ホーム

2017年3月の鑑賞メーター

2017年04月06日 00:21

2017年3月の鑑賞メーター
観たビデオの数:4本
観た鑑賞時間:500分

2017年3月 鑑メ

続きを読む >

ドラマ/映画 コメント: 0 トラックバック: 0 編集

2017年3月の読書メーター

2017年04月06日 00:21

2017年3月の読書メーター
読んだ本の数:0
読んだページ数:0
ナイス数:20

読書メーター

  ◇◇

3月下旬だったかに読メがリニューアルして、月間読書グラフがとれなくなったんだよなー。
まあ、最近めっきり読書してねーんだけどな!

読書 フォルダその2 コメント: 0 トラックバック: 0 編集

とてもシンプルになった

2017年04月09日 15:23

17/4/9 15:05

ブログのカテゴリリスト。
ずっと前のことだと思うが、なんかあまり深く考えずにカテゴリを増やしてしまったことがあって。増やしても、非表示にしちゃえばええんやで~という考えのもとだったのだけども、非表示にするということは非表示にするということであり、ソース上にはすべて読み込まれてしまうわけであった。これでは、レスポンシブ?的には意味がないのではないかと考えた。
で、いろいろと調べて出会った方法、すなわちFC2の変数を活用して「子を持たない親カテゴリ」だけを生かす(読み込む)ように設定したつもりだったのだけど、カテゴリプラグインとの相性なのか、それとも私がなにか設定ミスをしているのか不明ながら、思ったようにはいかず。除外しているつもりの部分がずっと居座り続けちゃっていけない。だから仕方なく、非表示設定で凌いでいた。他になにかいい方法はあるのだろうか。

そんな感じで、自らのコントロール下に置けてない感じがずっと嫌ではあったんだけれども、まあ、一応画面上は見えないし、いっか。というのが、前回までのあらすじ。
そこで今回は一歩進んで、自作で折り畳みリストを作ってみた次第。ゆーても私にはJavaScriptなど到底理解できないので、HTMLだけでできるっていう簡単なもの。こいつはFC2ブログのカテゴリとはなんの関わりもないので、カテゴリ内の記事数を自動で取得して表示することなどはできない。ただただカテゴリのリンクを並べたリンク集ということ。項目としては、これまでのカテゴリ一覧プラグインに表示されていたものを踏襲してみたが、「このカテゴリって深層に沈めてもいいんじゃね?」「このカテゴリいつ使うんだ?」というものもあった、けれども、面倒なので一応はそのまま。

  ◇

情熱があった時期は、一年で独り言カテゴリの記事を数百件書いていたこともあったので、一年くくりで、「独り言 ○○年」みたいなカテゴリを作ったりしていたのだ。しかしもう最近ではほとんど記事を書いていないし、2015年だか2016年以降、一年くくりのカテゴリを作らなくなってからの独り言カテゴリの記事は、現行の独り言カテゴリにただただ蓄積していこうと思っている次第。というか、現状がそれである。一年でまとめられるほどの記事数もないしね。
読書カテゴリについても、100件だったか、ボーダーは忘れたけれども、ある程度の件数がたまったら、「フォルダ1」とか「フォルダ2」とかいうふうにカテゴリを変えていこうかと考えていたこともあったのだけど、こちらについても、現行の読書カテゴリにただただ蓄積させていくだけにしようと思っている。いまのとこ、その現行の読書カテゴリっていうのが「フォルダ2」ということになるのだけど、その前のフォルダ1については「めっちゃ古い記事」ということで、一応はアクセスできるように道筋は作ってあるけども、でもあまり目につかない深層部にあればいいかな、みたいな。過去の独り言カテゴリについても同じ。
あと特に、自分が過去に描いたイラストなんかはほんと、簡単にはアクセスできない深層部で埋まっていてほしい。でもまあ、黒っぽくても歴史ではあるので、それぐらいの距離に置いてある感じがちょうどいいかなと。とはいえ、やろうと思えば数クリックでたどり着けるようにはしてあるんだけどな。たぶん。

そもそも、読者側に立って考えても、カテゴリってそんなに使うかね?と思ったりして。

独り言 日々 コメント: 0 トラックバック: 0 編集

同じ話が多い ころも

2017年04月12日 22:48

17/4/10

久々にブログ。
オイラの生態。コミュ障過ぎた結果音信不通となり、長期間音信不通となり過ぎた結果ほかの方のブログのコメント欄に書き込みにいく勇気が出ない件。という言い訳。つながりを維持するとは難しいことだな、わかんねーな。かろうじてブログの足跡機能でつながりが途切れきっていないことを確認していくスタンス。それぐらいでいいとも思うが。つながればそれはそれで面倒に感じるわがまま、このあたりがコミュ障たるゆえんか。そして孤独死へ――。(そして伝説へ的なノリ)これはオフレコにすべきやつか。

思いのたけを自分ちでつぶやく。


マグさん宅
・桜きれいだし設置されたフシギダネかわいすぎた、あえてのチョイス? お好きなのかなフシギダネ。こういうグッズってどこで手に入るんだろ、ポケセンとやらかな。入手の経緯とかすでに書かれ済みだったらすまない……。
・密かにお見合い話に食いついていてすまない、俗っぽくて?すまない………。「これがオタク用語でいうところの擬態か…」とか思ってすまない……。
しかし私の勝手な妄想なんだが、実は処理部?のメンバーといい感じになるのかと妄想した日もあったし、いまもその妄想を捨ててはいない。ご本人的には「ナイ」ことなのかなー。勝手に妄想してすまない……。あー言っちゃった、ついに言っちゃったなァーオイ。

4/12 追記
記事をアップしないままぐずぐずしているうちに、タイムリーな処理部の話題が書き込まれる。替え歌って、なんだ……? なにはともあれ、私の中高時代にはなかった青い春のにほひがすりゅ。


うめさん宅
・コレクターユイなつかしすぎワロタ。自分も見てた気がするけど内容がまったく思い出せなくてワロタ。もちろんOP/ED曲とかも。聞けば思い出すのか。
なんか「デリート!!」って叫んでるイメージが思い出されたけど、それはCCさくらの「レリーズ!!」と混同しているのかもしれないし、あるいは実際ユイ?が「デリート!!」と叫んでいたような気もする。
ってなことを考えているうちに思い出したけど、決め台詞といえば、コレクターユイでは「エンター!!」って叫んでエンターキーを押していた気がしたから調べたら、そういう場面は実際あったみたい? 決め台詞って大事よね。
・サクラ大戦は、ゲームだかアニメのTVCMで流れていた例のあの曲(主題歌)がめちゃくちゃ印象的だったことはリアルに覚えている。主題歌をバックに、こう、ラインダンス的なノリで並んだ面々の脚が大写しでバァーッと上がっていく場面のアニメーションも覚えている。それがゲーム第1弾のCMだったと仮定すると、1996年前後のことであり、当時私は5歳とかそれぐらいだった可能性もなくはないけれど、それでも覚えている。

【大いなる脱線ここから】
ちなみに当時、私はゲームという存在に疎かったこともあり、そのCMがゲームのものなのかアニメのものなのか、認識できていないところがあった。別のところでいうと、同じくアニメーションが使用されたTOSのCMを見て、それがアニメのCMだと思って疑わなかったという実績が私にはある。(ちなみにCMでちらっと映ったゼロスを見て、ゼロスは宝塚系の、女子に人気があるアネゴ系女子だと思っていた。)
TOSのときも主題歌は印象的だったので深く記憶に残ることとなったが、時を経て私が中学生になり、TOSのプレイを開始してオープニングの曲を聞いて初めて、昔見たCMはゲームのものだったのだと気づいたのであった。オープニングの曲を聞いての第一声は、「あーっ!この曲知ってる!!(昔CMで聞いたことあるやつだ!)」だった。
あと、当時RPGは基本的にPS2用ソフトだと思っていたので、TOSがまさかGC用ソフトだとは思わず、PS2用ソフトのコーナーを探しまくるという話も。それも、ちょうどその頃、この作品がPS2版として移植されようとしていたタイミングだったものだから、「PS2のテイルズオブシンフォニアというソフトはありますか」「まだ発売されていません」「???(もうプレイした人もいるのに? むしろ、プレイした人から勧められたのに??)」「ゲームキューブのものならありますが」「!??(えっ、まさかのGC用ソフトだった!?)」的な展開もあったりして。
【/大いなる脱線ここまで】

すまない、脱線しまくりボンバーである。こういう脱線が気軽にできるから、自分のブログに書く独り言がやっぱりいいな。人様のブログのコメント欄にこれを書いたら、迷惑でしかないもんな……、オーケーわかってる(笑)。

話を戻してサクラ大戦。
TVCMは印象的だったが、タイムリーかどうかでいえば我々よりもちょっと上の世代がタイムリーなのではないだろうか。上に兄弟がいる人なら、ついでにタイムリーってこともあるぐらいか。90年代にある程度の年齢になってた人たち。小学生だった我々にはちょっと早そうよね、サクラ大戦。

  ◇ ◇

17/4/12

ここから編集後記的な存在。

ブログ記事を書くときはだいたいケータイメールで下書き保存しながらポチポチやるのだけど、それをPCに送ってからの作業が面倒でぐずぐずしているうちに話のネタの旬がどんどん過ぎていくパティーン。
ケータイで書くと、こう、ケータイの画面が小さいからなのか、書いてる世界に没入していく感覚がわりと好き。ミクロ感? 書ききるとすっきりする。そも、横になりながら書けるのがイイネ!

話は少し変わるけども、こないだテレビで見たゲッターズ飯田氏について、面白そうだから少し調べたところ、生年月日だけでできるお試し占いみたいなのを見つけて、やってみたところ、「同じ話が多い」と書かれていてワロタ。上述の、「TOSのCMを見てアニメのCMだと思っていた話」はまさにそれだったものだから(笑)。ブログでは確実に1回は書いているはずだし、下手したら3回ぐらい書いてるんじゃないかと思うぐらい。これはあれだ、芸人が同じ話をいろんなところで話すことで、そのネタが磨かれていくのと同じだと思っている。という、ここまでの流れをすでに何回もやっている気がする(笑)。好きな話ってある。っていう、ここまでの流れを(以下省略) でも話したことを忘れてるわけじゃないからね!

独り言 日々 コメント: 0 トラックバック: 0 編集

ぷしゅ~っとな。

2017年04月14日 23:08

17/4/13 23:49

ええっそれは大変、と思ったのだけど、「軽い」というとどういうものがあるのだろうと思い、自傷行為について調べてみた。
調べたところ、いくつか例が挙げられているのを見つけたのだけど、「髪の毛を抜く」ってやつも自傷行為に入るんだなと。これはまさにわたくし、幼稚園児のときにマイブーム的な感じでやっていて、自分ではあまり重大にとらえていなかったのだけど、まさかの自傷行為に走っていたらしい(笑)。髪の毛を抜くことで、毛穴から悪い気的なものが抜けていく感じがしてすっきりしたんだけども。アレッ、これ引かれるタイプの発言かしら。

あと「不安をやわらげるためにつねる」?っていうのもそうらしいんだけど、こっちは長じて中学高校あたりにやっていたな。つねるというか、親指の爪で人差し指の側面に爪を立てる的な。私の爪はなかなかに硬く鋭利なので、爪を立てたところがへこんでしばらく元に戻らなかったりしてた気がする。血が出たりはしなかったと思うんだけど。
こちらについては、とにかく痛みを与えて気を散らそうということだった。

神経症に悩まされる人生でありゅ。一貫性あるね。

独り言 日々 コメント: 2 トラックバック: 0 編集

ホーム

プロフィール

Author:青葉ころも
はじめまして&こんにちわ~!
お気軽にコメントどうぞ^^
なにかございましたら、サイドバー下部のWEB拍手もご利用くださいませ。
連絡先:
2012.04.19 プロフ更新

当ブログ管理人が運営するサイトです。
もくじのもくじ
基本的に、植物(おもにドングリ)の観察日記のページと、写真集(おもに飼い猫)のページがあります。

Twitterボタン



・メニュー・
連絡用記事へ
ブログリンク集へ
プロフへ
・・・・・・・・・・

2010.11.05
ころも天ぷら→青葉ころも
改名(仮)しました。
呼び方は「ころもさん」が好ましいです。

2012.01.07
個別記事の拍手コメントは、その記事のコメント欄にちゃちゃっと返事することにします。

バロメーター

最近のコメント

+を押すと開きます。

リンク

カレンダー(月別)

03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリ一覧

WEB拍手

こちらからのメッセージは記事にてのお返事になります。お返事記事は「お返事/私信」カテゴリの中に入れておきますので、ご確認お願いします。
メールアドレスを記入していただければ、メールでのお返事も可能です。
・・・・・・・・・・・・・・・
連絡先:
最終更新 2014/08/03

ブログ内検索

FC2カウンター

ついったー

QRコード

QR

ランキング参加中

バナークリックで応援お願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

にほんブログ村