< 前の記事 ホーム 次の記事 >

運命めいた妄想

2013年11月24日 17:17

10/13の匿名での拍手コメントをしてきたのは口調からしても知り合いかと思っていたのだが、その後なんの反応もないのをみるにやはり場当たり的ななんかあれだったんだろうかとかも思ったりもして。
時間も経過したこともありますし、ちょっとそのコメントについて考察。これをネタにせずしてなんとするー。



 ◇◇◇

いや、コメントを受けての私の反応は見ていたのだとは思うけど。事後確認(?)は、こういう行為(※オヤジギャグではない)のセオリーってやつじゃないですか!
でね、もし全く無関係な行きずりの人だったとなると、そのコメントを投下した人からしてみれば、「コイツ(=私)誰かと勘違いしてやがる…!なんか中傷コメントにノリノリで食いついてやがる…!」と、狙った反応ではない反応がきたパターンかもしれないなと思ってな…(笑)。
とはいえ、全く無関係な人がうちのような過疎ブログ‥いや、よく言えばアットホームなブログにそんなコメントを投下したところであまり意味がないような気がしたりでもないんだけど。

まあ回数が1回だけということも考慮すると、さほど悪質なものではないらしい。
むしろ幼児が仲良くなりたい子にちょっかい出してるみたいで微笑ましいなとすら思ったんだけど、なんかそういうわけでもなかったみたい。そんな妄想から発展した私の思い出話に関する記事がこちらになります。(マジ)
タイミング的にわかりやすかったような気がするのですが、気づかれた方はおられたでしょうか……(笑)。
結果、トータル6記事の大作と相成りました。ありがとう!楽しかったよ!
いや、嫌味とかそういうつもりではなくて、思い出に浸れてほんとに楽しかったから!!これは私の人生において必要なコメントだったんだと思う!

 ◆-◇-◆

でね、時間が経過したこともありますし、ちょっとその例の拍手コメントについて考察してみる!

「http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=14182960 この下手くそな花千枝イラストはいつまで残しておくの? と思いましたが今も大してクオリティは変わりませんでしたね」

これな。

以前にも言いましたが、まずはわざわざURLを引っ張ってくるという手間をかけていること。まあこの場合、そうでもしなければ話が展開できないということはあるのでしょうけど。(「以前」というのはコメ返のときのこと。こちら)
そしてわざわざといえばもうひとつ、ピクシブのサイト内にてのコメントではなく私の本拠地であるブログまで飛んできてのコメントであること、これも「わざわざ」ポイントであるような気がする。
あ、ピクシブでコメントするとアカウントがバレざるを得ないからか。このためだけに新アカを作ることはさすがにないだろうしね。

それで、たしかに下手くそなイラスト‥というかヴィジュアルの読み込みが甘いことを過去に指摘されたこともあるイラストですし(それも、例の「知り合い」から)、その点は自分でも納得済みなのでそこはまあいいんですが、でもこう言ってはなんですが私のこのレベルのイラストはピクシブにはたくさんあると思うわけで、私のこの絵だった理由は「たまたま目について目障りだったから」程度の軽いものではないような気がするし、そもそもそういう指摘をされたことのあるイラストが選ばれたこともたまたまではなく何かワケアリなのではないかと勘繰ってしまうわけなのですが、そのうえ文中「この下手くそなイラスト」ではなくわざわざ「花千枝イラスト」と正確(?)に書く手間をかけていること、そしてなにより「今も大してクオリティは変わりませんでしたね」の「今も」という表現に時の厚みを感じざるを得ない。まるで私の「今」のクオリティをも知っているかのような口調。
こうやって考えてみると引っ掛かるポイントがやたらとあるように思うのだけど、これは私の深読みのしすぎなのでしょうか……。
11/23 21:23

 ◇◇◇

この件に関してはもうひとつ不思議なエピソードがあって、というのも、普段はマナーモードで音が出ないどころかバイブすらも止めた状態にしているのが常の私の携帯なのですが(携帯というかもはやパソコンのメール状態)、ふと思いついてメール着信音だけをオンにした翌日あたりに例の拍手コメントが来るという不思議なタイミングだったということ。
まあ結局そのコメント通知メールの存在に私が気づいたときにはもう着信済みだったので、オンにした着信音は聞かずに終わってしまったのだけど。
でもまるでそのメールが来ることを予知したかのような不思議なタイミングでの「着信音をオンにする」という操作だったとしか思えなかったのである。だから余計になにかしら縁のある人だと思ったんだけど、それは袖触れ合うも多生の縁めいたそういうレベルのものだったんだろうか…。
まあ、少なくともいっときはワクワクできたのだからそれはそれでいいと思うし、信じるか信じないかはまさにあなた次第っていうレベルの話ではあると思うんだけど。運命めいた妄想は沸き立つよね!!((o(´∀`)o))ワクワク
まーそれにしても相変わらず私も好きですよね、運命論めいたもの。
11/24 17:17

関連記事
  関連タグ:アクセス解析ネタ

独り言 日々(2013年) コメント: 0 トラックバック: 0 編集

< 前の記事 ホーム 次の記事 >

コメントを書く






    



管理者にだけ公開させる

トラックバック

トラックバックURL
→ http://koromotempura.blog46.fc2.com/tb.php/5124-476d3b81

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ホーム

プロフィール

Author:青葉ころも
はじめまして&こんにちわ~!
お気軽にコメントどうぞ^^
なにかございましたら、サイドバー下部のWEB拍手もご利用くださいませ。
連絡先:
2012.04.19 プロフ更新

当ブログ管理人が運営するサイトです。
もくじのもくじ
基本的に、植物(おもにドングリ)の観察日記のページと、写真集(おもに飼い猫)のページがあります。

Twitterボタン



・メニュー・
連絡用記事へ
ブログリンク集へ
プロフへ
・・・・・・・・・・

2010.11.05
ころも天ぷら→青葉ころも
改名(仮)しました。
呼び方は「ころもさん」が好ましいです。

2012.01.07
個別記事の拍手コメントは、その記事のコメント欄にちゃちゃっと返事することにします。

バロメーター

最近のコメント

+を押すと開きます。

リンク

カレンダー(月別)

08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ一覧

WEB拍手

こちらからのメッセージは記事にてのお返事になります。お返事記事は「お返事/私信」カテゴリの中に入れておきますので、ご確認お願いします。
メールアドレスを記入していただければ、メールでのお返事も可能です。
・・・・・・・・・・・・・・・
連絡先:
最終更新 2014/08/03

ブログ内検索

FC2カウンター

つなビィ

イラスト(@つなビィ)

ついったー

素敵サイト様・バナー

ジャンルごった煮

あだし野 洞 Spinnwebe. ぼくが死んでも 九佳句(くかく)/天野英

素材お借りしました。
web material * Essence 空に咲く花

QRコード

QR

ランキング参加中

バナークリックで応援お願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

にほんブログ村