< 前の記事 ホーム 次の記事 >

ポケモンめいたFF

2013年10月28日 18:30

前へ ● 先頭記事へ

そしてTOSをクリアしたことで自信をつけた私は、これまた面白いと聞きかじったFF10に手を出してみることに。ゲームに疎い私でも知っていたそのシリーズのブランド感に胸が高なる。八頭身の操作キャラ、美麗なグラフィック!



意気揚々とプレイ開始してみると、出会いはオープニングで流れる胸をしめつけるような美しくも切ない音楽、悲しい行く末を感じざるを得ない語りに「えっなんかそんな感じ?」と思いつつも、やっぱり美麗なグラフィックにドキドキする。大人向け感がスゴイ!!
ていうかもともと、無知の強さといいますか、RPGといえばFF10みたいなリアル等身キャラを操作するのが当たり前なんだと思ってたんだけど、先にTOSをやってみてそういうわけでもないらしいと知り、FF10のようなリアル人間なキャラを操作できることのすごさやありがたみを実感できたので、プレイするのはこの順序でよかったんだと思いました、作文。

 ***

が、戦闘方法がTOSめいて格ゲーなシステムではなく、どちらかというとポケモンめいたコマンド方式であることに戸惑う。そのことにわりと長いこと気づかず、格ゲーのノリでコントローラーのボタンを連打したりしていたのだが、全然思ったように動いてくれなくて泣きそうになる。「なんか反応にすごい時差があるし、動いたと思っても一撃しかできない」っていう印象。
そりゃあターン制だもの!よくそんなので多少なりとも進むことができたなと思うな。

それでさほど育ててもいないのに雑魚がいないような区域に入ってボス戦を迎えてしまい、敗戦してキャラを育てたくても雑魚がいない区域だし、予備のセーブデータとかは作ってなかったのでほどよきところまで戻れもせずに行き詰まり、FFはさすがに大人向けだから難しいのか…と思いつつ一旦は諦めることに。リタイアの副産物としてバックアップ用のセーブデータの大切さを学ぶ。
たぶんこのFF10と疎遠になっている間にTOAをクリアしたのではなかろーか。そしてなんとなくRPGというものがわかってくる。

ちなみに、話は逸れるがそんなTOAに集中していた頃の話。
定期テストはなぜかゲームに熱中しているときのほうが成績がいいという、こんなところでも天邪鬼を発揮していたことをお知らせします。ほかにも清掃ボランティアに参加したときとか、確実にその分の持ち時間は減ってるはずなのに不思議と成績はいいという法則があった。
当時は「いいことをしたご褒美かな」ぐらいに思っていて、若干そういう下心めいた期待をもってわりとそういうイベントには参加したりしていたのだが、つまりは満足感から短期的に集中力が増したりしたのかしら。「持ち時間は減ってるはずだから取り返さねば」的な反骨精神。ありそう。逆に時間があるほうが落書きに走るともいえるよね。それともたまたま試験内容との相性がよかったのか…。まあいい。

 ◇◇◇

そしてふとFF10リタイアから何年か後に思い立ち、もう一度リベンジしてみると、敵が今にも襲ってきそうに見えてもポケモン方式の戦闘であるからしてコマンド入力を焦る必要はないと気づけたし、各キャラの得意分野を生かした戦術めいた戦い方を会得してからはなんとか形になってくる。
なによりレベルアップ代わりのボードの仕組みを理解して、キャラの育て方がわかったのが大きかったんじゃないかな。初チャレンジのときにもちゃんと活用できてたのかな、全然触ってないこともなかっただろうけどほぼノータッチだったんじゃなかろーか、私ならあり得そう。忘れたけど。

そしてこれでもかというほど強化して、攻略サイトでボス各々との戦い方を調べてから臨めば、私でも時間さえかけたらなんとかなった感じだと記憶している。
しかしいくらレベルを上げても、ときにはこちらのダメージの回復などを無視して、攻勢に徹することで畳み掛けるのが大事なときがあることも学んだな、強いボスほどそんな傾向があったような気がする。回復という名の保身をしてるうちに向こうも回復しちゃう、みたいな。気概を見せろと言われてるかのような。

 ***

何はともあれシステムという名のルールを知るってすごく大事だと思ったな。何事に対してもそう、コマンド方式のゲームで格ゲーめいたボタンの連打は無駄な努力なわけで、それで思うところの成果が得られないのは道理。努力の方向性って大事。……と訓示めかして終わる。

歯ごたえのある有名どころをクリアしたことで、人としてのさらなる自信につながった私とFF10とのお話でした。RPGってクリアすると大げさではなく人としての自信をつけられるよう気がするんだよね、なにかをやり遂げたという達成感は大作の小説を読了したときにも似ている。

関連記事

独り言 思い出話 コメント: 0 トラックバック: 0 編集

< 前の記事 ホーム 次の記事 >

コメントを書く






    



管理者にだけ公開させる

トラックバック

トラックバックURL
→ http://koromotempura.blog46.fc2.com/tb.php/5045-79b72f91

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ホーム

プロフィール

Author:青葉ころも
はじめまして&こんにちわ~!
お気軽にコメントどうぞ^^
なにかございましたら、サイドバー下部のWEB拍手もご利用くださいませ。
連絡先:
2012.04.19 プロフ更新

当ブログ管理人が運営するサイトです。
もくじのもくじ
基本的に、植物(おもにドングリ)の観察日記のページと、写真集(おもに飼い猫)のページがあります。

Twitterボタン



・メニュー・
連絡用記事へ
ブログリンク集へ
プロフへ
・・・・・・・・・・

2010.11.05
ころも天ぷら→青葉ころも
改名(仮)しました。
呼び方は「ころもさん」が好ましいです。

2012.01.07
個別記事の拍手コメントは、その記事のコメント欄にちゃちゃっと返事することにします。

バロメーター

最近のコメント

+を押すと開きます。

リンク

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ一覧

WEB拍手

こちらからのメッセージは記事にてのお返事になります。お返事記事は「お返事/私信」カテゴリの中に入れておきますので、ご確認お願いします。
メールアドレスを記入していただければ、メールでのお返事も可能です。
・・・・・・・・・・・・・・・
連絡先:
最終更新 2014/08/03

ブログ内検索

FC2カウンター

つなビィ

イラスト(@つなビィ)

ついったー

素敵サイト様・バナー

ジャンルごった煮

あだし野 洞 Spinnwebe. ぼくが死んでも 九佳句(くかく)/天野英

素材お借りしました。
web material * Essence 空に咲く花

QRコード

QR

ランキング参加中

バナークリックで応援お願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

にほんブログ村