あしたの蒼い空

おもしろいこと大好きな管理人が日々のことをつらつらと書いてます。                       

呼応

お婆ちゃんの話
http://honbou.laff.jp/blog/2012/08/post-f394.html
思いがけず、いい話、「その時」があって、今がある。
本坊さんのブログです。

胸を衝かれた、
淡々と綴られるからこそのリアルさ、ドラマを見ているかのような、
これだけ読ませるということは、文章力があるということなんだろう。
名前を呼んだら「ハーイ!」と返事がくる、当たり前のことなのに胸を衝かれる、
そんな当たり前のことを当たり前ではなくしてしまう戦争、、

しかしなぜ「めでたしとは言い難い」?
苦労を乗り越えて、今が幸せならばめでたしなのではと思ってしまう、
それは読解力不足なのか。そんな簡単に閉じれるものではない的な?
或いは自分の状況を顧みて?それならあまりめでたくないのかもしれぬが…。

***

あっかん、質問コメントしてもうた、
名前明記か迷ったんだけど、とりあえず無記名。
ああもう、これがまた墓穴展開になりませんように、
あれです、いつもコメント数件だけだし、
もしかすると本人さんも目を通してるかもしれない、
ああーああー、こんなときのおまじない、「もう、どうにでもなーれ☆」!

案ずるより産むが易しという言葉の通り、
騒ぎ立てるほどの展開は待ってはいないものなのだ、スルーが普通なわけで。
そうそう、そう自分に言い聞かせてみれば、落ち着いてきた。

長文になってはいけないと思ったんだが、そう思うあまりか、
それにしても、ぶっきらぼう過ぎたような気がするわ、
「なぜ「めでたしとは言い難い」?そんな簡単に閉じれるものではない的な?
或いは自分の状況を顧みて?」って。笑
……怒ってない怒ってない!質問してるだけ!笑
文章から言葉を削いでも柔らかさを残す、というのは、当然ながら難しい。。

ていうか、「自分の状況を顧みて、めでたしとは言い難いのか?」
って質問って、ほんのり失礼か?
ああもう、「どうにでもなーれ☆」!

関連記事

* Category : タレントブログ関連

* Comment : (0) * Trackback : (0) * 編集

コメント









管理者にだけ表示を許可する