ホーム 次ページ >

4年の時を越えて。

2018年04月23日 19:11 | 最終更新日:2018年04月23日


2018/04/22 20:59

あんまり即反応するのは受ける側にとってはなにか圧的なものを感じるかもしれず、
お客さんが引いて逃げる的な意味であんまりよくないと経験上知っているのだが、
知っているのだが、、、
でもほら…、こうして反応したところで、
単に1回ぽっきりのお客さんのパターンだっただけかもしれないしさ…、
ブツブツブツブツ…。

…と思って、一応1日様子を見ての記事投稿なのだが、、、
ほらね、別に反応してもしなくても、
リピーターになってもらえるとは限らないんだーよー。
自分をお客さんの立場に置き換えたってそうじゃないか、おっ面白い記事書く人おりゅ!と思ってそのときは記事を読んでも、RSSリーダーに登録までするかってぇと違うな、ってパターンもあるではないか。あるあるよ~。

++++++++++

なにはともあれ。
アクセス解析を見たところ、
隠蔽捜査タグのページを読んでくださった方が現れたっぽく、

急に伸びてたーーー!!

1記事だけ見て離脱とかじゃない感じをみるに、こう、ね、
なんか、腐ったような思考にも理解のある方なんじゃないかなと少し心ときめきました。
それにしても、なんでこのタイミングなのかなと少しだけ思うけども、もしかしたらドラマから入った方ではなく、小説から入った方がここにヒットした、という可能性もあるな…、うん…、うん…。(←自分の考えを咀嚼?している模様。)

ちなみに、ドラマは2014年放送だったみたい。
ここで、もともと小説で読んでいた時点で気になるキャラだった戸高を演じるヤスケンこと安田顕さんからキラキラッと光を感じて、いろいろと調べることになったのでした。そしてハマっちゃった。人にハマるってすごい楽しいなと思った。
それまで、安田さんの顔も名前も知らなかったし、安田さんがチームナックスのメンバーであることも知らなかったし、そもそも、私が世間知らずなだけかもしれないけども、失礼ながらチームナックスという存在を知らなかったし、大泉洋さんは知っていても、大泉洋さんがチームナックスというグループのメンバーであることも知らなかったのだけど、そのいろいろを知ることとなった。とても楽しかった。

++++++++++

でね。次はその隠蔽捜査関連の記事に関して、ブログ的な話。
タグシステムとか正直ちょっと忘れていたのだが、
そういえば、そんなの設定してた時期とかあったような気がするので、
自分でも久しぶりに、隠蔽捜査タグのページを見てみた。

隠蔽捜査関連の記事については当時、もくじページを作ったりしていたのだが、
隠蔽捜査タグのページの最終更新記事を確認すると、
もくじページへの誘導は特に書いていなかった模様。もったいねーよ!
ということで、いまさらですが、もくじページへの誘導リンクを追記したので、
お知らせしておきます。

隠蔽捜査萌え語り(関連記事の更新情報)
2018/04/22 19:07 追記
隠蔽捜査関連の記事をまとめたページができています。よろしくね。
こちら

でもねぇ、実は、このタイミングでこの話(蔽捜査関連の記事のもくじページに関する話)をすることになるとは、ちょっと驚きなのですよね。それはなーぜーか。(怪人ゾナー。。。自分で書いといてあれだが…、やたら懐かしいな…。(遠い目))
というのも、ここ最近、過去に作ったこまごまとしたサイトを、新しいGoogleサイトに移行させる作業をちょっとしていて、それで隠蔽捜査関連の記事のもくじページについても、新たに新しいGoogleサイト版を作ったところだったのです。
そこへ来て、ブログの隠蔽捜査タグのページにたどり着かれた方がいた。そして、私はこの記事を書くことになった…。ねぇ、不思議ですよね。まあいいけど。
旧版@FC2 / 新版@新しいGoogleサイト)

ちなみにGoogle先生の予告通りであれば、2018年第1半期中に移行ツールがリリースされると思うので、とりあえず、手動でできる範囲内をちょこちょことやっていたわけです。まあ、ちょっとした先走りみたいな? その気になったら走り出しちゃったよ的な。
新しいGoogleサイトは、あと、アンカータグだけ使えるようにしてほしいなというのが、いまのところ一番の願い。特に、私のGoogleサイトの使い方がブログ記事の記事一覧を作ることなので、なおさら欲しい機能。もくじページのトップにカテゴリ項目をずらっと並べて、アンカータグでページ内リンクを貼りたい。おそらく今後、このオプションは作られていくはず‥と信じている…。信じているよGoogle先生…! よろしくお頼み申します。

ドラマ/映画 コメント: 0 トラックバック: 0 編集

修正のお知らせ。

2018年04月21日 19:36 | 最終更新日:2018年04月21日


いかりのかたち
・2018/04/19 「場合ではなかったのだ!」→「場合ではなくなったのだ!」
・2018/04/21 【編集】開閉リストのIDを固有のものにした。(見た目にはわからないから書く必要もないかもしれぬ…。)

うつむーくーそのせーなーかにー
・2018/04/20 【加筆1】(右の小型自動拳銃が初回分。)
・2018/04/20 【加筆2】時間はかかるけど、一応ノーコンでクリアはできるのだ。
・2018/04/21 【編集】開閉リストのIDを固有のものにした。(見た目にはわからないから書く必要もないかもしれぬ…。)

編集記録システム
2018/04/21
・【加筆】→書きました! こちら
・【変更】「・記事に最終更新日時を表示」→「・記事に最終更新日を表示」。
時間まで書いちゃうと、なんかしんどい感じがしたので、日付までにしとこうかなって。
・【加筆】逆に、そのうち面倒くさくなってフェードアウトという可能性もなきにしもあらずだけども…(笑)。とりあえず、やってみよう!

独り言 日々 コメント: 0 トラックバック: 0 編集

getElementById('open_20180421_02')

2018年04月21日 04:44 | 最終更新日:2018年04月21日


2018/04/21 3:18

記事タイトルは不具合じゃないよ(笑)。

前の記事の関連記事です。
前の記事にて、「この記事を記事化するにあたって、この開閉リストのタグ?に関する重要なポイントに気が付いた」と書いたのだが、それは、開閉リストのIDに関すること。
タグというか、スクリプトって感じだけども。そうだな、スクリプトだな。採用。

この開閉リスト。こういうスクリプトで成り立っている。

<div onclick="obj=document.getElementById('open').style; obj.display=(obj.display=='none')?'block':'none';"><a style="cursor:pointer;">▼ 編集記録(クリックで展開)</a></div><div id="open" style="display:none;clear:both;">★</div>

スクリプト内の「getElementById('open')」部分でIDを指定、そのIDを使ってリストを開閉する仕組みなのだが、ブログの同一ページ上(ex.トップページ内とか)に同一IDを使ったリストがある場合、先に書いたリストだけが反応して、次に書いたリストは反応しなくなるということがわかったのである。
つまり、開閉リストを使う場合、そのIDは固有のものにしたほうが無難ということがわかったのだ。これから、このリスト・システムを使っていこうと、いまのところ思っているので、早めに気づけてよかった~。知らない間に、初出以外の大半のリストが動作しない状態になるところだった…!

ということで、IDのルールを作成。
「open_日付(yyyymmdd)_その日のn件目の記事(n)」
なので、この記事に編集記録リストを作るとしたら、
2018年04月21日の2件目の記事なので、
「open_20180421_02」となる感じ。nは2桁のゼロパディングな感じで。
ゼロパディング~~~!(覚えた言葉を使いたくなる小学生のノリ)

さらに、同一記事内で複数の開閉リストを使いたくなった場合は、基本のIDのルールに、そのリストがその記事内で何個目かの数値をプラス。
これで、同一ページ内でIDが被ってスクリプトが動作不能になる、という状況は生まれなくなる…と思う…のだが…。そーうだったらいいのにな、そーうだったらいいのにな♪

▼ (クリックで展開)

▼ (クリックで展開)

▼ (クリックで展開)

▼ (クリックで展開)

でもガラケー民には優しくないから、本文中にはあんまり使わないでおこうかな…?
書いた自分が読めないのは悲しいもんな…。

++++++++++

※1:このスクリプトの文字列を書くにあたって、こちらのエンコードフォームを利用させてもらった。とても便利なものを見つけた。光の速さでブックマーク。これで、タグの文字列化も怖くないやい!…まあ、あんまりそういう機会もないけども…(笑)。

※2:ちなみに、スクリプトの原型は、こちらのページから頂いた。
「※ただし同じページの他のid属性と被らないように注意してください」の意味が、ようやくわかった。なんか書いてあるなとは思ったけど、まさか、個別ページ外にも影響を及ぼす(トップページ内でIDが被ってるパターンもNG)とは、夢にも思うまいよ…。

独り言 日々 コメント: 0 トラックバック: 0 編集

編集記録システム

2018年04月21日 03:08 | 最終更新日:2018年04月21日


▼ 編集記録(クリックで展開)




2018/04/20 0:25

ブログのシステムの改革。
記事を編集したときは、その記事のトップに
「編集記録」という折りたたみリストを設けることにしました。

↓こんな感じ。↓
▼ 編集記録(クリックで展開)

↓さっそく、最近投稿した記事「いかりのかたち」でも使ってみたよ。↓
▼ 編集記録(クリックで展開)

※この記事を記事化するにあたって、
この開閉リストのタグ?に関する重要なポイントに気が付いたのだが、
ここで書くと流れが途切れることになるので、次の記事にでも書きます!
→書きました! こちら

   +

ここに至る経緯。
グラブルにコナン大明神が降臨するにあたって、いろいろ記事を書いたのですが、
新たな情報が入ったり、書きたいことができたり、
細々とした編集を行う機会が多くあったのです。
そこで、追記情報を記事のトップに書いていくシステムがいい感じだと思って、
やり始めたのでした。(こんなゲームには負けない予定。

で、追記情報のリストを書くのはいいことだと思ったのだけども、
1度の更新で着地できない私の性質も相まって、編集情報は積み重なり、
なんかずらずら並ぶし、なんか記事内容のネタバレっぽくなるし、
このリストを折りたたみリストに収納できたら理想的じゃね?と思って調べたら、
HTMLだけでできるものがあったので採用することにしました。あんた採用!

どうやらガラケーでは動作しないっぽいけど(リスト内部が見れない)、
まぁ、今の時代ガラケー民のほうが絶滅危惧種なわけだし、
そもそも編集情報に関しては、本文さえ見ることができれば、
どこが編集されたかどうかはあまり関係ないわけだし、
ノープローブレーム、だな。

あと、「編集情報のお知らせ」の記事は、緊急性がない限り、
編集情報が5個ぐらい集まったら出すことにしようかな~。
私のことやから、すぐ集まるやろけどな。
逆に、そのうち面倒くさくなってフェードアウトという可能性もなきにしもあらずだけども…(笑)。とりあえず、やってみよう!

  +

あとになって気付いたことなのだが、
タグ内、リスト1行目に入る前に行を変えると空白の行ができることがわかったので、
紅白のコウ」「「私だ。」「お前だったのか。」
このあたりの記事にも使ってみたのだけど、
リスト1行目は改行なしに修正しておきました。
ううん、説明が難しい。

まあ、<b></b>みたいなもんだということだな。

<b>
・こう書けば、(リスト1行目)
・行が変わっちゃうわな。(リスト2行目)
</b>

なので、

<b>・こう書くわけだ。(リスト1行目)
・リスト2行目。</b>

わりとどうでもいい。

++++++++++

・記事に最終更新日を表示
あ、もうひとつ、お気づきの方もおられるかもしれませんが、
記事の公開日時のとなりに、最終更新日を表示するようにしてみました。
時間まで書いちゃうと、なんかしんどい感じがしたので、日付までにしとこうかなって。
記事のトップのことなので、否が応でも目に入るような気もするのですが、
いちおう明記しておく。たぶんPC版のみ?

・サイドバーの「→連絡用記事へ」の項目を削除。
なんかずっとサイドバーにあったんですけど、利用されることなく終了。
「連絡用記事」のリンク先を見たところ、2012年5月20日に設置した模様。
6年ぐらい、このままやったんやな…(笑)。
せっかくGoogleフォームを使ったWEB拍手も作ったのに、機能の分散もよくないしな。

ちなみに、「連絡用記事」にグリムスについて触れてあったのですが、
グリムス‥わりと最近、サービス終了しちゃった模様ですよね…。
楽しませていただいていました。ありがとうございました。

・あと、プロフィールページも…、
新しいやつ書いたほうがいいような気がする。
いまのプロフィールページはそのまま置いといて、新しく書く方針で。
現状、いろいろ違うもんな。

それをいうならリンクページもな…、
ほとんど更新停止中だったり閉鎖してたりだもんな…。時が止まっとるよ…。

独り言 日々 コメント: 0 トラックバック: 0 編集

うつむーくーそのせーなーかにー

2018年04月20日 17:12 | 最終更新日:2018年04月22日


▼ 編集記録(クリックで展開)




2018/04/20 15:57

あああ~グラブルくんが~心を~惑わしてくる~~~。

どうも、ころもだよ。
グラブル×劇場版コナンのコラボ、必要素材数を日割り計算して日々ちまちま進めていたところ、昨日だったか、マルチで3回ぐらい小型自動拳銃がドロップしまして。
しかし、もうその時点で小型自動拳銃は1つ最終上限解放済みであり、さらには余剰を1個拾っている状況で、もういらないんだ安室さん…!欲しいのはどっちかというとコナン君のシューズなんだ…!と思いつつ、本日最終日を迎えて、ある可能性に気づく。

小型自動拳銃、最終上限解放2つ目できるんじゃね?
必要ないけど。

そして、迷いに迷った結果、急ごしらえで計画を立て直す。
もうここから周回はしたくないので、もともと取得予定だったダマスカス2~3個目を犠牲に(取得せず)、小型自動拳銃2本目を最終上限解放する方針にシフト。
小型自動拳銃の余剰分4つを凸り、さーてあとは最終上限解放やでーと、上限解放のページを見たところで、メガネが7個足りないことに気づく。急ごしらえよくない。
やべぇ、これをここから周回して集めるのは地味に面倒だぜ、ということで、「先発MANIAC」でHELLを呼び出し、Lv120HELLを2回倒してメガネ6個確保。マルチも適当に入ってたら1個拾えまして、なんとかメガネ30個を集めることに成功。

ここからちょっと余談。
ちなみに、普段はLv60HELLを周回していたのだけど、今回に限っては精神的苦痛云々言っている場合ではないし、むしろ、HELLを出現させるためにEX+なりEXなりを周回するほうがよっぽど苦痛が激しすぎると判断し、Lv120HELLで一気に仕留めることにした。時間はかかるけど、一応ノーコンでクリアはできるのだ。
あと、MANIACについては、後発のほうは、倒せることは倒せたけど精神的苦痛が激しめだったので、初回クリア(と、その次、苦痛の感覚の確認のために1回)だけして、あとはノータッチ。先発のほうなら精神的苦痛もさほどなくクリアできることがわかったので、こっちは基本的に毎日クリアしていた。
余談ここまで。

話を戻しまして。
さっそく、小型自動拳銃2つ目を最終上限解放。

結果…。



コナン君を守る安室さんみたいで萌えへんか?

このネタができたから、よしとする…。よしとするやで…。
ちょうど、先に拾ったのが小型自動拳銃のほうだったので、キック力増強シューズが間に挟まる感じになったのであった。(右の小型自動拳銃が初回分。)

   +

昨日、にわかにスリー・ドロップがなければ、武器としては「小型自動拳銃・最終上限解放1つ、キック力増強シューズ・最終上限解放1つ、余剰の小型自動拳銃1つ」で、あとは計画通りのトレジャー交換をして、波風立たずに終われたところだったのだが、波風立たせてくれるのがこのグラブルくんである。
よく考えると、コラボイベントのときはいつもそうだ。「あとちょっとやると、コラボ武器の最終上限解放2本目を作れる」という状況にいつもなってて、迷った挙げ句、いつもコラボ武器の最終上限解放の2本目を作っちゃってるという、グラブルくんの手のひらの上で踊る ころもさんなのであった。とうらぶの三日月さんも2本、進撃の巨人のスナップブレードも2本。さくらちゃんの杖は1本で終えたけども。これは「あとちょっとやると、コラボ武器の最終上限解放2本目を作れる」という状況にならなかっただけで、深い意味はない…と思う。武器の能力的に、三日月さん及びスナップブレードよりは重要度が低いと思ったような気はするが。

あれだな、トレジャー交換にて「ダマスカス3、ガチャチケ3、玉鋼」、このセットを狙うと、こういう状況になりやすいのかもしれない。周回の回数とか、なんかそういうバランス的なあれで。ダマスカスと玉鋼の素材分をカットしたら、当然周回数も減るだろうし、コラボ武器の最終上限解放1本ずつで、綺麗に終われるのかもしれない。ガチャチケをカットするのは惜しい気がするから、どちらにせよカットしない。
なんかね、玉鋼は使う機会もそれほどないのに27個もあるし(今回のコナンイベントで27個になった)、ダマスカスに至っては使ったことないけどいつも確保していて、なんか100個越えてたし(今回のイベントで103個になった)、これらはしばらく集めなくていいかもしれないなと思った。

++++++++++

あっ、そういえば、今日は4月20日の金曜日!
金曜ロードショーにて、から紅の恋歌!
楽しみやで~~!

ゲーム プレイ日記 コメント: 0 トラックバック: 0 編集

心の問題は日にち薬

2018年04月19日 23:39 | 最終更新日:2018年04月19日


前の記事からスタートした、お蔵入りした記事を記事化する計画。
第2弾にして最終回。いまのところね。

ちなみに、記事のなかで、あることについて「気になる気になる」言ってるのですが、
時を置いたことで、いまのところ、そこまでの「気になる」ではなくなっている模様。
やはり心の問題は日にち薬ですな。

それではいってみよ~!




18/2/28 18:39

一人称について、ふと考えていた。
長じて一人称に悩む経験がある人は、
物心ついたとき、一人称が「自分の名前」だった人なのではないか、
そしてこれは、男女ともに言えることなのではないか、と。

女子の場合、もともと「私」「うち」と言っていたなら、
長じてもそのままでいいと思うし、
男子の場合でも、「僕」「俺」と言っていたなら、
長じてもそのままでいいように思うからである。

もちろん成長するにつれて、普段使いと、
かしこまった状況との使い分けなどはするようになると思うけど、
それはまた別の話。いまは普段使いの話である。

++++++++++

「長じて一人称に悩む経験がある人は、物心ついたとき、
一人称が「自分の名前」だった人なのではないか」という、
このテーマでブログを書いたこと、あったかどうか定かではないのだけど、
これが今回の話題。

かくいう私がまさにそのパターンであり、
物心ついたときには一人称は自分の名前だった。
つまり、ころもころも言っていたわけである。

小学生の間はそれで通していたのだが
(いま思えば高学年あたりでは痛かったのかもしれないが、
まあ、基本、仲良い子としか関わらなかったので、
痛さを自覚することはあまりなかった)、

中学生になって、さすがに自分の名前が一人称なのは幼すぎるかなぁと思い、
かといって急に「私」に切り替えるのも、自分のなかで恥ずかしく、
極力一人称を回避していくスタンスをとっていた、と思う。
記憶があいまいなのだけども。

  +

そして公の場では変わらず一人称を回避しつつ、
身内のなかで「おれ」と言い始めて、いまに至っている感じ。
以前、私のリアルでの一人称が「おれ」という話をして
意外に思われたことがあった気がするが、
一人称「自分の名前」と同じ感覚で言える一人称が「おれ」だったということである。

代表的な一人称「私」は女子感が強いのかなんなのか、
どうも口にするのが恥ずかしい。
もちろん、かしこまった状況なら意識してこれを使うことになるだろうけど、
感覚的に、普段使いはしづらいものがある。
慣れの問題かもしれないが、使おうとしないので慣れもしないっていう。
とはいえブログなどネット上で使うようになって、
これでも多少はアレルギー反応?が薄れた気がしないでもないけど。

同様に「うち」もしっくりこない。
かといって、もはや「自分の名前」には戻れない。
そんなジレンマに陥った結果、たどり着いたのが一人称「おれ」なのだ。
たしか、中学の同級生(言わずもがな女子。女子校だったんでな)に
一人称「おれ」の人がいて、これなら自分の感覚的にもアリかもしれないと思い、
それをいただいた感がある。
ころも、おれを習得する、の巻き、である。(@ちびまる子サブタイトル風)

いま思えば、もうひとつ。
一人称を切り替えるタイミングとしてちょうどいい転機だったのかもしれないが、
小学校中学年のときぐらいに、一人称が自分の名前だった友達が
「うち」と言い出したことがあって、初めはしっくりこなかったけど、
そのうち慣れた気がする。だが、自分も変えようとは微塵も思わなかった記憶がある。
思いがけずよみがえった記憶。

  +

ここまで長々と書いてなにが言いたいのか。
それは、女子で一人称「おれ」(だったことがある)の人は、
一人称「自分の名前」を経由しているのではないか、
男子でも一人称で悩んだことがある人は、
一人称「自分の名前」を経由しているのではないか、
わたし、気になります!
ということ。
ころも、気になる!

いま、知り合いブロガーさんに、
「ねーねー、もしかして、昔、一人称、自分の名前だったりした?」
と聞いて回りたい気持ちがすごいのですが、
普段音信不通のくせに、いきなり現れて、そんな質問を投げ掛けたら、
引かれたりするのではないかと思ったので、とりあえず、自分のブログに書いてみた。
そして、横目で全力のチラ見をすることにします。チラッ、チラッ<●><●>

そもそも、こういう話をすでにしたことがあったような気がしなくもないのだが、
すまない、まったく、なにも思い出せないんだ…。
で、過去に話したような気がすることを改めて聞くのも失礼な気がするしな…。

++++++++++

ああ。本題から離れるけれども、一人称に関連して思い出したのが、親の呼び方な。
これについては、一人称が自分の名前っていうのと
セットになってるんじゃないかと思うレベルですが、
そう、私はお察しの通りママパパ呼びであります。
これに関してはいまもだな。父はそもそもあまり呼ばぬが。

前述の通り、もともとママ呼びだったのだけど、ここ数年ぐらい?、
ママ呼びが幼いと思ってお母ちゃん呼びに切り替えていたのだが、
本人からママ呼びをリクエスト?されたので、最近またママ呼びに戻した経緯あり。
ドラマ『過保護のカホコ』を見て、大人女子?のママ呼びも
アリだなと思ったというのもある。

独り言 日々 コメント: 0 トラックバック: 0 編集

いかりのかたち

2018年04月19日 22:02 | 最終更新日:2018年04月21日


▼ 編集記録(クリックで展開)




2月末から3月にかけて、いろいろあって(※)、
ケータイメールで下書きまで書いてたけど記事化には至らず
ぶっ飛んだ(お蔵入りした)記事を記事化する計画。
計画つっても2記事なのだが。このへんですっきりさせておこう!
※いろいろあって:もくじページの「2018年 ひとりごと(お知らせとか?)その1」の項目をみると、流れがわかる。ページ内検索で見つけてみてね。

~流れを簡単にまとめる~
・2月27日、このブログの10周年を迎える。
・その数日後、ずっとチェックしていなかったWEB拍手のメッセージを
 ふと確認したところ、1年前にメッセージをいただいていたことに気づく。
・さらに、2年前にもメッセージをいただいていたことに気づく。(WEB拍手)
・3月4日。WEB拍手の流れにはまったく関係ないのだが、
 個人的に、私の、ほとんど未使用のLINEアカウントが乗っ取られる。
・WEB拍手の話に戻りまして。
 WEB拍手は通知機能がないからあかん、Googleフォームに通知機能つけよう、
 ということで、ころもさん、人生初のjavaScript
 (というか、GoogleAppScriptだけども)を使ったプログラミングに着手。

ね! なんかいろいろあってブログ記事など書いてる場合ではなかったのだ。
いや、書いてたけど。ブログ記事、結構書いてたけど!
でもそれはWEB拍手関連の話であって、
それ以外の話をしている場合ではなくなったのだ!

ではさっそくいってみよ~!




18/2/27 2:55

タイトルは軽くミスリードを誘ってみた感。いや、誘えてるのか?(笑)
詩的に「怒りのかたち」、じゃなくて、シンプルに錨。錨の形。

というのも、ブログの目次ページを作る関係で、
年始からの過去記事を見返していると、
コウくん(コウ)がもふもふベッドで体勢を変えまくるという記事において、
もふもふベッドの下に敷かれたメッシュマットが写り込んでおり
(冬用ベッドの下に夏用ベッドを敷くことで、夏までになくさなくて済むし、
冬だから厚さが増すに越したことはないし。)、

錨マークの一部が見えているのだけど、
この一部は錨マークをどのように構成している一部なのだろうと、
考えても脳内補完することができず、
写真を撮り記事を書いたはずの自分が気になってしまい、
わざわざもふもふベッドをめくりあげて、錨マークを写真に収めました、
という記事であります、この記事は。


こうなってたわ。

なんかね、モデルチェンジでもあったのかな、「ボーダー ベッド 猫」で検索したら、
マルカンっていうところのそれっぽい品がヒットしたのだけど、
うちのと同じデザインは見つけられなかったの。
なので、もふもふベッドをめくりあげて写真を撮りました。
あれ、普通は先にもふもふベッドをめくりあげるのが先か?(笑)

せっかく撮ったので、過去記事のほうにも写真を追加しておきました。

我が家の猫・コウ コメント: 0 トラックバック: 0 編集

修正のお知らせ。

2018年04月11日 22:16 | 最終更新日:2018年04月11日


元の記事:「10年弱、ずっといた。

「忘れようにも忘れられない」→「忘れられない」に修正。
「忘れようにも」というと、忘れようとしているみたいな感じになるなと思い。

独り言 日々 コメント: 0 トラックバック: 0 編集

そうそうあることではないけど、よくあること。

2018年04月11日 12:49 | 最終更新日:2018年04月11日


18/4/10 3:00

過去記事「10年弱、ずっといた。」に関連した記事です。
今回、前回のあらすじ的なものは書いていないので、
先に過去記事のほうに目を通すほうがベターなのかもしれない。
とっても楽しいコナン祭りのさなかにまったく違う話題(闇深し)を
ぶちこんでいくあまのじゃくっぷり、お許しください! 私そういうとこあるねん!

いずれ触れたいと思っているけども(「思っている」のは本当なのだ…)、
グラブルのコナンコラボのシナリオ前半を体験して一言、
がっつり力が入っていてオイラ大満足!とだけ書いておく。
グラブル側において、コラボイベントのノウハウも完成しつつある
このタイミングであるからして、イベントとしての安定感もある。
14日のシナリオ更新が楽しみ。それぐらい楽しいというのが私の感想である。
素材集め、コツコツ進めましょう! ヤーハ―!

では以下本文。




私の人生に絡みがちな数字、2と7。そして27。である。
ブログで書いたことがあったかなかったか…、父の誕生日も2月7日だったりする。
7月2日生まれの人とは人生これまでにない大破局でしょ。
5と9も絡みがちなんだな。私が5月9日生まれ、猫のコウに出会ったのが9月5日。

「7月2日生まれの人とは人生これまでにない大破局」の部分の話。
これまでの私の人間関係全般がそもそも希薄‥というか、
関わりが限定的だったということもあるかもしれないけど、
でも一般的に見てもそうそうあることではないと思う出来事。
怒りとか悲しみとか、無駄な‥というか負の精神的消費が大きすぎる人付き合いは
してはいけないと、人生における大きな教訓を得た。
でも、ドラマ『きみが心に棲みついた』で八木さんが言ってた台詞
「相手がクズでもな、そのクズに救われることもあんねん」
これはもうほんと、心にズキュンだった。ヘッドバンギング級にうなずきたくなった。

余談。
ヘッドバンキングだと思ってたけど、調べたらヘッドバンギングだった。
「ヘッドバンキング」で検索したら、
「ヘッドバンギングの誤記。頭を銀行に預けてどうする。」
って出てきて笑った。ほんとに出てきた。はてなキーワードのページ。
余談終了。

いや、んー、クズっていう言葉が適切かはともかく、
のちに大破局するような相手であれ、一時は「自分が必要とされてる」と感じることで
救われていたことは間違いないというなんかあれ。
ドラマ「きみ棲み」は、自分と重ねる部分が多いドラマだった。
主人公がストーカー扱いされるあたりとかも、
ちょうど私もそのような時期だったので(現在は解決済み)、逆に感心した(?)。
キーワードがシンクロすりゅ~。
なんというか、このタイミングでそのようなドラマを
見ることになるのも、運命的なものを感じた。

というか、ドラマになるぐらいだし、大なり小なり、
これに似たことはよくあるのかもしれない。…と書くと、
冒頭で書いた「でも一般的に見てもそうそうあることではないと思う出来事。」
という文と、矛盾が生じるような気がした。
いや、「一般的に見ても個人的にはそうそうあることではないけど、
世間一般に目を向ければよくあること。」
そういうこともあるさ。

++++++++++

運命的ついでにもうひとつ。
ちょっと話がわきにそれるかもしれないけど、
もうひとり、2月7日生まれが現れちゃっていたのである。
おさらいをすると、2月7日生まれ→私の父、7月2日生まれ→大破局、
ここまではすでに明らかにした部分。
それぞれ、月と日の数字が逆の関係の日付なわけです。

そしてもうひとり現れた2月7日生まれ、
私が心のなか(および母との間)で「むかいり」と呼んでいる人物、
向井理さんである…。理科の理だからね。
この人が、上記に出てきた「八木さん」の台詞に出てきた
「クズ」を演じていたわけです。

なぜ私が向井さんの誕生日を知っていたのか。
それはたぶん、過去にヤフーニュースで向井さんの結婚の記事を見たとき、
記事末にプロフィールが載っていて、誕生日を目にすることとなり、
父と同じ誕生日だったことから印象に残り、今回、誕生日に絡む記事を書くことで、
そういえばむかいりって2月7日生まれじゃなかったっけと思いだし、
確認するとやっぱりそうだった、という流れ。
ドラマを見ている時点では、記憶は水底に沈んでいて、
そこまで意識はしていなかったのだけど。

ちなみに私のなかでは、浦ちゃん‥というか桐谷健太さん目当てで
見始めたところがあったのだけど、最終的にはむかいりが持っていった感があった。
私の心に棲みついちゃったのも、最終的には星名さん(クズ)なのであった。

  +

余談の余談ながら、あだ名シリーズ。
斎藤工さんのことは、心のなかおよび母との間で「さいとうく」と呼んでいる。
工藤のく。

というか斎藤工さんはいま巻き込み事故にあった感がすごい。
別に話題にしてたわけでもないのになんかすみませんいきなり引き合いに出して(笑)。
いや、私のなかでは「むかいり」と「さいとうく」のふたりが
同じあだ名ラインでセットなものですから、どうしてもねじ込みたかった…(笑)。

ドラマ/映画 コメント: 0 トラックバック: 0 編集

追記のお知らせ。

2018年04月10日 17:54 | 最終更新日:2018年04月10日


元の記事:特番も…チェックしてやる…!(駆逐してやる!のノリ)

4月11日(水)NTV「NEWS ZERO」青山剛昌特集。
いらないかなと思ったんだけど、一応書いとく!

アニメ・マンガ 名探偵コナン コメント: 0 トラックバック: 0 編集

ホーム 次ページ >

プロフィール

Author:青葉ころも
はじめまして&こんにちわ~!
お気軽にコメントどうぞ^^
なにかございましたら、サイドバー下部のWEB拍手もご利用くださいませ。
連絡先:
2012.04.19 プロフ更新

ブログ記事の目次ページ。
2018-03-04 更新。
というか、随時更新。わりとやってるんやで。
↓のサイトは完全に止まってるけどな。
↑の目次ページにどうにか吸収させることを考えてみたらいいのかもしれない…。

当ブログ管理人が運営するサイトです。
もくじのもくじ
基本的に、植物(おもにドングリ)の観察日記のページと、写真集(おもに飼い猫)のページがあります。





・メニュー・
プロフへ
ブログリンク集へ
・・・・・・・・・・

2010.11.05
ころも天ぷら→青葉ころも
改名(仮)しました。
呼び方は「ころもさん」が好ましいです。

2012.01.07
個別記事の拍手コメントは、その記事のコメント欄にちゃちゃっと返事することにします。

バロメーター

最近のコメント

+を押すと開きます。

リンク

カレンダー(月別)

03 ≪│2018/04│≫ 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

カテゴリ一覧

WEB拍手(Googleフォーム)


こちらからのメッセージは記事にてのお返事になります。お返事記事は「お返事/私信」カテゴリの中に入れておきますので、ご確認お願いします。
メールアドレスを記入していただければ、メールでのお返事も可能です。
・・・・・・・・・・・・・・・
連絡先:
最終更新:2018/03/22

ブログ内検索

FC2カウンター

ついったー

QRコード

QR

ランキング参加中

バナークリックで応援お願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

にほんブログ村