< 前の記事 ホーム 次の記事 >

ソンケーのマナザシ

2013年10月28日 18:30

こないだゲーマー萌えについての記事を書いたのだが、ひとつゲームの話題で思い出した話があるので書いておく。これもブログに書いたことあったっけ、たいていの話はもうすでに書いてるような気がするけど、あらすじは同じでもまったく同じ文章になることはまずないのでn番煎じでも書いてみる。お気に入りの本を何度も読むようなものです。



小学校低学年のころ、いとこ(弟のほう)との話。
私はスマブラにてカービィで空を飛び続けるという、戦い自体を避ける戦法と呼んでいいのかわからない、まるで協調性の欠片もない戦法を繰り出して、「やる気あんのか!」と相手を怒らせたことは何度かあったなー…と。
当時私は子供じみて1位になれたらそれでいいという考えだっただけなはずで、やる気はあったしおちょくるつもりもなかった‥はずなものだから、「やる気あるわ!」と自信満々に反論してたと思うんだけど(笑)。しかもそんな戦い方なのに死亡数の具合で優勝したりするもんだから、いま思えばたしかに怒るわな。
まあ、戦うのが醍醐味のゲームで戦わずして勝ちを得てもそれはもう本筋から逸脱してるといえるっちゃあいえるかな。でもそうでもしないと私はおもにネスの訳のわからない技の餌食となってフルボッコになるだけだったろうしな。負けず嫌いは当時から健在。

そんな戦い自体を避ける戦法が目に余って対戦拒否されたこともあったんじゃなかろーか。だけど私には末っ子の特権めいたものがあったというか、その対戦拒否の結果いとこはおばちゃん(いとこのお母さん)に「遊んであげーや」的なことを言われてたような…、これは捏造記憶の可能性もあるんだけど、もしそんなことが実際あったとしたら申し訳なさすぎるな!うん!どう考えてもまともに戦わないほうが悪いやろこれはな!今更ながらネットの片隅で謝罪しておきます、すみません。
……でもカービィって基本的にそういうチートなやつじゃないか(笑)?違うか。
ちなみに、武器はビームソードが好きでした。誰でもそう?

余談ながらスマブラといえば、友達から「サムスは女、ピカチュウの電撃を当てると胸がある」だったかと教えてもらってソンケーのマナザシだったことを思い出したけど本筋とは関係なさすぎる話をぶっ込んですみません。

 ***

もうひとつ。こっちはほんとにただただ意味がわからなかっただけだと思うんだけど、007のゲームではまず私自身がどこにいてどこを向いてるのかわからずグルグル回転してるうちに襲われたり誰かが仕掛けた地雷を踏んでしまったり、あるいは自分で知らず知らずのうちに投げた地雷を踏んでしまったりして画面が赤くなって死ぬっていうのがパターンだったなーと。
ほかの人のプレイ画面に写り込む私のプレイキャラがただただグルグルしたり壁に向かって疾走してるのを見て爆笑した覚えがあります。でもな、それも別にふざけてたつもりはなかった‥はずなんやで……☆!多少捨て鉢にはなってたかもしれないけど(笑)。

 ◇◇◇

ほかにもゲームに関しては64のカービィのゲームのクリア率を100%にしてもらったり、ポケモンのカメックスをレベル100にしてもらったり、今思えば本末転倒感は否めないけれども、いとこズにはいろいろとお世話になったもんです。ソンケーのマナザシ。これらに関してはソフトを預けっぱなしにしてたので、いとこ兄弟のどっちがメインでやってくれてたのか定かじゃないのだが、私はおそらく兄のほうだったんじゃないかと思っている。
64のカービィのラスボスに関して兄のほうから教わったことなのだが、第一形態だかなんだかのときは左隅っこに避難すれば攻撃が来ないこと、最終形態のときはずっとゆっくり円を描くように飛んでいれば攻撃が当たらないことなどを教えてもらったので、この私でもラスボスは何回も倒したしエンディングも何回も見たことがあります。よかったね。そしてソンケーのマナザシ。

 ***

あと、いとこ兄弟があまりにも楽しそうに野球ゲームをしているので、私がやってもきっと楽しいに違いないと思って、野球についてはろくに興味もないしルールもわからないくせに同じゲームを買ってもらって、結局わけもわからず面白くもなくて、いとこにあげたこともあったなあ。兄弟でひとつのソフトを使い回してたみたいだからちょうどよかったんじゃないかな。……と私は幼心に勝手に思ってたんだけどどうだったんだろう。まあいい。
まさに、「宝島兄弟が楽しそうにモンハンやってるのを見て、私がやってもきっと楽しいに違いないと思って買ってみたけどハマらずに1度だけプレイして放置する」という、見事に同じような流れをすでに過去にも経験してたんだったな。甦る記憶たち。

 ◆-◇-◆

次へ

関連記事

独り言 思い出話 コメント: 0 トラックバック: 0 編集

< 前の記事 ホーム 次の記事 >

コメントを書く






    



管理者にだけ公開させる

トラックバック

トラックバックURL
→ http://koromotempura.blog46.fc2.com/tb.php/5042-4e8df1ec

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ホーム

プロフィール

Author:青葉ころも
はじめまして&こんにちわ~!
お気軽にコメントどうぞ^^
なにかございましたら、サイドバー下部のWEB拍手もご利用くださいませ。
連絡先:
2012.04.19 プロフ更新

当ブログ管理人が運営するサイトです。
もくじのもくじ
基本的に、植物(おもにドングリ)の観察日記のページと、写真集(おもに飼い猫)のページがあります。

Twitterボタン



・メニュー・
連絡用記事へ
ブログリンク集へ
プロフへ
・・・・・・・・・・

2010.11.05
ころも天ぷら→青葉ころも
改名(仮)しました。
呼び方は「ころもさん」が好ましいです。

2012.01.07
個別記事の拍手コメントは、その記事のコメント欄にちゃちゃっと返事することにします。

バロメーター

最近のコメント

+を押すと開きます。

リンク

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ一覧

WEB拍手

こちらからのメッセージは記事にてのお返事になります。お返事記事は「お返事/私信」カテゴリの中に入れておきますので、ご確認お願いします。
メールアドレスを記入していただければ、メールでのお返事も可能です。
・・・・・・・・・・・・・・・
連絡先:
最終更新 2014/08/03

ブログ内検索

FC2カウンター

つなビィ

イラスト(@つなビィ)

ついったー

素敵サイト様・バナー

ジャンルごった煮

あだし野 洞 Spinnwebe. ぼくが死んでも 九佳句(くかく)/天野英

素材お借りしました。
web material * Essence 空に咲く花

QRコード

QR

ランキング参加中

バナークリックで応援お願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

にほんブログ村