ホーム 次ページ >

まだ16時間50分もあるじゃないか。

2016年07月08日 23:08

2016/07/08 0:24

ぶるあぁぁぁぁぁぁぁぁっっっ!!!!

ロボミ!!外伝!!!
ギガントアームズが!!!
ドロップしたナウ~~~~!!!

しょっぱなからうるさくてすみません、ですが心より叫ばせてほしい!
とりあえず、イベント期間中は全力(といっても自然回復分のスタミナのすべてという意味なのだが)で走ろうと心に決めて、それを実行していたのではあるが、どうやら今回のギガントアームズは2凸で終わりっぽいなぁとあきらめの境地に至っていた、イベント終了の16時間50分前。
ふらりと入ったダイモンEX救援にて。赤箱よりギガントアームズ!
あきらめモードのさなか、あまりに意表をつかれたため、「んん?? んんん???」と、我が目を疑った。しかし、たしかにギガントアームズなのであった。ドロップするときってだいたいこんな感じ。
これにて、あきらめかけていたギガントアームズ3凸が成った。

そしてもう一方の目玉商品、SSR召喚石ゴッドギガンテス。
こちらの取得状況はどうだったか。
実は、こちらはわりと早い段階で1つドロップしており、HELLもクリアして、2凸までは簡単に進めることができたりしていた。残るはフェローバトル【栄光】から確実に1つ手に入れることができる。ということはわかっていたのだが。
普段のシナリオイベントではフェローバトルはスルーしているため、私にクリアできるのかが不安で、放置していた。イベント期間中に、もう1つドロップしてくれたりしないかなぁなんて思いながら。
だけれども、先に述べた通り、ギガントアームズの3凸がなんとか済み、あとはゴッドギガンテス1つをフェローバトル【栄光】のクリアで手に入れれば、イベントマルチの周回の必要性がなくなるところまできた。きてしまった。
これはもう、フェローバトル【栄光】をやるしかない。
と、神は言っているノデス……。

ということで挑戦。

ちなみにこの時点でAPは尽きていた。
というかむしろ、APBPを消化して、就寝のスタンバイに入っていた。
翌朝には確実にAP40を確保できることはわかっていたけれど、宙ぶらりんのままでは精神的にも苦痛だし、一刻も早くモヤモヤを晴らしてから眠りにつきたいよ!ということで、ええいっと半汁を1本飲んでフェローバトル【栄光】に挑戦。
1戦目で早々に全滅しかけて笑ったが、セイランの回復により、なんとかパーティーの命をつなぐ。なんとか命をつなぐも、パーティーの核になるはずだったセイランが、たしかその1戦目でまさかの脱落をして笑った。以降、予定外の回復役なしという状態で、進めるところまで進む。あとはあんまり覚えてない。攻撃が入らないことはないし、むしろガリガリ削れて、わりとあっさり倒せた印象。まあ、最終戦でエリクシールは飲んだけどな。エリクシールを1本飲めば余裕、といった感じだった。あんまり恐れることはなかった。
そしてこれが、ロボミ外伝イベントのラストバトルとなった。
(……と思ったけど、最終日のデイリーミッション分が残っていることを思い出した。下記の記録は、「フェローバトル【栄光】をクリアした時点でのデータ」ということを注釈しておく。ついでに、カッコ内には最終日のデイリーミッション達成後の、ほんとのほんとの最終データも書いておいた。)

最終成績を記録しておこう。
マルチ討伐数は無論のこと200体オーバーである。(討伐数については称号のカウントが頼りなので、何体討伐したのか、具体的には不明。)

累計貢献度:739万4759(→743万440)
銅章:15枚(→15枚) 銀章:263枚(→268枚) 金章:473枚(→478枚)
戦貨:5840枚(→5864枚)
※カッコ内は最終日のデイリーミッション達成後の、ほんとのほんとの最終データ

人によっては、もっと酷いドロップ率の場合もあるようなので、
「甘いッ!甘いぞッ!!!」
というツッコミが入るデータなのかもしれないが、普段のシナリオイベントとは比べ物にならないほど多く走らされることとなった。
疲れた。(精神的に)

ゲーム プレイ日記 コメント: 0 トラックバック: 0 編集

『黄金を抱いて翔べ』高村薫

2016年07月04日 14:10

2016/07/04 13:14読書メーター用)
失われるものが多すぎた、けれども運命的ともいうべき大泥棒劇。「綿密に計画を練り、実行し、そして功を奏する」というプロセスは、いつだって脳汁ブシャーとなる。中盤までは、そんなふうに計画を詰めてゆく登場人物たちとともに、大冒険の心境を楽しんでいたのだけど。終盤の個人的脳内BGMは『モスクワ郊外の夕べ』。虚無感。/過去に読んだ小説『それでも、警官は微笑う』の感想にひさびさナイスをいただき、『李欧』を思いだし、アンダーグラウンドな世界観に浸りたくなって、後者と同著者の本作に着手した次第。

  ◇◇

以下、時系列。
読み進めるなかで書き溜めたツイート的なものたち。

16/6/8 4:11
地の文がかなり細かく書き込まれている印象。土地勘のある場所なら臨場感も味わえるだろうし、街や建物内部の描写は物語上必要なのだろうと思うが、理解できなくても読み進めるには問題ないので、「なんか、複雑な構造してるねんな」程度の理解にとどめ、テキトーに流すのがポイント。というか、脳が理解することを勝手にやめる(笑)。心理描写的なところだけ注目していくとベターだろうか。
書き込まれたディティールは、著者の特徴ともいうべきもの。といっても、私が高村薫さんの著書を読むのは『李歐』に続きこれが2冊目なのだが。

16/6/8 4:21
関西の朝の情報番組『よ~いドン!』には「となりの人間国宝さん」という、関西のまちをブラブラして「すごい人(=人間国宝さん)」に出会う、というロケのコーナーがあるのですが、その「吹田」の回に、アサヒビール工場周辺なども映っていたのですね。なぜここでこのような話をするのかというと、この小説にも、そのアサヒビール工場が「映り込んで」おり、非常に興奮したということが言いたかったから。アサヒビール工場はそういくつもないはずなので、国宝さんで見た場所とイコールのはず。実際には行ったことも見たこともないけれど、自分のよく知っている土地がフューチャーされたときに似た興奮。だって人間国宝さんで見ていなければ、吹田にアサヒビール工場があることも知らなかったもの。私が世間知らずなだけかしら。そうなのかもしれないけど(笑)。
ちなみに人間国宝さんで取り上げられていたのは、アサヒビール工場から車道を挟んだ向かいにある居酒屋さん。アサヒビールの社員さんも御用達なのだとか。
その居酒屋の店主ご夫婦の甥っ子さんだったかが舞台俳優さんをされていて、俳優仲間を連れて来店したこともあるらしいのだが、その仲間のうちに、満島真之介さん(満島ひかりさんの弟さん)もいたとかなんとかいうお話を聞きました。陽気なおかみさんで、なにやら彼に壁ドンを発注してやってもらったとかどうとか(笑)。
と、まあ、ここまでエピソードを握っていると、なんだか知らない土地のような気がしないから、余計にテンションが上がった次第です。これはひとえに人間国宝さんの功績であります。

16/6/17 22:38
著者の女装男子萌えってあるみたいだな。『李欧』でもあったものな。ただしどちらの場合も、単なる女装ではないのだ。人の目をあざむいたり油断させたりするための、「手段」としての女装。手段のひとつではあるものの、妙に似合ってしまって放たれる色気。周囲は魅力され、効果はてきめん。たしか李欧の場合はその効果を理解した上でしたたかに利用している感があったと記憶している。逆に、今作のモモの、「効果」を的確に自覚しているか不明な感じも、それはそれでいいな。

16/6/27 13:39
私が『黄金を抱いて翔べ』を読んでいる期間中、母がピアノで『モスクワ郊外の夕べ』を弾いていて、本作品の世界観にすっごいマッチするなと思った。
ていうか『モスクワ~』といえばフルメタのソースケがカラオケで、ロシア語で延々歌っていたというエピソードにより知っていた。原作小説を読んでその存在を知ったとき、検索して曲も聴き済みであった。ちょっとした優越感?を覚える。しかしアニメでは、歌うところまでは再現されず、少し残念に思った記憶がある。

2016/07/04 13:14
余談ながら、アニメDTBの世界観が好きな人は、高村薫さんの描く世界観もきっと気に入ると思うのでおすすめしたい。逆もまた然りで、高村薫さんの描く世界観が好きな人は、アニメDTBもきっと気に入るはず。

読書 フォルダその2 コメント: 0 トラックバック: 0 編集

グラブル近況

2016年07月04日 07:53

2016/07/04 更新記事 /その1その2(当記事)
ブログの更新が久々になっちまいやしたな~。


16/6/24 17:14

続いてグラブル。
なんだかちょっとモチベーションが下がり気味? と思っていたところに、四象イベントのデイリーミッション。私は十天衆を具体的に目指しているわけではないけれど、自発救援あわせて20戦でクロム鋼1個ゲットというのは、逃すには惜しいチャンスなのではないかと思い、少なくともデイリーミッションだけは頑張ることに決めた。
※6/30 17:21 追記。「新生」四象イベントを終えた未来の私が言う。デイリーミッションはかなりの苦行であった。救援リストにはびこるEX+。私も、初回クリア報酬である碧空のために各種1度ずつは自発したのだが、集まらない救援。1度ずつ自発することすらも躊躇われるほどであった。むしろ自発してしまって、すまない。。。フレンド様には迷惑をおかけした。。。おかげで、すべてクリアすることができました。ありがとうございます。ということで、追記終了。)

輝き交換については、討滅戦トレジャーとの交換が廃止されているっぽい?よね? 私は今回も討滅戦トレジャーと交換できるものとして計画を立てていたのだけど、狂っちゃったな。つまり、討滅戦トレジャーは討滅戦を回して集めなければならないってことだよね。私が見落としてるだけだったら誰か教えてくだされ……、できることなら輝き交換で済ませてしまいたいんや……(笑)。
※6/30 17:30 追記。でもまあ、今後の四象で討滅戦トレジャーとの交換が復活することはなかろうということで、トレジャーの収集を開始。四象イベントのデイリーミッションは救援のみでこなし、APはコキュートスEXの周回に回すことにしましてん。ただ、ちょうどコキュートスの日程がフルで四象期間に重なっていたにもかかわらず、コキュートスの周回をすることを思い付いたのが、コキュートス期間の2日目だったのが悔しい。。。まあ、どちらにせよ、今回も含めて2クール分の日数が必要であることには違いないか。追記終了。)

  #

新たな武器については、どれを選べばいいものかわからなかったんだけど、とりあえず風剣と交換しました。新たな武器は、最終解放をして初めて攻刃スキルを得るスタイルのようなので、武器と御札はセットと考えたほうがいいみたい。ということで、次の交換の目標は風の御札です。剣のエレメントについては、四象イベントをこなしていれば集まる大地の剣の余剰分とか、過去のシナリオイベントのキノコ剣とブーケ剣の余剰が1本ずつあったりもするので、なにかしら確保できる。とりあえず、レア度低めの大地の剣の余剰分から砕いてみようかな。

あとエレメントが確保できるのは、こないだのシナリオイベント『リペイント・ザ・メモリー』で入手した杖の余剰が1本や、それ以前に四象イベントで手に入るセプティアンバーナーの余剰もあるので、四象新規武器の土杖についても候補に上がる。風剣と御札のセットが確保できたら、次は土杖を狙ってみようかな、とか思ったり思わなかったり。

あ、そっかぁ、楽器についても、ドゥルジイベントの楽器の余剰が1本あったんだったな。。。
選択肢が増えるとむしろ困る!(笑)

※6/30 17:32 追記。やあやあ、未来の私だよ。結果、風剣と御札のセットと、土杖と御札のセットを手に入れました。あとはルピとかデビルエレメントとかで調整しつつ。あまり欲しいとは思わない新規四象武器より、コキュートス周回が大事だということに気がついて以降は四象イベントからは半撤退。というか、ここのところグラブル自体が非常に重いように思うのだけど、原因の所在はどこにあるのだろう。とにかく、モチベーションの低下に激しくつながることは違いない。
でも、次回シナリオイベント『ロボミ』の次回予告だけはワロタ。若本規夫さんの予告ナレーションについては去年も聞いたので耐性ができている。しかし今年はBGMで意表を突かれた。去年あのBGMを聞いただけでも、やっちまったな感はすごかったのに、今年は歌までついちゃった(笑)。しかも歌い手が水木一郎氏っていう、大御所も大御所。。。(笑))

ゲーム プレイ日記 コメント: 0 トラックバック: 0 編集

シャドバス近況

2016年07月04日 07:52

2016/07/04 更新記事 /その1(当記事)/その2
ブログの更新が久々になっちまいやしたな~。


16/6/24 17:14

シャドバスとグラブル近況。

まずはシャドバス。
エミュレータからアカウント連携ができなかったシャドバスが、アップデートにより連携可能となった。これについては過去記事各種にもすでに追記済み。
ちなみに私はGooglePlayゲーマーIDと連携した。
これでアカウントのバックアップは確立されたんじゃね?と思い、なんやかんやで集まった20枚を越えるカードパックチケットのうち、半分の10枚だけ使った。
シャドバスではグラブルでいうレジェフェス的なものはないみたいだし(木村唯人氏のTwitterへの質問へのリプライにてその旨の発言があった)、使わず置いておいてもあまり意味はないとは思うんだが、一気に使いきる器が私にはなかった。ただ、残りのチケットについても近々、後半戦といそしもうとは思っている。
あと、事前登録特典のチケット3枚はどうしようかな、、、ためらっているうちにその存在を忘れて期限を迎えてしまうっていうのも、それはそれで怖いしな。ありそうなことだし。これについても、意識があるうちに回収しておいたほうがいいかも。

※6/30 17:12 追記。たしかもともとは9月いっぱいぐらいまでが受け取り期限だったと記憶しているが、なんか、予想を遥かに越えて、受け取り期間はすでに終了した。ちなみに私は、この記事の初稿?を書いたあとに受け取っていたためセーフでした。なんか、すまない。だけど予告よりもあまりに早く、しかも突然の打ちきりだったため、今後なにか対応もあるんじゃないかなぁと思っている。実際、その旨のお知らせもあったように思うし。ということで、追記終了。)

  #

でね。シャドバスを始めてから、ミッションのうちに「ストーリーモードの1章をプレイ」があったから、そのためにアリサの1章をプレイして以降、バトルモードしかしていなかったのだけど、なんとなくその気になって、ストーリーモードを進めてみようと思ったのである。
とりあえずアリサの章を埋めるぜ~と思い、2章へ入ったところ、シナリオ部分は問題なく進むものの、バトル開始のあたりでフリーズする。何度やってもフリーズする。仕方がないので、じゃあまずは全キャラの1章をそれぞれ埋めていこうじゃないか~と思い、エリカ、イザベル、ローウェン、ルナまでは1章を埋めることに成功。だがしかし、ユリアス1章のバトル開始時にフリーズの事象が発生。前述のアリサ2章で起きたことと同様である。
調べたところ、アリサ2章でフリーズするという書き込みは見つけられなかったのだが、ユリアス(おそらく1章)のバトル開始時にフリーズするという書き込みはいくつか見つけることができた。ちなみにこれは、ブルスタ民に起きている事象のようだ。いまのところはあきらめるしかなさそうである。これが、正規ルートではない悲しさよ。PC版がリリースされたら速攻で埋めてやんよぉ~。

  ◇◇

2016/07/04 7:26 追記
シャドバスのプレイ開始からしばらくは、基本的にランクマッチで戦っていたのだけど、ランクが上がってきたためか、思うように勝てないというか、「そのカード出たら詰みですやん」としか思えないカード(おもにレジェンドカード)を相手がバンバン出すようになって、つまらんすろっと!!(=つまらん+ランスロット)と思い始め、ミッションの具合でどうしても必要な場合でなければ、基本的にはフリーマッチで戦っていこうかな、と思い始めました。
ちなみに現在の私のランクですが、なぜかDランクを突破し、C0ランクで息切れを起こし始めた感じ。Cランク以上は課金勢の魔窟なのかな。
追記終了。

ゲーム プレイ日記 コメント: 0 トラックバック: 0 編集

2016年6月の読書メーター

2016年07月02日 14:04

2016年6月の読書メーター
読んだ本の数:1冊
読んだページ数:281ページ
ナイス数:32ナイス

2016年6月 読メ

続きを読む >

読書 フォルダその2 コメント: 0 トラックバック: 0 編集

2016年6月の鑑賞メーター

2016年07月02日 14:04

2016年6月の鑑賞メーター
観たビデオの数:1本
観た鑑賞時間:93分

2016年6月 鑑メ

続きを読む >

ドラマ/映画 コメント: 0 トラックバック: 0 編集

フラム=グラスの召喚

2016年06月24日 16:16

2016/06/23 16:33

やったぜぇぇ~~!フラム=グラスの召喚に成功したっ!!(@しゃどばす)
あのね、バトルで20勝をした報酬で、ツインプリズナーのグラスちゃんを入手し、これにてフラムとグラスの両者が揃った。こうなったら、二人が合体した姿「フラム=グラス」を召喚してみたいよね!そう、グラブルでも上位星晶獣マルチボスとして君臨している彼女である。

ということで、挑戦。
とはいえ、召喚のための条件がなかなかに厳しい。まず、手札に二人が揃わないことにはなにも始まらない。これが第一条件。今回は、いけそうだったらいこうという軽い気持ちだったため、デッキには1枚ずつしか入れていなかったにも関わらず、ターンを重ねるうちに手札に二人が揃う。これは、フラム=グラスを召喚せよと神が言っているノデス……と思い、方向性は決まる。
なのだが、二人を合体させたら強いことは相手も知っているだろうから、可能な限り、片方(あるいは両方)を削りにかかってくるだろうということはわかっているので、攻撃時までフラムとグラス両者の生存を確保したタイミングを狙うのが超難しい(笑)。わりと紙(低HP)だからな、単体だと。無策では、1ターンも生きていられないだろう。少なくとも片方は。二人のうち一人でも死んだらその時点で計画は失敗だからな。
ちなみに今回は、相手の場にはまだカウントの残っているアミュレットしか出ておらず、こちらには薄いながら守護の壁1枚という状況が出来上がっていた(と思う)。1ターンなら、これで相手にスペル系の切り札的なカードさえなければ生き残れるかと思ったら、いけた。相手のジョブがアミュレット使いのビショップだったというのも、プラスに働いたかと。ちなみにこちらもビショップだったんだけどな。

合体召喚が成功したら、疾走は持っているし、相手のリーダー&フォロワーのすべて(笑)に7ダメージ(笑)だし、爽快感はハンパないんだがな。大爆発的な。グラブルのヨダ爺的な存在だな。違うか。
しかし調整に気が削がれて、というか、終盤までコスト3のフラムとグラスを温存しないといけないので動きに制限がかかるためかもしれないとも思うけど、まあとにかくガチで負けかけて、ほとんどあきらめていたのだが(こちらの残りHP2とかまでいってなかったか…?(笑))、しかし、フラム=グラスを召喚して以降は流れがこちらに。このとき相手からいただいたエモート「素晴らしいですね」は、リアルに嬉しかった。と、いうことで、なんとか勝つことができました。

ただ、気が動転して、音声をミュートにしていたままだったので、音のもろもろは全部聞きそびれた(笑)。
たぶん、くぎゅがなんかしゃべってたんだろうな。。。
もう合体召喚に成功する自信もないし、モチベーションもないヨー。

ゲーム プレイ日記 コメント: 0 トラックバック: 0 編集

ころも宙ぶらりん

2016年06月21日 15:55

当記事は、シャドウバースをAndroidエミュレータBlueStacksでインストールしてみたという内容のこちらの記事の続編となります。


2016/06/21 13:54

アカウント連携に関する続報。
そもそもアカウント連携をしていない状態というのは、そのアカウントが宙ぶらりんな状態というイメージでたぶん合っているはずで、私はリセマラとやらをするつもりはないし、データの安全を期すためにはアカウント連携をしておくべきだという結論に至り、思い切ってアカウント連携をしてみたところ、エラーコード205を吐いた\(^o^)/ これはつまり、どうやらエミュレータではアカウント連携ができないということらしく、どっちにしろ私は、現状ではアカウント連携ができないということが判明。

この「宙ぶらりん」のまま、プレイを開始してもよいものか。と、迷いはしたのだけど、「とりあえずデイリーミッションだけやってみようや」という魔のささやきに秒で屈服し、プレイを開始。デイリーミッションをクリアした後、「キャラそれぞれで1勝ずつやっとこうや」という魔のささやきに、これまた秒で屈服し、7人ともランクマッチで1勝ずつを得る。(正確には、デイリーミッションのためにビショップだけ2勝することになったのだけど。たしか「ビショップかドラゴンで3勝」というミッションが出ていたのだ。私はビショップ2戦を選んだw)
最後のひとり、ヴァンパイアでなかなか勝てなくて困ったけども、何戦かした末になんとか勝てた。自己HPが10になるように調整しつつ、HPが10になったら守護を張って、強力な反撃を開始するのが主な流れなのかな。調整が難しくて、自滅しちゃうんだよな。 難しいから、あんまり使いたくないな。わかりやすいのがいいよ。じゃあ誰がわかりやすいのかと訊かれたら困るけど(笑)。

と、ゲームの内容についてはこの辺にしておいて。
今後、私のアカウントはどのような道をたどることになるのかを考えてみた。ネット上では、「エミュレータでリセマラして、これでオッケーというカードが引けたらスマホにデータ連動して、スマホからアカウント連携すると、リセマラが楽」という話を聞いたが、それができるということは、シャドウバースの正式なPC版がリリースされた際、私のようにエミュレータでプレイしているデータとPC版を連動させ、そこで初めてアカウント連携ができるのではないだろうか。
たぶん、連動に問題はないと思うのだけど、まだ事前登録特典とかは受け取らないでおこうかなと思っている。PC版が正式にリリースされるまでは、万が一、もう一度はじめからになったとしてもかまわないと思える程度に軽く遊んでおこうかな、と。

【2016/06/23 8:55 追記】
現在、BlueStacks2からもアカウント連携が可能になった模様です。
私も無事にアカウント連携をすることができました。
【追記ここまで】

ゲーム プレイ日記 コメント: 0 トラックバック: 0 編集

とんだデマゴーグ

2016年06月21日 15:55

16/6/20 17:01

いろいろと報告せねばならないことができたっ!

物事のきっかけは、やはり、6月17日にリリースされたシャドウバース
堪え性のない私なので、とりあえずダメ元で、アプリのインストールだけでもしてみたいと思い、AndroidエミュレータBlueStacks(以下、ブルスタと表記する)にてインストール。結論から言うと、アプリにアクセスできたし、ユーザー名の登録もできた。まず、タイトル画面にアクセスできて、BGMが聞けただけでも、シャドウバースの世界に一歩踏み込めたようでテンションがあがったものだ。
ユーザー名を登録し、そして、チュートリアルを兼ねたシナリオが始まる。1章ではバトルの説明などがあった。………のだが、ななんと、カードの攻撃力や体力、PPなど、バトルの上で必要不可欠な場所が黒塗りされており、これを解決しないことにはゲームを楽しめないということが判明。とんだデマゴーグだよ!(※デマゴーグ。グラブルのシナリオイベント『届かないほど、近くのあなたへ』のボス・オクシモロン(通称オモシロクン)が使用する技。味方キャラのHPが黒く塗りつぶされ、把握できなくなる状態異常を引き起こす。)

上述の通り、カードの攻撃力や体力、PPなどが不明のなか(笑)、チュートリアルに言われるがままにカードを動かし、1章はなんとかクリアするも、これではいけないということで、いったんアプリを終了。
しかし、ネット上に「シャドウバースはブルスタで動作する」という情報があったことは確かなのだ。ちゃんとプレイできている人がいるのだ。そこで思い当たることがひとつ。ここ数日、エミュレータについて調べていてその存在を知ることとなった「ブルスタ2」。もしかすると、このバージョンアップしたブルスタならば、正常に動作してくれるのではないだろうか、と。
結論から言えば、まったくその通りであり、バトル画面の必要不可欠な部分の黒塗りは解除されて、まともにプレイすることができそうな気配となった。
ちなみにブルスタ2へのバージョンアップについては、無印ブルスタのアンインストールなどはせずに、ブルスタ2をダウンロードしてインストールすれば、無印ブルスタにインストールしていたアプリもそのまま引き継がれた。一番の不安要素であったアスタリアについても問題はなく、これまでのデータにログインすることができた。よかった~。

でね、シャドウバースを「まともにプレイできそう」なところまで持ってくることはできたのだが、今度の心配事は、一度アプリを終了して再び起動するとポップアップ表示される、「アカウント連携のお願い」。これでしょ、噂のアカウントマラソンの元凶って。。。メンテナンスがなされ、いまではもう安全は確保されたのかもしれないが、なんだか怖くてまだアカウント連携はしていない。カードパックも剥いていない。というか、現時点ではアカウント連携をしていないほうがリスクがある状態なのかもしれないけど……。よーわからんすろっと。(※よーわからん+ランスロット=よーわからんすろっと。うん。)
ただ、Google Play ゲーマーIDとやらの取得だけはしてみたのよ。アカウント連携というのは、たぶん、このゲーマーIDと連携するということなんだろうなとは思うのだけど。

あとね、事前登録特典。なにやら特典の受け取りが延期されたみたいだけど、この特典の受け取り方法ってどんなものなのだろうかと。たしかデレステの場合は、事前登録をしていたメールアドレスにシリアルコード的なものが送られてきて、それをデレステで入力すると特典が手に入る、という流れだったと記憶しているが(違うかもしれない)、シャドウバースも同様なのだろうか。
→とかなんとか言っている間に、シャドウバース公式Twitterにお知らせがあった。どうやらこちらも、上記のデレステと同様にシリアルコード入力パターンみたいだ。

  #

※2016/06/21 13:54 続編記事あります。
ブルスタ2からアカウント連携を試してみた結果。→こちら
ほんとはこの記事のこの場所に追記しようと思うぐらい、この記事と密接な内容なんだけど、1記事の文章量の私なりのボーダーを超えてしまったので、別記事として作りました。(1記事MAX3000文字以内を目安にしている。)

  ◇◇

でね、「もしかして、このブルスタ2ならデレステも起動できちゃったりするんじゃね?」と、ふと思い至り、試してみた。結論。アクセスできた\(^o^)/
長期間アクセスしていなかったためと思われるアップデート?はあったものの、以前のデータにログインすることができました。PLvは49だった。そんなもんか。
ただ、現時点ではモチベーションのほうがないので深入りするつもりはなく、とりあえずはアクセスできたよという報告まで。

これまで複数の記事で、ブルスタではデレステにアクセスできなくなったという話をしてきたと思うが、とりあえず拾えるだけの過去記事に、「ブルスタ2では普通にアクセスできる模様」という旨を追記。ブルスタ2へのバージョンアップについても、無印ブルスタのアンインストールなどはせずに、ブルスタ2をダウンロードしてインストールすれば、無印ブルスタにインストールしていたアプリもそのまま引き継がれた、ということも添えておいた。
ブルスタ関連の記事はアクセス数が多いほうなので、それぞれの記事に最新の情報を載せておいたほうがよいかと思ったのだ。
------------------------------------------------------
2016年06月19日 シャドウバースとのこれまで
2016年01月29日 ふしぎのじゅもん
2015年10月30日 冷静になるんだ

とはいえ、いまでも無印ブルスタではデレステにアクセスできないことには変わりないし、そもそもブルスタ2がリリースされたのは2015年12月?とかそれぐらいみたいなので、ブルスタ民がデレステにアクセスできない空白期間が存在したことは間違いないはず。。。

ゲーム プレイ日記 コメント: 0 トラックバック: 0 編集

シャドウバースとのこれまで

2016年06月19日 06:18

16/6/18 17:34

にゃぷーにゃぷー、昨日、スマホアプリ「シャドウバース」がリリースされたみたいですよね。そして、リリース早々、盛大にやらかしたみたいですが。。。
その「やらかし」はともかく。シャドウバース自体は、私は事前登録が開始されたときから注目しており(2015/10/25 事前登録済み)、そして、2015/10/30、シャドウバースのリリースを待てずにハースストーンを開始するほどでしたが(ちなみに私の場合、シャドウバースの情報に触れてから、ハースストーンというゲームの存在を知った。これが私にとって、初めてプレイしたカードゲームである【関連記事】)、しかしそういえば、シャドウバースは「スマホアプリ」なのでした。

どういうことかというと。
デレステ同様、「PCからエミュレータを使ってもプレイできない可能性」に気づくまでは、アプリがリリースさえされれば、当然、私もプレイできると思っていた。時は流れて2016年01月29日、シャドウバースはスマホアプリであり、エミュレータからはアクセスできないアプリも存在することを思い出す。
そう、私は、スマホ持たぬガラケー民。
調べたところ、デレステとは違って、シャドウバースはエミュレータでも動作するという情報は見つけましたが、デレステだって、最初はエミュレータからでもアクセスできたのだもの。それが、ある時からアクセスできないようになってしまったのだもの。エミュレータからのアクセスは正規ルートではないとはいえ、それまでできていたことができなくなったというのは、ちょっとしたトラウマよ。

【2016/06/21 14:53 追記】
BlueStacksのバージョンアップ版「BlueStacks2」ではシャドウバースだけでなく、デレステも普通にプレイできる模様。ただし、シャドウバースのアカウント連携はできない。詳しくはこちらの記事にて。
BlueStacks2へのバージョンアップについては、無印BlueStacksのアンインストールなどはせずに、BlueStacks2をダウンロードしてインストールすれば、無印BlueStacksにインストールしていたアプリもそのまま引き継がれた。
【追記ここまで】

【2016/06/23 8:55 追記】
現在、BlueStacks2からもアカウント連携が可能になった模様です。
私も無事にアカウント連携をすることができました。
【追記ここまで】

  #

以前、シャドウバースの公式Twitterでは、PC版アプリも作られる予定、みたいな情報がツイートされていたと記憶しており、それなら正式なPC版を待つほうが、なにかと確実かなあと思わなくもないという。
ただし、いつになるかはわかったもんじゃないが(笑)。
グラブルの場合は、2ヶ月後とかだったのだろうか?(調べたところ、グラブル自体のリリースが2014年3月10日、Googleアプリ版のリリースが2014年5月15日?)
まあ、たしかに、いつになるかはわかったもんじゃないが、PC版がリリースされる頃にはさすがにサービス自体も安定期に入っているだろうし、そういう意味でも安心かな、とかも思うのだが。

アプリリリース早々、他人のアカウントに連携されてしまう?、そして復旧は困難であり、結果そのアカウントは停止?、という致命的な不具合があったばかりなので、プレイ開始するのがなんだか躊躇われてしまう。少なくとも、もう少し様子を見てからでもいいのかなぁ、とか。
でも、とっても興味を引かれていることには違いないのだけど。
ハースストーンと比べて、絵がバタ臭くなくてかぁいい(かわいい)(@リナリア)、そして美しい、っていうだけでも興味は引かれるです。はい。

新たなアプリって、どれぐらい経てば安定するものなんだろう。この、6月のタイミングでのリリースというのは、運営的には、夏休みには安定期に入って、そこでユーザーを取り込みたいところなのかな。そういえば、夏に大型アップデートがあるとかいう情報も入っていたような。。。となると、再びそこで不安定に? あるいは、その大型アップデートにより安定感が増すのだろうか。
あるいは、そこでPC版のリリースとかしてくれたら僥倖なんだが(笑)。
グラブルの、「スマホ版リリースの2ヶ月後にPC版のリリース」という前例を踏まえると、なくはないのかもしれない…?

………とかなんとか、御託を並べましたが、次の記事を書くときには、すでにエミュレータからシャドウバースのプレイを開始してたりして?(笑)
未来は神のみぞ知る。

今回は、関連記事リンク6件という多さでお送りしました(笑)。
過去にあったできごとが、いままたフューチャーされるべき時がきた。

2016/06/21 16:45 続編記事あります。
案の定、シャドウバースのプレイを開始しました。→こちら

ゲーム プレイ日記 コメント: 0 トラックバック: 0 編集

ホーム 次ページ >

プロフィール

Author:青葉ころも
はじめまして&こんにちわ~!
お気軽にコメントどうぞ^^
なにかございましたら、サイドバー下部のWEB拍手もご利用くださいませ。
連絡先:
2012.04.19 プロフ更新

当ブログ管理人が運営するサイトです。
もくじのもくじ
基本的に、植物(おもにドングリ)の観察日記のページと、写真集(おもに飼い猫)のページがあります。

Twitterボタン



・メニュー・
連絡用記事へ
ブログリンク集へ
プロフへ
・・・・・・・・・・

2010.11.05
ころも天ぷら→青葉ころも
改名(仮)しました。
呼び方は「ころもさん」が好ましいです。

2012.01.07
個別記事の拍手コメントは、その記事のコメント欄にちゃちゃっと返事することにします。

バロメーター

最近のコメント

+を押すと開きます。

リンク

カレンダー(月別)

06 ≪│2016/07│≫ 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

カテゴリ

WEB拍手

こちらからのメッセージは記事にてのお返事になります。お返事記事は「お返事/私信」カテゴリの中に入れておきますので、ご確認お願いします。
メールアドレスを記入していただければ、メールでのお返事も可能です。
・・・・・・・・・・・・・・・
連絡先:
最終更新 2014/08/03

ブログ内検索

FC2カウンター

つなビィ

イラスト(@つなビィ)

ついったー

素敵サイト様・バナー

ジャンルごった煮

あだし野 洞 Spinnwebe. ぼくが死んでも 九佳句(くかく)/天野英

素材お借りしました。
web material * Essence 空に咲く花

QRコード

QR

ランキング参加中

バナークリックで応援お願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

にほんブログ村

QLOOKアクセス解析