫)感想
橋本の「だってもしあいつになにかあったらおれが助けてやらなきゃいけないから」に私も感動。根本にこの感覚が当然のようにあるのが本当の友情なんだろうなぁ。一方山岸の久美子に対する本音語りにも感動するものがあった。札幌の仲間たちに次々と感動させられた2巻。「確かな信頼と友情があるからこその悪口雑言」っていうのはいいよなあ。
読了日:7月19日 著者:桜木知沙子
金星特急・外伝 (ウィングス文庫)金星特急・外伝 (ウィングス文庫)感想
これで最後だとわかっていたけれど。思いきって読んでよかった、まさに珠玉の短編集。砂ユスは本当にいいな。三月と夏草の出会いの話は、三月が切なすぎて泣きそうになった。そして現在の彼を見てまた涙。最終話はこれ以上ないほどの大団円。これにて完走、金星特急という物語に出会えてよかった、本当にありがとうございました。▼余談ながら…扉絵に軍服萌え。。(笑)/→
読了日:7月20日 著者:嬉野君
探偵・日暮旅人の壊れ物 (メディアワークス文庫)探偵・日暮旅人の壊れ物 (メディアワークス文庫)感想
しんどいなあ。緩衝材になる話もあるにはあるのかもしれないけれど、それでカバーしきれているのかいないのか…。前巻から気になる終わり方をするから気になるけれど、この著者の描く物語についていく気が失せてきているのが本音のところ。。読み進めるのが億劫で、途中で何日か置くハメに。あと毎回、表紙のホンワカと内容のダークさにギャップがありすぎる気がするのだが…(笑)。などとネガティブなことを言いながら、巻末パートと陽子先生との進展が気になるのでいずれ次巻も読んでしまうような気がする自分…(笑)。はう。
読了日:7月24日 著者:山口幸三郎
聞く力―心をひらく35のヒント (文春新書)聞く力―心をひらく35のヒント (文春新書)感想
とても読みやすくて面白かった。阿川さんはキュートでやっぱり好きだなあ。聞く力とは、相手にいかに気持ちよく話してもらえるかを意識すること。真摯に。好奇心をもって接すれば、質問は自ずと湧いてくる。
読了日:7月28日 著者:阿川佐和子

読書メーター

関連記事

読書 フォルダその2 コメント: 0 トラックバック: 0 編集

< 前の記事 ホーム 次の記事 >

コメントを書く






    



管理者にだけ公開させる

トラックバック

トラックバックURL
→ http://koromotempura.blog46.fc2.com/tb.php/5360-80eaaf1e

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ホーム

プロフィール

Author:青葉ころも
はじめまして&こんにちわ~!
お気軽にコメントどうぞ^^
なにかございましたら、サイドバー下部のWEB拍手もご利用くださいませ。
連絡先:
2012.04.19 プロフ更新

当ブログ管理人が運営するサイトです。
もくじのもくじ
基本的に、植物(おもにドングリ)の観察日記のページと、写真集(おもに飼い猫)のページがあります。

Twitterボタン



・メニュー・
連絡用記事へ
ブログリンク集へ
プロフへ
・・・・・・・・・・

2010.11.05
ころも天ぷら→青葉ころも
改名(仮)しました。
呼び方は「ころもさん」が好ましいです。

2012.01.07
個別記事の拍手コメントは、その記事のコメント欄にちゃちゃっと返事することにします。

バロメーター

最近のコメント

+を押すと開きます。

リンク

カレンダー(月別)

08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ一覧

WEB拍手

こちらからのメッセージは記事にてのお返事になります。お返事記事は「お返事/私信」カテゴリの中に入れておきますので、ご確認お願いします。
メールアドレスを記入していただければ、メールでのお返事も可能です。
・・・・・・・・・・・・・・・
連絡先:
最終更新 2014/08/03

ブログ内検索

FC2カウンター

つなビィ

イラスト(@つなビィ)

ついったー

素敵サイト様・バナー

ジャンルごった煮

あだし野 洞 Spinnwebe. ぼくが死んでも 九佳句(くかく)/天野英

素材お借りしました。
web material * Essence 空に咲く花

QRコード

QR

ランキング参加中

バナークリックで応援お願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

にほんブログ村