あしたの蒼い空

おもしろいこと大好きな管理人が日々のことをつらつらと書いてます。                       

喧嘩ふっかけて謝る

前へ

私わかった、高校のときの「携帯の君」は
まさにこういう西野みたいなタイプだったんだな、と。
当時は私も人生経験が浅かったから
こてんぱんにやられたことがあるんだけど、
こういうタイプは世間には結構いるものなのかもしれない。




こういうタイプはやたらすぐに自らの非を認めて謝り、
論戦相手の毒気を抜くのはもう手法のパターンでもあるんですかね、
なにかあったときに「だから謝ってるじゃないですか」と
開き直るための伏線なのか知らないけど。

自ら喧嘩ふっかけてるくせにすぐ謝って、
「こちらは謝ってるのにまだあなたは怒っている」→
「謝られても怒っている狭量なあなたが悪い」と持ってくる
魂胆なのか知らないけど。

でも意図的に怒らせているのはあなたでしょう?
……と言えば、「だから謝ってるじゃないですか」ですかね、
これじゃあ平行線をたどるばかり。

 ***

あーなんて言えばギャフンと言わせられるんだろう。
まあ、ギャフンと言わせられなくても人心は確実に離れていくとは思うのだけど、
でも人心が離れていったとしても当人がギャフンと言うことは
ないのだろうと思うと腹が立つな。
終始、仮にも謝っているときですらケロリとしていて
反省の色がないところが最大の腹立ちポイントのひとつなのだと思う。
堂々と足組んでたしなー。

「あなたが悪い」という材料を作るためにわざわざ喧嘩を吹っ掛けて謝る。
吹っ掛けられた側には嫌な気持ちだけが残る。
謝られたら怒りが収まるとでも思っているのか。
いや、その「収まらない怒り」までを計算した上で
やってることだからこそ、なおさら腹が立つんだよな。

感覚的には筋が通らないのは明らかで、
絶対に矛盾したポイントがあるはずなんだよ、でもそこが上手く突けない。
「謝るんだったら初めから喧嘩を売るな!」と言っても
「だから謝ってるじゃないですか」でしょ…、

 ◇◇◇

私が経験した「携帯の君」の件でもそうです、
携帯に電話がかかってもいないのに
憎らしくもわざとらしくかかってきたふりをして
相対している私をないがしろにし、
怒った私に「電話を優先したこと」に関しては即行謝るも、
そのあとも何度も同じように何度も電話がかかってきた演技を繰り返す。

しかし「電話がかかってきたふりをしたこと」および
「わざとおざなりな相槌を打っては話をまともに聞かない」に関しては、
見るからにわざとらしい演技をしてこちらを挑発してきたにも関わらず、
しかし当人にしてみれば私を挑発することが目的だったわけだから
認めるはずもなく、まるで私が言いがかりをつけたかのような展開に
持ち込まれる。まさに同じパターン。

今思えば「やる気ないなら帰るね」って
先に帰ってやればよかったのかもしれない。……が、
それすらも攻撃材料にされるところだったのかもしれない。
私が「先に帰った」という事実があれば、
私こそが「やる気なかった」ことにされかねないのか…。

こんな下らないことで、何をするにも恐れを抱きながら
付き合わなければならない人種もいるなんて、思いもよらなかったよね。

 ***

今回の西野パターンでもまさにその通りの展開で、
喧嘩を吹っ掛けたのは明らかに西野で、そのくせ西野はすぐに謝り、
謝ったからといってそれで大島さんの怒りが鎮まるわけもなく、
怒りは収まらない。そこで西野の言った衝撃の一言、
一連の西野発言騒動において「(大島さんが)怒り過ぎるから
だんだん腹立ってきた」という類いのこと。
それだけ怒らせることをしたという自覚のない
自分勝手な発言にほとほと呆れる。

その発言すらも「まあ逆ギレなんですけどね」と自ら認めることで、
「なに逆ギレしとんねん!」の一言を封じる。
もし「なに逆ギレしとんねん!」と言われたとしても、
「だから逆ギレだと認めてるじゃないですか」の返しがあるだけなのでしょう。

 ◇◇◇

どうすればこの人を反省させることが出来るのだろう、
このお題目を論破することが出来る人がいれば、
その方法を私に教えてほしい。すっきりさせてほしい。
それとも、心がない者に反省させることは不可能なのだろうか…。

反省させる云々よりも、自分を守る対策としては
「そんな人とは関わらない」ぐらいしか
ないのかもしれないけどな、最終的に。
この類いの人種には関われば関わるほど自分が傷つくだけだから。
悲しい人種である。

 ***

結局「徹底的に干される」しかないと思うんだよね、
こういうことは痛みを実感しなければ
人の痛みもわからないものなのだから。

そこで業界の皆さま方に伝えたい、
こういうタイプをのさばらせてテレビなどの公の場に出し続けていたら、
その人が「世間から認められている人」であると間違った認識をして
「他人に罪を着せることが賢い逃げ方」であると学んでしまい、
このような揚げ足の取り方を参考にするバカ者も出てきかねないので、
規制のほうを急いだほうがよろしいかと。
公の場に出してはダメだ。肯定したことになりかねない。

特によしもとはなぜかキンコンを可愛がる傾向にあるので、
認識を改めていただきたい。
事務所も推すメンバーは慎重に決定したほうがいい。
昼コメでもレギュラーメンバーにキンコンが入っては
視聴率低迷してチェンジというパターンを何度繰り返しましたか、
これは世間の目というものを如実に反映した結果と
認めてもよろしいかと思うのですが、
なかなかお認めにならないのでしょうか。
そこまで見込みがあるとお思いなのでしょうか。
全然ほわわんしない。

 ◆-◇-◆

次へ

関連記事

* Category : お笑い語り お笑い全般

* Comment : (0) * Trackback : (0) * 編集

コメント









管理者にだけ表示を許可する