ホーム 次ページ >

携帯の限界

2014年04月04日 23:58

Googleカレンダーを携帯から更新する際、厳密にいうと、残り3255バイトになると文章が途切れるみたい。これはGoogleカレンダーが原因ではなくて、携帯の処理能力の限界がそこだということのようだ。同様に、FC2ブログの携帯からの更新でもボーダーがあるなとは思っていたけど、それも携帯の処理能力の限界だっただけのようだ。なんか、誤解してたかもしれない。ごめん。

話を戻して。
だから、Googleカレンダーは今後も携帯から更新することが多いとは思うが、その際は、残り3500バイト以下になっていないか確認するように気を付けよう。ボーダーは残3500バイト。
まあ、残り3500バイトということは、3000文字以上書いていることになるから、そんなことは私でもなかなかないとは思うが、加筆に加筆を重ねたりする場合は要注意。一気に3000文字を書くことはあまりないだろうけど、1000文字を3回重ねたとしたら、あり得ない話ではないものね。
実際、ある記事において話が大いに脱線した結果、ボーダーを越えたみたい。実質2記事分の内容を、1記事に書いたようなもんだったしね。
ボーダー越えは今回がおそらく初めてで、その初回で気がつけて不幸中の幸い。更新ボタンを押す前に気がついたから、データは守られた。

独り言 日々(2014年) コメント: 0 トラックバック: 0 編集

FOMAカード差し替え

2014年04月02日 18:34

3/28のTwitterにて、「携帯の十字キー(下)が、度重なる親指の圧力に耐えかねて、えぐれきってしまい、反応しなくなるという事案が発生。水の一滴、岩をも砕く。」「だいぶ前からえぐれてはいたのだが、ついには本当にご臨終したかもしれない。この携帯、しばしストライキを起こすも、放置すれば機嫌を直すのがこれまでのお約束だったのだが、10時間近く放置しても無反応。」「十字キー(下)以外は健在なのだが、しかし、十字キー(下)がいかに重要な存在であったということか……。大事なモノはいつだって、失くしてから気づくよ~♪ メールすら打てぬ。ああ十字キー(下)、十字キー(下)……。」というツイートをしたのだが、その後日談。

続きを読む >

独り言 日々(2014年) コメント: 0 トラックバック: 0 編集

その② 迷曲・安田国歌

2014年03月31日 17:53

前へ ● 先頭記事へ

この曲(安田国歌)を聞いてから、脳内BGMがイントロの「ちゃっちゃっちゃらちゃっちゃ、ちゃっちゃっちゃっ♪」になりがちです。(何事にも洗脳されやすすぎる私)(いや、中毒歌の中毒性が高すぎるだけなんだっ!!(笑))
さて本編。

続きを読む >

ドラマ/映画 コメント: 2 トラックバック: 0 編集

その① 萌えの詰め合わせ

2014年03月31日 17:40

この記事に関する衝撃の事実が発覚したので加筆報告。

ところで今回は、3/29あたりに見たナックス関連動画に関する感想たち。
なんか、夢中で書いてたら、文字の海ができててちょっと気持ち悪かった(笑)。
気がついてなかったけど、かなりの数を見ていたのかもしれない。
記憶だけを頼りに思いだした順。

続きを読む >

ドラマ/映画 コメント: 0 トラックバック: 0 編集

隠蔽捜査萌え語り(関連記事の更新情報)

2014年03月31日 03:51

ここのところ「ヤスケン!ヤスケン!」でしたが、一旦それは置いといて、中の人(?)である俳優さんについては、なにも知らなかったころの、純粋に、ドラマ隠蔽捜査についての語りを引っ張りだしてみる。一気にまとめてUPする。
(ただ、記事化に際して、中の人の知識ありの状態の私が加筆したりもしてるけど、まあ、基本的には俳優情報なしの私が書いた文章です)

戸高を「難しい犬」に例えて、それを飼い慣らす云々とか書いてて、それってそのまま、中の人であるヤスケンさんに置き換えることもできるよね、むしろ戸高と、ヤスケンの素って似てるんじゃないかな、なんてことを思ったりした。無駄口は叩かない、意志の強い難しい犬を飼い慣らす萌え。そんな自分を懸命に隠そうとして道化ける安田氏を飼い慣らす萌え。どうもこの人は、嗜虐心を刺激する。
……安田さんの場合、無駄口を叩かないのは基本的に素面の時のようだけど、でも表面的にはそういう根暗で抑えがちな質だからこそ、酔っ払ったときに箍が外れて本性が溢れかえったようになるんだろうな。それこそ人が変わったように、陽気に喋り倒す。完全な陽性。この人はやはり、振れ幅が大きいタイプとみた。それが俳優としての幅を広げてもいるのかもしれないな。

では目次。
・戸畠の可能性について(短いです)→こちら
・戸高の、竜崎に対するキラキラなソンケーのマナザシ萌え→こちら
・いじめないでくださいよ萌え(今更ながら、戸高弟分キャラ説に気づく)→こちら
・本日もキュン死にの種をまく男、竜崎伸也(46)……(笑)→こちら
・本日もキュン死にの種をまく男、戸高善信(39)……(笑)→こちら

そう、戸高弟分キャラ説、これは完全に安田氏のキャラを知らないうちに書いた文章なのですが、私は本人からにじみ出るなにかを感じ取ったのでしょうか(笑)。「戸高」には少なからずそういう、はねっかえりでありながらも人の懐に入り込むようなところがあるだけなのかもしれないけど、安田氏にとって、ものすごくハマり役だと思います。むしろ、現実で、お調子者いじられ弟分キャラであることが発覚し、腑に落ちた。

目次には竜崎萌え記事もあるんだけど、この記事としては今回も結局、
「ヤスケン!ヤスケン!」な仕上がりになってしまった(笑)。

ドラマ/映画 コメント: 0 トラックバック: 0 編集

その⑤ ラブマイバディ~~♪

2014年03月28日 06:04

前へ ● 先頭記事へ

あかん、マッスルブラザーズのハッスルマッスルブギがずっと脳内でエンドレス。
ヤスケンの無駄にいい笑顔と無駄にいい声の相乗効果がたまりませんですハイ…(笑)、ずっと聞いていられるし、中毒性もすごい。あはは~~ん♪♪
(万が一、検索してみようと思った方に忠告。黄色の海パン一丁の人が非常に清々しくしている動画なので、びっくりしないようにしてください(笑))
@5:51(3/28)

ちなみに、ドラマめいたもののED曲のようです。
‥っていうかチームナックス制作のドラマのED曲のようです。

ドラマ/映画 コメント: 0 トラックバック: 0 編集

その④ すでに出会ってた。

2014年03月28日 06:00

前へ ● 先頭記事へ

私はこの人を隠蔽捜査で初めて知ったけど、しかし『功名が辻』の宇喜多秀家だとか(そう言われても記憶にはない)、『泣くな、はらちゃん』に1回だけ出てきたゲストキャラのロックなお父さんで、すでに出会っていたみたい。
「功名が辻」は、私がこれまで大河ドラマで唯一完走したことのある作品だから、知らず知らず彼にも出会っているはずだけれど記憶になくて、いっぽう後者のロックなお父さんは、かっこいいなと思った記憶があるけど、こちらも言われなければ、ぜんぜん一致しなかった。まさかだったな……(笑)。
@8:27(3/26)

ほかにも、チームバチスタシリーズの第三期からもご出演とかで、しかも、このシーズンにおけるキーパーソンのようだし、これに関してはちょっと気になったりする。
リサーチしたところ、話の内容はなんとなく把握しましたが、つまり、島津先生が安田さんです。この島津先生、隠蔽捜査の戸高とは違って、ニヒルにクールを装っているのではなく(いや、戸高も装ってるというか、単に無愛想というか)、島津先生はほんとにクールっぽいキャラですね、陰のある感じの。これはこれで私が恋に落ちそうなにおいがぷんぷんしますが、しかし同じヤスケンキャラでも、戸高は安心して見ていられます、精神的危うさがないだけ。
ちなみに、バチスタシリーズ第4シーズンである螺鈿迷宮にも、出演があったとか。
@8:30(3/26)

【加筆@7:15(4/7)】
直近のヤスケンキャラ(隠蔽捜査の戸高とチームバチスタの島津)における共通点:とりあえず疑われる。むしろミスリードで犯人に見せかけられる。この妙な偶然はなんなのかな(笑)。
【加筆ここまで】

  ◇◇◇

余談なのだけど、ヤスケンさんの宣材写真のひとつを、どうやら私はこれまでに見かけた覚えがあるよ。だけど、それはリアルにTBSの安東アナウンサーだと思っていたよ。
ヤスケンさんの宣材写真は、写真によって顔に違いがあるように思うのだけど、それはふっくらしている時期と引き締まっている時期の違いなのかしら、言われてみなければそうとは気づかない場合もあるかも。とりあえず、戸高っぽい感じなら、認識できそうですが。それがヤスケンさんの、私のなかでの判断基準。
@6:56(3/27)

次へ
(この記事の追記部分にも、出演情報とは非関連の余談めいたものが微妙にあるけど。記事を独立させるほどの濃度はないと判断した)

続きを読む >

ドラマ/映画 コメント: 0 トラックバック: 0 編集

その③ 本性を顕して野生化する萌え

2014年03月28日 05:32

前へ ● 先頭記事へ

いろいろと動画を見て思うことだけど、ドラマ版戸高の、無愛想なんだけど「実は人懐こいんじゃないか?」と思わせる雰囲気は、まあ、もともと「戸高」っていう人物がそういう人なだけかもしれないけど、やはり俳優さん自身のの影響も大いにあるように思うわ。好影響!
だけどヤスケンさん、バラエティ番組『モニタリング』では「寡黙」とか「動じない」というふうに売られてたな。まあ、もともとの気質としてはそうなんだろうなと思ったりしますけどね。ただ、おどけることもできるというか、おどけることも好きというか。幅が広い感じがする。なんていうか、「自己犠牲の精神」も、この人らしさのひとつなんだと思う。

そして、ここで最大級の萌えを拾ったのである。
そのモニタリングの番組中、ドッキリであると、というかバラエティ番組であるとネタばらしされ、「7台も隠しカメラがある」と聞かされて、ソファに正座の姿勢でぴょいと飛び乗って下方周辺を調べてみたり、ロッカー周りに たたっと駆け寄って見回してみたり、とにかく動きが俊敏になって、まるで愛玩動物のふりをしていた野生動物が、本性を顕して野生化したみたいで非常にかわいくて、非常に萌えました。子供っぽい素が出た!って感じ。
特に、戸高のコートを着たままの状態だったから、裾に風をはらませながら移動する感じが、よけいに動きを感じさせたような気がする。
@5:42(3/27)

まあ、もちろん、いや、もちろんっていうのもおかしいですが、テレビで録画したわけではなく、ネットで行くとこ行って、それなりの手順を踏めば、たいていのものは見れますよっていうことです。隠居生活は、妙な知識をつけさせます。
@6:34(3/27)

次へ

ドラマ/映画 コメント: 0 トラックバック: 0 編集

その② 「この人らしさ」にぶち当たる

2014年03月28日 05:29

前へ ● 先頭記事へ

その② 2014/3/26
検索してヒットした動画を、何本か見てみたんだけど、私はどえらい拾い物をしてしまったようです。この人、ほんとにパンドラの箱だった――いや、パンドラの箱って、よくないものが出てくるやつだから、語弊があるかもしれないですが。
いや、でもこの箱を開けたことで、私のなかに欲とも煩悩ともいうべきものが生じたのだから、あながち間違いではないのかも。
……そんなことはどうでもいい。

ヤスケンさんがどういう人なのか、知ってる人は知っているというか、むしろ有名なようだったけど、なんていうか、バカがつくぐらいの不器用な頑張り屋さんなんだろうなあと思えて、かわいかった。がむしゃらな感じ。
私はたぶん、こんなタイプの人にあまり出会ったことがないと思う。神聖な感じすらした。ちょっとした、この世の奇跡を目の当たりにしたかのような。天然記念物的なものに出会ったときの気持ちに似ている。唯一、似たようなオーラを感じるのが、金爆の樽美酒さんだったりするんだけど(笑)。
それでいて、もし飼い慣らせたら優越感に浸れるタイプでもあると思うな。
……珍獣扱いかよ!(笑)(セルフツッコミ)
18:23(3/27)

そっかー、こういう人なのかー。自ら道化役を買って出られるというか、はたまた、そういうポジションを好む人なのか。おそらく両方なんだろうな、かわいい いじられ弟分キャラなのはわかります。ときに、ちょっと痛いぐらいのような気もするけど、それがヤスケンさんのいいところなんだろうな。みんなから愛されて然るべしというか。グループに一人いたら、よき潤滑剤になってくれそうな。そういう人だと思うと、よけいに愛しさが……(笑)。これは「弟」が持つ特性なのでしょうか、実際にもお兄さんがおられるようですし。
そして、このあたりの雰囲気が、ドラマ版の戸高にも良い意味で反映されているのかも。

この人の存在を知って間もない私が言うのもなんですが、こんな時代を経て、いまに至ったんだなあと、感慨深くさえ思う……(笑)。すっかり登り詰めた感があるよなあ。こう言うと大げさかもしれないけど、豊臣秀吉感がある気がする。
@6:33(3/26)

次へ

ドラマ/映画 コメント: 0 トラックバック: 0 編集

その① 片足突っ込むレベル

2014年03月28日 05:22

ここのところ、ドラマ隠蔽捜査の戸高役・安田顕さんに夢中で、祭りを開催しています。相変わらず長々と書いているのですが、冗長になってしまうので、秘密日記から一部抜粋。読み返してみると、日を追うごとに、何段階かにわけて知識が深まっていくのを感じます。
というわけで、時系列的に抜粋していく。

ちなみに、ドラマの役である戸高について語った語りもあるのだけど、
今回は中の人の話。

  ◆-◇-◆

その① 2014/3/18~
・ドラマ隠蔽捜査の戸高役の安田顕さん(愛称はヤスケンというらしい)がワイルドで色っぽくて気になる。好き。

続きを読む >

ドラマ/映画 コメント: 0 トラックバック: 0 編集

本日もキュン死にの種をまく男、戸高善信(39)……(笑)

2014年03月26日 00:29

やはり、戸高は人の懐に入り込む能力に長けているらしい。まあ、刑事としては必要不可欠な要素なのかもしれないけどね。
それはともかく、そのことに自信を持ってそうな戸高に萌え。
倉持父に息子の指紋提出を要求する際、拒まれないかと不安を呈する竜崎に対し、「大丈夫ですよ、息子の疑いを晴らすためとか言って、なんとかします」と太鼓判を押す戸高の感じ萌え。「なんとかします」に弱いです。

さてここからが本題と言っても過言ではないのだが、、
屋上イベントにおいて、言いたい本音を言い切った戸高に、嬉しそうに少し微笑む竜崎、ちょっと照れたような、でも尊敬している相手に認められたようで嬉しげな戸高(相変わらず綺麗な目をしている尊敬の眼差しにドキドキ)、立ち去る竜崎から「わかった」というように肩をぽんと叩かれて、受け入れてる戸高の感じ、その手を瞬時見つめる戸高のバックに思わず、「こ~い~しちゃったんだ、まるで、気づいてな~いでしょ~♪」というBGMを流したくなりました。(真顔)

そして本日最大級の戸高萌えはこちら→
「署長、そんときは絶対に俺も呼んでくださいよ、
署長一人じゃなんもできないんだから!」

萌え!!!
愛の告白かと思ったわ!!いや、ある意味で愛の告白か!
いやーんツンデレっていうかデレツンっていうかなんていうか、この素直じゃない感じが戸高らしくて非常に萌えですよ!
だけど「呼んでくださいよ」って言ってることには変わりなく!堂々たるチーム竜崎宣言!むしろ、「署長一人じゃなにもできないんだから」という、へそ曲がりな台詞がくっつくことで、余計に萌え度が上がっているよね!!
それでいっぽう、背を向けて去りながら、その素直じゃない言葉を受けて、笑みを浮かべる竜崎萌え!戸高という難しい犬を、竜崎本人にはそのつもりもなく、すっかり飼い慣らしちゃったね竜崎は!

戸高と竜崎、このふたりの組み合わせに関しては、あんまりそっち側に走るつもりはないのですが、もし掛け算するとすればやっぱり戸竜‥なのかな、おそらく。いや、竜戸もいいかもしれない…。ていうか、ヤスケンのうkがmたい。
なんつーか、竜崎がみんなから愛されててもう、もう、私は感無量ですほんと!チーム竜崎をはじめ、みんな竜崎のこと好き過ぎでしょう!!(笑)
……私も好きだけどな!!(競いだす)
@0:29(3/26)

追記にはどうでもいい余談。

続きを読む >

ドラマ/映画 コメント: 0 トラックバック: 0 編集

本日もキュン死にの種をまく男、竜崎伸也(46)……(笑)

2014年03月26日 00:15

今回の事件は裏側で伊丹が方々に掛け合ってくれたからこその円満解決であり、伊丹が迷惑を被ったことに対し「俺に一言謝れ」と言うも、竜崎が、「正しいことをしたのに、謝ることは出来ない」とかいう返しをして、伊丹および視聴者が「えーっ…」となっているところか~ら~の~~、「だが、感謝はしている。……ありがとう」からの、伊丹のフリーズおよび沈黙、これはスーパーキュン死タイム、すなわちキュン死しているとしか言いようがありませんね!このコンボ最強!竜崎ずるい!!(笑) これは伊丹じゃなくても、ごきげんさんになっちゃうよね!!
テレビを見ていた私が、フリーズする伊丹の映像に思わず「……キュン」と効果音をつけてしまいましたよ!リアルに!むしろ、「……キュン」っていう効果音がないほうが不自然なくらいだよ!はぁはぁ(一気にボルテージを爆発させすぎて精神的酸欠)

しかし大丈夫です、キュン死したのは伊丹さんあなただけではない、私をはじめとする竜崎ファンが無数ののぼせきった屍をさらしたはずですから!(真顔)
@0:15(3/26)

  ◇◇◇

そして、最終回にしてようやく竜崎と飲むことに成功した伊丹おめでとうよかったね!!(笑) 理由はともかくね!伊丹ぜんぜん関係ないけど!!
このあたりが伊竜らしくていいわ、事件の解決をともに分かち合う的なあれだったら竜崎はまだまだ動かないんだよね、がんばれ伊丹(はぁと)!

でも竜崎に呼び出されたらすぐ来ちゃう伊丹(笑)。
惚れた弱味ねぇ~!にやにやしちゃう(笑)。
だけど少なくとも、家以外で「飲む」というときに竜崎が選ぶ相手が伊丹であるというあたり、一歩リードっていうか、それだけでも伊丹は嬉しいんじゃないかな、伊丹は竜崎に厳しく訓練されておりますゆえ!(笑)(むろん天然(はぁと))
@0:53(3/26)

そして飲みの戯れに、同期である上條に電話をかけてみる伊丹。案の定というべきか、出ることもなく、ぶつっと切られる(笑)。
それはともかく、やっぱりドラマ版の上條の嫌がらせ各種は、竜崎と伊丹の仲が良いための嫉妬という認識を、少なくとも伊丹はしている模様。
「嫉妬」というキーワードが出てきて、心臓がときめく。やっぱりそうだよね!(笑) 私の妄想が立証されたようで、なんだか嬉しかったです(笑)。
@0:58

ドラマ/映画 コメント: 0 トラックバック: 0 編集

2014/03/25 更新情報。

2014年03月25日 00:42

竜崎と伊丹の仲の良さについての小説もどきを更新。
2014/3/15に書いたネタです。→こちら

ドラマ/映画 コメント: 0 トラックバック: 0 編集

2014/03/24 更新情報。

2014年03月24日 20:36

Googleカレンダーを使うようになって、記事がそっち止まりになることが多くなっております、どうもころもです。
そっち止まりになってはいますが、まあなんやかんやと、ちょこちょこ書くことは書いていて、このごろ、ひとり隠蔽捜査祭りを開催しております。

ついには「どうせ公開しないもーん」と思って、小心者の私が妄想を文章にしてみる思い切りを発揮。まあーたどたどしいですし、ワンシーンを書くのが関の山ですが、なにはともあれ書いてみた。きっと、これが大事なんだよなあー。
ネタが思い付きさえすれば、書くのはすごく楽しい。なんていうか、頭のなかでなんとなく思い浮かべているよりも、その世界に入り込む感じが。

そして、「どうせ公開しないもーん」と思って書いたものを公開しようとしている私がいるよ。まあ、それなりに整ったものに限りますがね。
今回は第一弾ともいうべき2014/3/12に書いたものです。→こちら
ドラマ隠蔽捜査の主題歌である、wacciの『東京』で伊竜妄想。

ドラマ/映画 コメント: 0 トラックバック: 0 編集

ブロッコリー観察日記 最終回

2014年03月21日 15:21

ブロッコリー(真上) ブロッコリー(斜め上) ブロッコリー(横から)
それぞれ画像をクリックすると拡大表示されます。
真上から(左)、斜め上から(中)、真横から(右)。
2014/3/21

私が知らないうちに、なんかめきめきと大きくなっててびびったレベル。
前回の観察日記は3月11日だったみたいだから、
10日ちょっとでむくっと大きくなったようです。
「花が咲いたらもったいない」ということで、収穫に踏み切った次第。

ほかのブロッコリー
観察対象外のブロッコリーたちも、森のように膨れ上がっています。
なんていうか、まさにラピュタ。
ラピュタはブロッコリーだし、ブロッコリーはラピュタです。

ブロッコリー収穫
切り取ったラピュタ‥否、ブロッコリー。
ハサミでは埒が明かず、包丁で切り取って収穫いたしました。
収穫したものは、湯がいて食べました。ブロッコリーでした。

今回を含め5回にわたって書いてきたブロッコリー観察日記も、
とりあえず今回で最終回ということにします。
無事に成長、収穫、そして食べることが出来ました。
お付き合いくださった方、ありがとうございました!

  ◇◇◇

追記から、第1回~最終回(今回)までをまとめ読みできます。

続きを読む >

写真 コメント: 0 トラックバック: 0 編集

いじめないでくださいよ萌え

2014年03月19日 19:28

ドラマ隠蔽捜査10話にて、怪しいプレジャーボートについての情報を得られたときの報告の電話での、竜崎と戸高の会話、「おまえのサボり癖が役立つ時もあるな」「いじめないでくださいよ」萌え。
竜崎としては皮肉を言ったつもりは、たぶんないと思うんだけど(笑)。サボり癖も役にたつ時があるんだな、という単なる事実認識の台詞というか。
まあ、なにを言おうが言われた側にとっては、皮肉にとらざるを得ない台詞ですかね(笑)。竜崎はそういうとこあるもんな。

しかし「いじめないでくださいよ」って台詞、険もないし、かわいいな。もし「皮肉ですか」なんて台詞だったら、険がありすぎたけど。
戸高が言うから余計にかわいいのかな。なんやかんや言って、甘え上手な弟分キャラなのかも。だから兄貴分である先輩刑事も彼を憎めないし、聞き込みとかもうまいのかもしれないな、懐に入り込んじゃう。えっ、戸高弟分キャラ説とか、なにそれ萌えなんだけど。(自分で言ったんだろうが)
はねっかえりなのにかわいいんだもん、ずるいよ(笑)。いや、はねっかえりだからこそかわいいのかな。

  ***

ここで一句、ならぬ一編。
【「甘え上手な弟分キャラ」から発展した突破ワンシーン小説もどき】
(そういえば、小説もどきとか銘打って書くのにハマってた時期があったな…(笑))

続きを読む >

ドラマ/映画 コメント: 0 トラックバック: 0 編集

ホーム 次ページ >

プロフィール

Author:青葉ころも
はじめまして&こんにちわ~!
お気軽にコメントどうぞ^^
2012.04.19 プロフ更新

Twitterボタン

・メニュー・
連絡用記事へ
ブログリンク集へ
プロフへ
・・・・・・・・・・

2010.11.05
ころも天ぷら→青葉ころも
改名(仮)しました。
呼び方は「ころもさん」が好ましいです。

2012.01.07
個別記事の拍手コメントは、その記事のコメント欄にちゃちゃっと返事することにします。

バロメーター

最近のコメント

+を押すと開きます。

リンク

カレンダー(月別)

03 ≪│2014/04│≫ 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

カテゴリ

WEB拍手

記事と直接関係ないメッセージなどはこちらをご利用ください。記事にてのお返事になります。
お返事記事は「お返事/私信」カテゴリの中に入れておきますので、ご確認お願いします。

チャット(試運転)

こちらから入れます
入室者 
ROM者 

ブログ内検索

FC2カウンター

つなビィ

イラスト(@つなビィ)

ついったー

素敵サイト様・バナー

ジャンルごった煮

あだし野 洞 ぼくが死んでも 九佳句(くかく)/天野英

素材お借りしました。
web material * Essence 空に咲く花

QRコード

QR

最近読んだ本

ころもの最近読んだ本

QLOOKアクセス解析