あしたの蒼い空

おもしろいこと大好きな管理人が日々のことをつらつらと書いてます。                       

姉さん女房

『うた恋い3』の清少納言と行成の行成が年下男子だったと聞いての語り。
(本の読メ用感想記事はこちら)

  ◆-◇-◆

年下男子といえば、先日たまたま赤ずきんチャチャのセラどろな夢を見たので、「セラどろ」でググってみたところ、なにやら「セラヴィー先生が どろしーちゃんよりも年下」云々という情報を発見し、「えーっそうだっけ!!そうなの!?」と思い確認するべく、「チャチャたちがタイムスリッパならぬタイムスリップしてしまい、過去のヤングセラヴィーとともに奮闘する」という話(アニメでいう61話)を見てみたのですが、たしかに言ってた、どろしーちゃんがセラヴィーに対し「年下のくせに生意気なのよ!!」的な台詞!
ちなみにこれは、チャチャたちもここで初めて知った事実らしいが(笑)。

セラどろが姉さん女房ということが発覚した上でセラどろを見つめると、なんだか新たに常ならぬ萌えの感情が発生しつつあります、おいしいぞ!!これはおいしい!気づいてよかった公文式レベルにおいしいぞ!
……と思うということは、やはり私の好みなんでしょうねこの属性が。オーケー、認めよう。(@両手をバッと振り広げるアメリカ映画めいた動作)(なだぎ氏のディランがやりそうなやつ)

ウン、それにしても年下男子というのは得てして生意気なものなのだろうか。私が出会うノマカプ年下男子はだいたい生意気で、BLになると逆に生意気の「な」の字もない良きワンコであることが多いのは、たまたま私がそういうキャラに出会っているだけなのだろうか。
……たぶんそうなんだろうな(笑)。

関連記事

* Category : アニメ・マンガ 少女アニメ

* Comment : (0) * Trackback : (0) * 編集

コメント









管理者にだけ表示を許可する