< 前の記事 ホーム 次の記事 >

10月の読書メーター

2013年11月01日 18:48

2013年10月の読書メーター
読んだ本の数:14冊
読んだページ数:4602ページ
ナイス数:197ナイス



あてにならない六法全書?―フルメタル・パニック! (富士見ファンタジア文庫)あてにならない六法全書?―フルメタル・パニック! (富士見ファンタジア文庫)感想
なるほど、今回のテーマは「誤解」か、たしかにな。▼「受難編」カリーニンさんが宗介の父親ポジションなら、テッサの父親ポジションはマデューカスさんなんだなぁ、うんうんいいね。▼ところで椿くんが漫画的お約束なやられ役なのはわかるんだけど、彼の不憫さはなんだか笑えないタイプの不憫さだと私は思うんだな…(笑)、起死回生とかはあるんだろうか。▼巻末の設定資料は理解が及びませんでしたが好きな人には堪らなそうな感じ。
読了日:10月1日 著者:賀東招二
水のかたち 上水のかたち 上感想
物を通して連なっていく縁の連鎖の物語。▼宮本輝さん初読み。ちょっと合わなさげですが完走はします。ストーリーは全然違うのにそこはかとない渡鬼臭があるのは作家の年齢のなせるわざなんだろうか。やけに詳しい糖尿病の知識が世代を感じさせるなあ、切実な感じがする。糖尿病やぎっくり腰その他諸々出てくる要素が世代の象徴的。▼早苗が携帯を「左の人差し指と薬指と中指で文字を打った」には疑問符。あとお姉様方‥アイスクリーム完食せずに捨てちゃったという理解でおk…?それも年齢的な象徴なのか…。
読了日:10月5日 著者:宮本輝
人生を最高に楽しむために20代で使ってはいけない100の言葉人生を最高に楽しむために20代で使ってはいけない100の言葉感想
当たり前のようでいて納得させられる訓示の数々、大切な心構え。的確な喝をいれていただいた感。抽象的な言葉や言い訳に逃げず、責任ある具体性をもつことを恐れずに自分の人生を生きることで、周囲から応援されやすい人になろう。
読了日:10月8日 著者:千田琢哉
水のかたち 下水のかたち 下感想
38度線越えのくだりはやけにリアルでハードな話が挿入されたものだなと思っていたら、やはり実話をベースにしたものだったらしい。私の知らなかった歴史的事実の断片を知ることができた。この話だけで一作としてもよかったのでは。▼そして周囲の人々は志乃子さんを褒めすぎなのではないかと。主人公至上主義に似た腑に落ちない違和感を覚えた。幸福の連鎖というテーマなのはわかるのだが、ここまで連勝続きだとたしかに鼻白む心持ちにはなってくるな。▼作者ぐらいの年齢の人は飲食店経営に憧れがあるものなんだろうか。
読了日:10月9日 著者:宮本輝
1973年のピンボール1973年のピンボール感想
自己ベスト記録を出したときにピンボール台との記念写真を撮らせる鼠がかわいい。そのあとプロの技を見せつけられて誇りを粉砕される鼠かわいい。本人の知らぬところで「僕」にも越えられてるし(笑)▼冷凍倉庫のなかにピンボールマシンが整然と並んでいる光景というのはなかなかに気味の悪いものだろうな。古い夢の墓場。今回のベストオブ終末感。ものに宿った時間の断片は古い光のように心の中をさまよい続ける。そんな過去との決別。青春の幕引き。綺麗な思い出は思い出のままで。/→
読了日:10月10日 著者:村上春樹
陰陽師―飛天ノ巻 (文春文庫)陰陽師―飛天ノ巻 (文春文庫)感想
著者の博雅愛がすごくて微笑ましい(笑)。本を通じてそんな可愛い著者自身も好きになる。▼本当に好い漢の博雅が可愛くて私も好きだし、もちろん晴明さまも大好きなんだよね(笑)!可愛いからこそ からかいたくもなる。じゃれあうこの二人の関係がどうしようもなく愛しい。▼晴明さまは博雅をいったい何度口説いてるのかな(笑)と思ってしまう、見てるこっちはそのたびにキュンキュンします、よい萌え補充。きっと晴明さまは博雅が遊びにくるのを心待にしているのだろうな、博雅との酒を理由に依頼を断るとか(笑)、さすがの安定でございます。
読了日:10月13日 著者:夢枕獏
ニンジャスレイヤー ネオサイタマ炎上2ニンジャスレイヤー ネオサイタマ炎上2感想
アイエエエ……、ヤバイ、タナカ=サンの話は実際スゴイ感動した、ツボ。タナカ=サン、ニヒルでハードボイルドめいており実際カッコイイ、実際惚れた。ヤモト=サンもケナゲで切ないな。ベタかもしれないけどそれが良い、遥かに良い。ショッギョムッジョ!▼そして私はこのシリーズを読むと必ず忍殺語がヤミツキになる、ナムアミダブツ!
読了日:10月18日 著者:ブラッドレー・ボンド,フィリップ・N・モーゼズ
天冥の標 3 アウレーリア一統 (ハヤカワ文庫 JA)天冥の標 3 アウレーリア一統 (ハヤカワ文庫 JA)感想
長くこの世界に浸っていたくて敢えて時間をかけて読了。萌えと燃えとの絶妙なバランス。ここにきて1巻と2巻の要素が絡み合い始め、しっかり3巻へ繋がっている。なんともスケールの大きな、とてつもない物語だなあ!わくわくが止まらない!▼酸素いらず、救世群、医師団、海賊、保険会社、と未来における集団のそれぞれの特性や気質、関係性が如実に示された感。そして人類の思いもよらぬ水面下で巻き起こっているらしいダダーとミスチフの戦いの様子もうっすらとうかがえたような。ミスチフ‥ジョプ‥そう言われれば聞き覚えのあるキーワード。
読了日:10月18日 著者:小川一水
不良少年と彼女の関係 (メディアワークス文庫)不良少年と彼女の関係 (メディアワークス文庫)感想
不良×お嬢様の王道は好きなので興味を引かれて。拳児はいいやつだと思うのだけど沸き立つような萌えは特になく、なんというか設定から想像される通りのベタな要素は取り入れられていたのだが、なんか萌えなかったのはなぜだろう…。王道も使いよう?▼あとたしかに表紙の朱乃にはなぜ赤を着せなかったのか…?笑
読了日:10月22日 著者:蝉川タカマル
燦〈1〉風の刃 (文春文庫)燦〈1〉風の刃 (文春文庫)感想
序章。たしかに少年二人(今回は三人か)が軸になるシチュエーションはあさのさんの十八番ですよね、まさに江戸時代であさのさんという感じ。皆これから江戸へ向かうようだが行く先ではどんな展開が待ち受けているのか。私としては伊月には圭寿への主従愛を貫いてほしいところだが、燦とのあいだで揺れたりすることになるのかな。
読了日:10月22日 著者:あさのあつこ
RPF レッドドラゴン 2 第二夜 竜の爪痕 (星海社FICTIONS)RPF レッドドラゴン 2 第二夜 竜の爪痕 (星海社FICTIONS)感想
婁さんは以前から飛び抜けていましたが今回スアローさんの本気も半端ないことが判明。ていうか岩巨人戦でのダイスが運命的すぎて(笑)。▼ふたりのイブキの謎。ようやく覚悟を決めそれを示すように凛々しい言葉遣いに切り替わった忌ブキ。礼をとるエィハ。▼婁さんの媛への恋慕、執着心がかたちをとった展開に狂気を感じていい味出してるな。剣が絡むと感情が揺れる。よくも悪くもスアローさんとは対極的。▼スアローさんが普段見せない裏の顔の底知れない気配だけ感じる。夫婦漫才めいていて実のところドライそうなメリルとの関係も気になる。
読了日:10月22日 著者:三田誠,虚淵玄,奈須きのこ,紅玉いづき,しまどりる,成田良悟
セイジャの式日 (メディアワークス文庫)セイジャの式日 (メディアワークス文庫)感想
ふああああ!!!さ、最後の!最後の2行でぶわああと鳥肌がたちました、間違いなくあの人の言葉に!そしてその「彼女」も見たであろう由良彼方の笑顔に!何度ページをなぞっても鳥肌!余韻がすごいです。きっと彼女も微笑んでいることでしょう。この3部作を読み始めたのならこの最後のためにも最後まで完走していただきたい!!由良、ようやく笑顔が見れたね…!ありがとう。
読了日:10月25日 著者:柴村仁
欠落欠落感想
数年ぶりに読む同期シリーズで記憶が曖昧ではあったのだが、前作ではかなり謎めいた存在だと感じたはずの蘇我が今回はわりとあっさり出番が多くて意外だった。▼途中まではつかみどころがなさすぎて捜査員たちと同じくモヤモヤしていたけど真相が明らかになって以降のスパイものめいた急展開は緊迫感があって引き込まれた。山田さん狙撃されるのかと思って焦った(笑)▼そうだなー他の方の感想にもあったけど、たしかに蘇我を主人公にしたスピンオフは読んでみたいな、がっつりスパイものな感じで!
読了日:10月29日 著者:今野敏
思い出のとき修理します (集英社文庫)思い出のとき修理します (集英社文庫)感想
それぞれが抱える過去に関するわだかまりが、いろんな形をもってほぐれていくときの温かさ。思い出のときが修復されたとき、淀みない時は再び動き出す。
読了日:10月31日 著者:谷瑞恵

読書メーター

関連記事

読書 フォルダその2 コメント: 0 トラックバック: 0 編集

< 前の記事 ホーム 次の記事 >

コメントを書く






    



管理者にだけ公開させる

トラックバック

トラックバックURL
→ http://koromotempura.blog46.fc2.com/tb.php/5032-8a62d125

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ホーム

プロフィール

Author:青葉ころも
はじめまして&こんにちわ~!
お気軽にコメントどうぞ^^
なにかございましたら、サイドバー下部のWEB拍手もご利用くださいませ。
連絡先:
2012.04.19 プロフ更新

当ブログ管理人が運営するサイトです。
もくじのもくじ
基本的に、植物(おもにドングリ)の観察日記のページと、写真集(おもに飼い猫)のページがあります。

Twitterボタン



・メニュー・
連絡用記事へ
ブログリンク集へ
プロフへ
・・・・・・・・・・

2010.11.05
ころも天ぷら→青葉ころも
改名(仮)しました。
呼び方は「ころもさん」が好ましいです。

2012.01.07
個別記事の拍手コメントは、その記事のコメント欄にちゃちゃっと返事することにします。

バロメーター

最近のコメント

+を押すと開きます。

リンク

カレンダー(月別)

06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ一覧

WEB拍手

こちらからのメッセージは記事にてのお返事になります。お返事記事は「お返事/私信」カテゴリの中に入れておきますので、ご確認お願いします。
メールアドレスを記入していただければ、メールでのお返事も可能です。
・・・・・・・・・・・・・・・
連絡先:
最終更新 2014/08/03

ブログ内検索

FC2カウンター

つなビィ

イラスト(@つなビィ)

ついったー

素敵サイト様・バナー

ジャンルごった煮

あだし野 洞 Spinnwebe. ぼくが死んでも 九佳句(くかく)/天野英

素材お借りしました。
web material * Essence 空に咲く花

QRコード

QR

ランキング参加中

バナークリックで応援お願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

にほんブログ村