ホーム 次ページ >

上がってんの? 下がってんの?

2018年07月12日 03:26 | 最終更新日:2018年07月12日


記事「へびににらまれたかえるのごとく」内に下記の文を追記。

++++++++++

【2018/07/12 追記】
※2:梁?が下がった模様
記事を改めて読み返して思ったのだが、クロスの左上がくしゃっとなっていたのなら、
下から上へ向けて何らかの力が働いたというわけで、
ならば、ふすまに関しても、「梁が下がった」のではなく、
「敷居が上がった」という可能性も考えられるのかもしれない、
というか、そういうことなのではないか、と思ったので備忘録的に追記。
いわゆる、隆起、とかいうやつ?
こういう記事もある。
大阪府北部、地震で2センチ隆起か 衛星撮影画像を解析:朝日新聞デジタル
【追記終了】




もくじページのご案内
・もくじページ>2018年>2018年 ひとりごと(お知らせとか?)その2

独り言 日々 コメント: 0 トラックバック: 0 編集

お寺さんなんかに出す感じの和風のふた付きのお茶を入れるやつ

2018年06月29日 02:34 | 最終更新日:2018年07月12日


前の記事「へびににらまれたかえるのごとく」内に下記の文を追記。
あと、記事末の「もくじページのご案内」にコウ(猫)の項目も追加。

++++++++++

【2018/06/29 追記】
※:お寺さんなんかに出す感じの和風のふた付きのお茶を入れるやつ
「お寺さんなんかに出す感じの和風のふた付きのお茶を入れるやつ」に関して
調べたところ、名称としては「汲出し」でいいのかなぁ。
正確にいえば、「蓋付き汲出し」だな。
「茶器 蓋付き 名前」で検索したら、それっぽいものがヒットした。
今回の地震のおかげで、「汲出し」という茶器の名称を知ることになった。

余談ながら、「ものの名称」でいつも思い出すエピソード。
家庭科のテストで「トング」の絵を見て名称を答える問題で
「はさむやつ」と書いて不正解を頂戴した話。
「すっごい知ってるこれ、ちょっと名前が思い出せないだけでさ、
私すっごい知ってるもんこれ」という悔しさを込めた「はさむやつ」。
もう忘れはしない。……たぶん。

ものの名称を正しく言えるってかっこいいよね。(きれいに着地した顔)
【追記終了】




もくじページのご案内
・もくじページ>2018年>2018年 ひとりごと(お知らせとか?)その2

独り言 日々 コメント: 0 トラックバック: 0 編集

へびににらまれたかえるのごとく

2018年06月27日 14:10 | 最終更新日:2018年07月12日


▼ 編集記録(クリックで展開)



18/6/25 13:52

地震から1週間経過なう。
今回の地震についてちょっと記録しておこうと思う。

ちなみに私は今回、震度5強を経験した。
当地比でいえば、数字としては阪神淡路大震災のときよりも大きいと聞いて驚いたけど、
まぁ、今回は阪神~のときよりは震源地に近かっただろうしな、道理なのかもな。
でも揺れた時間が短いほうだったとかなんとか? 条件も、なんかいろいろなんだな。

ニュースなんかを見ていると、被害が大きい場所はわりと限定されている模様。
ちなみに個人的には人的被害は皆無であり、物的被害?は茶器1つ、
お寺さんなんかに出す感じの和風のふた付きのお茶を入れるやつ(※)、
あれが棚のなかで落ちて1個割れていた。
「棚のなかで」というのは、棚のスライド式のガラス扉は開かずに
中のものが飛び出すことがなくて幸いだったということです。
何はともあれ、地震でなにか物が壊れたのを見たのはたぶん初めてだと思う。
ただ、近所であっても場所によってはやはり食器類がやられたとみえて、
ごみ捨て場に「割れ物注意」と書いてある袋が捨てられたりしてたな。
被害は人それぞれ、いろいろなんだろうな。

以下、気がついた変化で印象的だったもの。
・床の間の壁の左上隅、土壁っぽいクロスがちょっとくしゃってなってた。
・半分しか開かなくなったふすまが1枚あった。
梁?が下がった模様(※2)。でも敷居に人が乗ると開くようになることがわかった。
梁が下がった分、敷居に体重を乗せて敷居を下げると開くみたい。
そういう問題なんだなぁと感慨深かった(?)。

【2018/07/12 追記】
※2:梁?が下がった模様
記事を改めて読み返して思ったのだが、クロスの左上がくしゃっとなっていたのなら、
下から上へ向けて何らかの力が働いたというわけで、
ならば、ふすまに関しても、「梁が下がった」のではなく、
「敷居が上がった」という可能性も考えられるのかもしれない、
というか、そういうことなのではないか、と思ったので備忘録的に追記。
いわゆる、隆起、とかいうやつ?
こういう記事もある。
大阪府北部、地震で2センチ隆起か 衛星撮影画像を解析:朝日新聞デジタル
【追記終了】

---

【2018/06/29 追記】
※:お寺さんなんかに出す感じの和風のふた付きのお茶を入れるやつ
「お寺さんなんかに出す感じの和風のふた付きのお茶を入れるやつ」に関して
調べたところ、名称としては「汲出し」でいいのかなぁ。
正確にいえば、「蓋付き汲出し」だな。
「茶器 蓋付き 名前」で検索したら、それっぽいものがヒットした。
今回の地震のおかげで、「汲出し」という茶器の名称を知ることになった。

余談ながら、「ものの名称」でいつも思い出すエピソード。
家庭科のテストで「トング」の絵を見て名称を答える問題で
「はさむやつ」と書いて不正解を頂戴した話。
「すっごい知ってるこれ、ちょっと名前が思い出せないだけでさ、
私すっごい知ってるもんこれ」という悔しさを込めた「はさむやつ」。
もう忘れはしない。…たぶん。

ものの名称を正しく言えるってかっこいいよね。(きれいに着地した顔)
【追記終了】

  +

震度5強の揺れ自体も恐怖感があったが、
そのあとの期間、余震が来るのかもという予期不安のほうにやられて舌が腫れた。
いわゆる口内炎である。寝るのが怖くなっちゃったりね。
必要以上に怖がるのはコスパが悪いってことは、一応わかってるねんけどな。
命に対する執着が強いタイプだからな。

私はそもそも地震が苦手なのだ。
いや、得意な人などいないかもしれないけど。
ミシミシ鳴る家。
揺れたとて、その揺れを自らコントロールするすべがないという無力感。
何者かに強く怒りをぶつけられているような気持ち。
揺れた際には、へびににらまれたかえるのごとく、身動きがとれなくなってしまった。

私が当時なにをしていたのか。
これを書くとひんしゅくを買うかもしれないが、
このブログを見ている人にはだいたい予想がつくのではないか。
私は寝ていた。揺れてさすがに目は覚めたがフリーズしていた。
揺れてる最中にケータイの緊急地震速報のアラートはけたたましく鳴るし。
話には聞くことだけど、仮にこれが公共の場にいて、
そこにいるみんなのケータイからアラートが鳴ったら、だいぶ怖い気がするな。

ちなみに今回のように揺れ始めてから鳴ったりしちゃうのは、
直下型?だと、仕組み上、仕方ないことみたいだけど、
メールで「強い揺れに備えてください」って言われても、
もう揺れてるんですけど的な(笑)。

  +

ちなみに猫のコウくん(女子)は、
普段私が座っている椅子(私は寝ていたから空いてるわけ)から、
すかさず猛ダッシュで2階に駆け上がっていった。
2階には、コウくんが怖いときに隠れる場所があるみたいでね、
どこか詳しくは知らないのだけど。
たぶん押し入れのなかじゃないかなとは思っているけど。

コウくん、駆け上がって当日18日のあいだ丸一日降りてこなかったな。
ごはんとトイレには降りてきたけど、すぐに消えちゃう。
これはさすがに珍しいことで、相当怖かったとみえる。
私も怖かったもんな。そりゃあ道理ってもんよ。
翌日19日の朝になったら姿を現してくれたけど、
それでも神経がはりつめてる感じがとれてなかったな。
ちょっとした物音でビクッとしたり。
それについては私も似たようなもんだけども。
まあ、いまではすっかり落ち着いたみたいだから、ご安心召されてください。
コウくんより、むしろ私のほうが落ち着いてないかもしれないわ(笑)。

コウくんの猛ダッシュといえば、
サッカーのセネガル戦で本田がゴールしたときに、
私が「えっえっえっえっ(←入るか入らないかという状況)、
ウワアーーー!!(←ゴール確定)」と叫んだときにもまた猛ダッシュさせてしまって
申し訳なかったのだけど(今回は私のとなりの椅子からのスタート)、
そのときは2階までは行かなかったみたいで、
となりのとなりの部屋の机の上で寝ているのをそのあと発見された(笑)。
そして試合が終わってしばらくしてから、
「あいつら(私と母)、やっとおとなしくなりやがった」という顔で
私のとなりの椅子にまた戻ってきてくれたよ。
柔軟な対応大事。正しい判断ができる猫だね。

  +

ふむ。話がそれたな。なんの話だっけな。
そう、地震の話だったんだけど、またなにか書きたいことを思い付いたら書きます。

ということで、まとめ的な感じに入ります。
余震あるのかなと怖がっていたけど、いまのところ震度3がちょろっとあった程度だな。
いつかの深夜の余震のときのこと。そのとき私はゾンビ体操をしていたので、
私が揺れているのか地面が揺れているのかちょっとよくわからなかったけど地震でした。
びっくりした。

それはともかく、
過去の大地震では大きな余震がいっぱいというパターンも聞いているので、
今回の余震の少なさ、その点は不幸中の幸いなのかも?
まぁ、私のように予期不安にやられるパターンもあるけど、
不安だけなら家が倒壊とかそういうことはないしね。
大きな余震があったところで予期不安にはやられると思うけど。

私もみんなも守られますように。




もくじページのご案内
・もくじページ>2018年>2018年 ひとりごと(お知らせとか?)その2
・もくじページ>2018年>2018年 コウ(猫)

独り言 日々 コメント: 0 トラックバック: 0 編集

頭こんがらマッチョ

2018年04月27日 22:40 | 最終更新日:2018年04月27日


18/04/26 13:50

前の記事の続き的な。
ディレクトリ「2018年より前」を作ったなら、
「2018年以降」も作るべきかもしれないと思った話。
そしたら、2018年のもくじページのURLが変わってしまうけど、
やるなら早いほうがいいのではないかと。

もし仮に、年が明けて2019年になったら、2018年のもくじページはどうすればいいのか。
2019年のもくじページは新たに作るわけだけど、
フォルダ(ディレクトリ?)に入れずにホーム階層?にそのまま並べていくとしたら、
年を重ねるごとに、ページ一覧がごちゃついていくのではないか。
となると、2018年、2019年…、と作っていくもくじページを入れるディレクトリが必要。
それが「2018年以降」だ!(パンパカパーン!)
まだまだ先の話だけど、うちのブログは2008年から始まっているので、
「2018年以降」の次は、「2028年以降」のフォルダを作れば、
ちょうど10年刻みになるのではないかと、うっすらと思った。

でもなー、いろいろ考えたけど、
お目当てのページに直接リンクするのはやめて、
とりあえずいつもトップページにリンクして、
どうすればお目当てのページにたどり着けるか、誘導コメントを添える、
っていうのが一番間違いないリンクの方法かなと思った。
トップページのURLを変えるっていうことはまずないと思うから。

なんかねぇ、こういうこんがらがった話を考えてると頭がこんがらがってくるので、
なにか気がついたことがあればぜひ教えてほしいと思うと呼び掛けておく。

++++++++++

タイトルはなんとなく脳から出てきたものなのだけど、
これなんだっけと考えたけども何も出てこなかったので調べたら、
そうか、グラブルのネタだった模様。
初出はシナリオイベント「粧して臨めよ花戦」だったみたい。

独り言 日々 コメント: 0 トラックバック: 0 編集

住所はむやみに変えない。

2018年04月26日 11:03 | 最終更新日:2018年04月28日


▼ 編集記録(クリックで展開)




2018/04/25 19:08

さきほど気が付いたことなのだが、
JASRAC先輩が降臨していた件。(2年前)の記事で書いた通り、
現在、華大さん関連記事のもくじページを作っておるわけです。
作っておるというか、一通り拾いきったと思われるのです。

ということで、とりあえずの完成を明記しておく。
こちらから、2018年より前>2012年~ 華大さん関連。
ぬるっと発表。

が。ちょっとした問題に気が付いたーよーという話。

すごい余談なのだが、私がたまに語尾を伸ばしてるのは、「へんしん!! じゃがポテ仮面」の「じゃがポテ仮面、だーよー!」をイメージしているのだが、調べてみると、このキャラはMBS(毎日放送)のキャラクターらしく、関西人しかピンとこないのかもしれないと思ったのでちょっと書いてみたーよー。

  +

話を戻して。
2018年より前の記事のもくじページには、隠蔽捜査関連の記事が2014年のものだったこともあって、もともと「2014年-2016年」というディレクトリ名?を使っておったのです。
そこに、2012年から2013年にかけての華大さんの記事も入れたので、じゃあディレクトリ名も変えなきゃだねと思って、ディレクトリ名を「2012年-2016年」へと、何の気なしに変えたのです。
そしたら、記事に貼ってたリンクが不能になってた、と。
アクセス解析を見ていて気付きました。「おっおっリンクを押してくれた人おりゅ~~」と思って自分も押したらノットファウンド君(←いまなんとなく呼んでみただけ)が出たわけです。ナンデナンデ!?と思ったんだけど、そういえば、ディレクトリ名を変えれば、そりゃーページのURLも変わっちゃうよね、と気が付きまして。まだ傷は浅いはず…。というか、影響があったのは「4年の時を越えて。」と、「隠蔽捜査萌え語り(関連記事の更新情報)」の、2記事だけだと認識しております。違ったら誰か教えてほしい…!
というか、せっかくうちのブログにアクセスして、リンクまで押さえてくれた人がいたのに、その人の時点では完全にノットファウンド君が出ていたと思うので、気持ち悪い思いをさせてしまって申し訳なかったなぁと思いました。。。ごめんね。

でね、今後このようなことがないように、2018年より前の過去記事のもくじページのディレクトリ名は、「2018年より前」というものにすることにしました。これで、もし仮に2012年よりも前の記事のもくじページを作りたくなって作ったとしても、「2018年より前」であることは間違いないので、ディレクトリ名を変更して、各記事に貼ったリンクが全滅するという悲劇は起きないはず…、である…。
ディレクトリ名は「2018年より前」か「過去の記事」かで迷ったのだけど、「過去の記事」だと、2019年になれば「2018年」は「過去」になってしまうわけで、でも2018年のもくじページをそこに入れるつもりは、いまのところないし、差別化を図るためにはと考えると、やっぱり「2018年より前」なのかな、と思った次第であります。
なんかね、システムづくりって難しい~~~。って思った。

   +

※まだこのディレクトリ名で間違いないのか自信がないので、
 ぬるっと変えたりすることもあるかも。
 でもそのときはデッドリンクにならないように意識するので、たぶん大丈夫…。


独り言 日々 コメント: 0 トラックバック: 0 編集

追記のお知らせ。

2018年04月24日 16:40 | 最終更新日:2018年04月24日


4年の時を越えて。
・2018/04/24【追記1】部分を加筆。

【追記1ここから】
でもそういえば、隠蔽捜査関連記事のもくじページをはじめ、「もくじページ」ってどれもFC2ホームページで作っていたから、新しいGoogleサイトへの移行ツールのリリースがあったところで、新しいGoogleサイト版を作りたいのなら、新しく作り直さないといけないことには変わりないんだよな。
移行ツールを待ったほうがいいのは、もともと今までのGoogleサイトでページを作っていた、コウくんとの出会いの写真ページとか、そのあたりぐらいで、FC2ホームページで作っていたページについては、どっちにしろ新しく作り直さないといけなかったわけで、ちょうどよかったんや。
【追記1ここまで】

独り言 日々 コメント: 0 トラックバック: 0 編集

修正のお知らせ。

2018年04月21日 19:36 | 最終更新日:2018年04月21日


いかりのかたち
・2018/04/19 「場合ではなかったのだ!」→「場合ではなくなったのだ!」
・2018/04/21 【編集】開閉リストのIDを固有のものにした。(見た目にはわからないから書く必要もないかもしれぬ…。)

うつむーくーそのせーなーかにー
・2018/04/20 【加筆1】(右の小型自動拳銃が初回分。)
・2018/04/20 【加筆2】時間はかかるけど、一応ノーコンでクリアはできるのだ。
・2018/04/21 【編集】開閉リストのIDを固有のものにした。(見た目にはわからないから書く必要もないかもしれぬ…。)

編集記録システム
2018/04/21
・【加筆】→書きました! こちら
・【変更】「・記事に最終更新日時を表示」→「・記事に最終更新日を表示」。
時間まで書いちゃうと、なんかしんどい感じがしたので、日付までにしとこうかなって。
・【加筆】逆に、そのうち面倒くさくなってフェードアウトという可能性もなきにしもあらずだけども…(笑)。とりあえず、やってみよう!

独り言 日々 コメント: 0 トラックバック: 0 編集

getElementById('open_20180421_02')

2018年04月21日 04:44 | 最終更新日:2018年04月21日


2018/04/21 3:18

記事タイトルは不具合じゃないよ(笑)。

前の記事の関連記事です。
前の記事にて、「この記事を記事化するにあたって、この開閉リストのタグ?に関する重要なポイントに気が付いた」と書いたのだが、それは、開閉リストのIDに関すること。
タグというか、スクリプトって感じだけども。そうだな、スクリプトだな。採用。

この開閉リスト。こういうスクリプトで成り立っている。

<div onclick="obj=document.getElementById('open').style; obj.display=(obj.display=='none')?'block':'none';"><a style="cursor:pointer;">▼ 編集記録(クリックで展開)</a></div><div id="open" style="display:none;clear:both;">★</div>

スクリプト内の「getElementById('open')」部分でIDを指定、そのIDを使ってリストを開閉する仕組みなのだが、ブログの同一ページ上(ex.トップページ内とか)に同一IDを使ったリストがある場合、先に書いたリストだけが反応して、次に書いたリストは反応しなくなるということがわかったのである。
つまり、開閉リストを使う場合、そのIDは固有のものにしたほうが無難ということがわかったのだ。これから、このリスト・システムを使っていこうと、いまのところ思っているので、早めに気づけてよかった~。知らない間に、初出以外の大半のリストが動作しない状態になるところだった…!

ということで、IDのルールを作成。
「open_日付(yyyymmdd)_その日のn件目の記事(n)」
なので、この記事に編集記録リストを作るとしたら、
2018年04月21日の2件目の記事なので、
「open_20180421_02」となる感じ。nは2桁のゼロパディングな感じで。
ゼロパディング~~~!(覚えた言葉を使いたくなる小学生のノリ)

さらに、同一記事内で複数の開閉リストを使いたくなった場合は、基本のIDのルールに、そのリストがその記事内で何個目かの数値をプラス。
これで、同一ページ内でIDが被ってスクリプトが動作不能になる、という状況は生まれなくなる…と思う…のだが…。そーうだったらいいのにな、そーうだったらいいのにな♪

▼ (クリックで展開)

▼ (クリックで展開)

▼ (クリックで展開)

▼ (クリックで展開)

でもガラケー民には優しくないから、本文中にはあんまり使わないでおこうかな…?
書いた自分が読めないのは悲しいもんな…。

++++++++++

※1:このスクリプトの文字列を書くにあたって、こちらのエンコードフォームを利用させてもらった。とても便利なものを見つけた。光の速さでブックマーク。これで、タグの文字列化も怖くないやい!…まあ、あんまりそういう機会もないけども…(笑)。

※2:ちなみに、スクリプトの原型は、こちらのページから頂いた。
「※ただし同じページの他のid属性と被らないように注意してください」の意味が、ようやくわかった。なんか書いてあるなとは思ったけど、まさか、個別ページ外にも影響を及ぼす(トップページ内でIDが被ってるパターンもNG)とは、夢にも思うまいよ…。

独り言 日々 コメント: 0 トラックバック: 0 編集

編集記録システム

2018年04月21日 03:08 | 最終更新日:2018年04月21日


▼ 編集記録(クリックで展開)




2018/04/20 0:25

ブログのシステムの改革。
記事を編集したときは、その記事のトップに
「編集記録」という折りたたみリストを設けることにしました。

↓こんな感じ。↓
▼ 編集記録(クリックで展開)

↓さっそく、最近投稿した記事「いかりのかたち」でも使ってみたよ。↓
▼ 編集記録(クリックで展開)

※この記事を記事化するにあたって、
この開閉リストのタグ?に関する重要なポイントに気が付いたのだが、
ここで書くと流れが途切れることになるので、次の記事にでも書きます!
→書きました! こちら

   +

ここに至る経緯。
グラブルにコナン大明神が降臨するにあたって、いろいろ記事を書いたのですが、
新たな情報が入ったり、書きたいことができたり、
細々とした編集を行う機会が多くあったのです。
そこで、追記情報を記事のトップに書いていくシステムがいい感じだと思って、
やり始めたのでした。(こんなゲームには負けない予定。

で、追記情報のリストを書くのはいいことだと思ったのだけども、
1度の更新で着地できない私の性質も相まって、編集情報は積み重なり、
なんかずらずら並ぶし、なんか記事内容のネタバレっぽくなるし、
このリストを折りたたみリストに収納できたら理想的じゃね?と思って調べたら、
HTMLだけでできるものがあったので採用することにしました。あんた採用!

どうやらガラケーでは動作しないっぽいけど(リスト内部が見れない)、
まぁ、今の時代ガラケー民のほうが絶滅危惧種なわけだし、
そもそも編集情報に関しては、本文さえ見ることができれば、
どこが編集されたかどうかはあまり関係ないわけだし、
ノープローブレーム、だな。

あと、「編集情報のお知らせ」の記事は、緊急性がない限り、
編集情報が5個ぐらい集まったら出すことにしようかな~。
私のことやから、すぐ集まるやろけどな。
逆に、そのうち面倒くさくなってフェードアウトという可能性もなきにしもあらずだけども…(笑)。とりあえず、やってみよう!

  +

あとになって気付いたことなのだが、
タグ内、リスト1行目に入る前に行を変えると空白の行ができることがわかったので、
紅白のコウ」「「私だ。」「お前だったのか。」
このあたりの記事にも使ってみたのだけど、
リスト1行目は改行なしに修正しておきました。
ううん、説明が難しい。

まあ、<b></b>みたいなもんだということだな。

<b>
・こう書けば、(リスト1行目)
・行が変わっちゃうわな。(リスト2行目)
</b>

なので、

<b>・こう書くわけだ。(リスト1行目)
・リスト2行目。</b>

わりとどうでもいい。

++++++++++

・記事に最終更新日を表示
あ、もうひとつ、お気づきの方もおられるかもしれませんが、
記事の公開日時のとなりに、最終更新日を表示するようにしてみました。
時間まで書いちゃうと、なんかしんどい感じがしたので、日付までにしとこうかなって。
記事のトップのことなので、否が応でも目に入るような気もするのですが、
いちおう明記しておく。たぶんPC版のみ?

・サイドバーの「→連絡用記事へ」の項目を削除。
なんかずっとサイドバーにあったんですけど、利用されることなく終了。
「連絡用記事」のリンク先を見たところ、2012年5月20日に設置した模様。
6年ぐらい、このままやったんやな…(笑)。
せっかくGoogleフォームを使ったWEB拍手も作ったのに、機能の分散もよくないしな。

ちなみに、「連絡用記事」にグリムスについて触れてあったのですが、
グリムス‥わりと最近、サービス終了しちゃった模様ですよね…。
楽しませていただいていました。ありがとうございました。

・あと、プロフィールページも…、
新しいやつ書いたほうがいいような気がする。
いまのプロフィールページはそのまま置いといて、新しく書く方針で。
現状、いろいろ違うもんな。

それをいうならリンクページもな…、
ほとんど更新停止中だったり閉鎖してたりだもんな…。時が止まっとるよ…。

独り言 日々 コメント: 0 トラックバック: 0 編集

心の問題は日にち薬

2018年04月19日 23:39 | 最終更新日:2018年04月19日


前の記事からスタートした、お蔵入りした記事を記事化する計画。
第2弾にして最終回。いまのところね。

ちなみに、記事のなかで、あることについて「気になる気になる」言ってるのですが、
時を置いたことで、いまのところ、そこまでの「気になる」ではなくなっている模様。
やはり心の問題は日にち薬ですな。

それではいってみよ~!




18/2/28 18:39

一人称について、ふと考えていた。
長じて一人称に悩む経験がある人は、
物心ついたとき、一人称が「自分の名前」だった人なのではないか、
そしてこれは、男女ともに言えることなのではないか、と。

女子の場合、もともと「私」「うち」と言っていたなら、
長じてもそのままでいいと思うし、
男子の場合でも、「僕」「俺」と言っていたなら、
長じてもそのままでいいように思うからである。

もちろん成長するにつれて、普段使いと、
かしこまった状況との使い分けなどはするようになると思うけど、
それはまた別の話。いまは普段使いの話である。

++++++++++

「長じて一人称に悩む経験がある人は、物心ついたとき、
一人称が「自分の名前」だった人なのではないか」という、
このテーマでブログを書いたこと、あったかどうか定かではないのだけど、
これが今回の話題。

かくいう私がまさにそのパターンであり、
物心ついたときには一人称は自分の名前だった。
つまり、ころもころも言っていたわけである。

小学生の間はそれで通していたのだが
(いま思えば高学年あたりでは痛かったのかもしれないが、
まあ、基本、仲良い子としか関わらなかったので、
痛さを自覚することはあまりなかった)、

中学生になって、さすがに自分の名前が一人称なのは幼すぎるかなぁと思い、
かといって急に「私」に切り替えるのも、自分のなかで恥ずかしく、
極力一人称を回避していくスタンスをとっていた、と思う。
記憶があいまいなのだけども。

  +

そして公の場では変わらず一人称を回避しつつ、
身内のなかで「おれ」と言い始めて、いまに至っている感じ。
以前、私のリアルでの一人称が「おれ」という話をして
意外に思われたことがあった気がするが、
一人称「自分の名前」と同じ感覚で言える一人称が「おれ」だったということである。

代表的な一人称「私」は女子感が強いのかなんなのか、
どうも口にするのが恥ずかしい。
もちろん、かしこまった状況なら意識してこれを使うことになるだろうけど、
感覚的に、普段使いはしづらいものがある。
慣れの問題かもしれないが、使おうとしないので慣れもしないっていう。
とはいえブログなどネット上で使うようになって、
これでも多少はアレルギー反応?が薄れた気がしないでもないけど。

同様に「うち」もしっくりこない。
かといって、もはや「自分の名前」には戻れない。
そんなジレンマに陥った結果、たどり着いたのが一人称「おれ」なのだ。
たしか、中学の同級生(言わずもがな女子。女子校だったんでな)に
一人称「おれ」の人がいて、これなら自分の感覚的にもアリかもしれないと思い、
それをいただいた感がある。
ころも、おれを習得する、の巻き、である。(@ちびまる子サブタイトル風)

いま思えば、もうひとつ。
一人称を切り替えるタイミングとしてちょうどいい転機だったのかもしれないが、
小学校中学年のときぐらいに、一人称が自分の名前だった友達が
「うち」と言い出したことがあって、初めはしっくりこなかったけど、
そのうち慣れた気がする。だが、自分も変えようとは微塵も思わなかった記憶がある。
思いがけずよみがえった記憶。

  +

ここまで長々と書いてなにが言いたいのか。
それは、女子で一人称「おれ」(だったことがある)の人は、
一人称「自分の名前」を経由しているのではないか、
男子でも一人称で悩んだことがある人は、
一人称「自分の名前」を経由しているのではないか、
わたし、気になります!
ということ。
ころも、気になる!

いま、知り合いブロガーさんに、
「ねーねー、もしかして、昔、一人称、自分の名前だったりした?」
と聞いて回りたい気持ちがすごいのですが、
普段音信不通のくせに、いきなり現れて、そんな質問を投げ掛けたら、
引かれたりするのではないかと思ったので、とりあえず、自分のブログに書いてみた。
そして、横目で全力のチラ見をすることにします。チラッ、チラッ<●><●>

そもそも、こういう話をすでにしたことがあったような気がしなくもないのだが、
すまない、まったく、なにも思い出せないんだ…。
で、過去に話したような気がすることを改めて聞くのも失礼な気がするしな…。

++++++++++

ああ。本題から離れるけれども、一人称に関連して思い出したのが、親の呼び方な。
これについては、一人称が自分の名前っていうのと
セットになってるんじゃないかと思うレベルですが、
そう、私はお察しの通りママパパ呼びであります。
これに関してはいまもだな。父はそもそもあまり呼ばぬが。

前述の通り、もともとママ呼びだったのだけど、ここ数年ぐらい?、
ママ呼びが幼いと思ってお母ちゃん呼びに切り替えていたのだが、
本人からママ呼びをリクエスト?されたので、最近またママ呼びに戻した経緯あり。
ドラマ『過保護のカホコ』を見て、大人女子?のママ呼びも
アリだなと思ったというのもある。

独り言 日々 コメント: 0 トラックバック: 0 編集

ホーム 次ページ >

プロフィール

Author:青葉ころも
はじめまして&こんにちわ~!
お気軽にコメントどうぞ^^
なにかございましたら、サイドバー下部のWEB拍手もご利用くださいませ。
連絡先:
2012.04.19 プロフ更新

ブログ記事の目次ページ。
2018-03-04 更新。
というか、随時更新。わりとやってるんやで。
↓のサイトは完全に止まってるけどな。
↑の目次ページにどうにか吸収させることを考えてみたらいいのかもしれない…。

当ブログ管理人が運営するサイトです。
もくじのもくじ
基本的に、植物(おもにドングリ)の観察日記のページと、写真集(おもに飼い猫)のページがあります。





・メニュー・
プロフへ
ブログリンク集へ
・・・・・・・・・・

2010.11.05
ころも天ぷら→青葉ころも
改名(仮)しました。
呼び方は「ころもさん」が好ましいです。

2012.01.07
個別記事の拍手コメントは、その記事のコメント欄にちゃちゃっと返事することにします。

バロメーター

最近のコメント

+を押すと開きます。

リンク

カレンダー(月別)

06 ≪│2018/07│≫ 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ一覧

WEB拍手(Googleフォーム)


こちらからのメッセージは記事にてのお返事になります。お返事記事は「お返事/私信」カテゴリの中に入れておきますので、ご確認お願いします。
メールアドレスを記入していただければ、メールでのお返事も可能です。
・・・・・・・・・・・・・・・
連絡先:
最終更新:2018/03/22

ブログ内検索

FC2カウンター

ついったー

QRコード

QR

ランキング参加中

バナークリックで応援お願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

にほんブログ村