ホーム 次ページ >

金星特急・外伝

2014年07月21日 00:06


続きを読む >

読書 フォルダその2 コメント: 1 トラックバック: 0 編集

後悔から学ぶこと

2014年07月16日 19:56

知らなかったんだけど、ドラマ若者たちって1966年にも連ドラとして放送されていたらしいですね。66年版には田中邦衛さんも出演されていたと聞いて、ああ…と思いました(笑)。しかもこっちのほうが北の国からよりも先だったんだ。

そもそも、『若者たち』っていう耳慣れたあの曲は誰が歌っていたのだろうかと思って検索してみたところ、そんな情報に行き着きまして。そうと聞けば納得いくことも多く。だからどこもかしこもあんなに昭和っぽいのかと。たとえばベタにあれな、家族でごはん食べてて、父ちゃんポジションの兄ちゃんが頭に血を昇らせるも、周りも慣れっこになっていて冷静にちゃぶ台を避難させる、みたいな(笑)。
66年版があったと聞いて思うのは、今回の2014年版の舞台設定はどうなっているんだろうということな。まさかの2014年設定なのかな、いまどきあんな絵に描いたような江戸っ子で熱血バカなタイプいねーよwと思うのですが…(笑)。

ふむ。それにしても久々に記事連投やね。話題があって、それも公開してもいいかなと思える話題があるからこそ。
少し前に書いたままの後悔系‥というか期待系(?)のネタがあるにしても、客観的に見れば自分が情けなくなるだけだろうなと思うから、いまはそっとしまっておく。とか書いておきながら、いつか、それも近々、ぽろっとこぼすのが私なんだろうなあ。

次の記事には私の発熱のその後の経過を書いてみようと思います。
あと、先の記事でも触れましたが相変わらず例のキーワードで検索してたどり着かれる方の数が着実に増え続けております。。(笑) 彼のネームバリューェ…(笑)。

独り言 日々(2014年) コメント: 0 トラックバック: 0 編集

不倫について考える

2014年07月16日 14:02

前の記事で、ドラマ若者たちの純くん――っていうか吉岡さんの立場に「不倫される側」という表現を使ったのですが、不倫といえば当事者二人ともが「不倫する側」で、部外者になる人が「不倫される側」なんだなということに気がつきました。不倫には少なくとも3人の人間がいるんだよな、少し考えてみればわかることだけど。
私のなかでは、なんとなくですが、奪う立場の人が「不倫する側」で、奪われる立場の人は単純にその逆をとって「不倫される側」というイメージがあったのかもしれません。実際のところ、あんまり深く考えたことはなかった。ただ、同じ「奪われる」という表現でも自分が奪われるのか配偶者を奪われるのかでは意味が全然違うね。

ところで、吉岡秀隆さんの名前を記事に書いたら、にわかに検索ワードに躍り出てきまして、その反応に、自分で記事を書いたにも関わらず少しびびる。このワードで調べる人って意外と結構いるのかもしれないなー。
あと、元奥さんの名前をマイナス検索(その言葉を除外して検索するっていうアレ)している人もいたな。よくわからないけど、吉岡さんといえば、その関連の話題が多いのだろうか。

何はともあれ、思いがけず集客力があるらしい記事で思いっきり言葉の誤用をするという私です。あはは。
早急に訂正。

独り言 日々(2014年) コメント: 0 トラックバック: 0 編集

熱出た

2014年07月16日 09:34

14/7/16 1:19
お久しぶりです。
私にしてみれば非常に珍しいことなのですが、14日の昼ごろから最高で38.4度の熱が出まして。体温計が38度越えするのを見たのはいつぶりかわからないぐらいなので、喜んでる場合じゃないけどテンション上がりました。写真も撮っておいたよ。
私は発熱すると皮膚がピリピリ痛くなる体質らしく、以前ノロにかかったときも同様だったし、調べてみるとそういうタイプは意外といるみたい。
いまは熱が目にきているようで、眼球が痛いです。および視神経からの頭痛。

最近あったことまとめ
・セーラームーンクリスタルの1話を見た
⇒これまであまり縁がなかったけれど、せっかくだから見てみようと思い。
過去のアニメでは見てないはずの1話なのに、宝石強盗云々のこの展開をなぜか私は知っていて、それはたぶん、アニメ絵本で読んだからなんだと思う。その記憶はある。
セーラーVについてはお友達のブログに出てきたときに調べてみたのだけど、本編でもこんな感じで絡んでくるんですねー。
あと、うさぎちゃんには弟がいたんですね、知らなかった…(笑)。それと、お母さんの髪色が紫だった。
それでたしかセラムンって前世がどうのみたいなことも絡んでくる感じだったと記憶していますが(1話からすでにフラグは立ってますし)、そういう輪廻転生的なものって現在の私としては結構好きかもしれないなと。
ただうっすらと記憶にあるのは、最終回あたりでセーラー戦士がことごとく死ぬ、みたいな展開で、幼心に怖かった覚えがあります。。が、いまなら受け止められるかなー…。

・若者たち 2014の1話を見た
⇒たまたまホンマでっかTVをリアルタイムで見ていて、番組直後に入ったドラマのCMに吉岡秀隆さんの名前を見つけたこともあり、見てみたのですが、そしたら演出がまさかの北の国からの演出家・杉田成道さんで、北の国から成分が満載でした。思えばそもそも作品タイトルに年代をつけてるところからしてすでに北の国から感があるけれども。
それにしても、北の国から成分をつめこんだねえ(笑)。北の国からは一通り見ているから、あれも、これも、と手に取るように好みの反映が浮き彫りに…(笑)。つめこみすぎて茶番感、というか、苦笑がもれるレベルだったかも(笑)。
今回はプロレスだったけど、北の国からでは草太兄ちゃんがボクシング。草太死亡ルート回避を賭けてリアルファイト(=収録)をするも、負けてしまったので脚本はそのまま草太死亡ルートをたどることになった、という裏話をネットで見て、衝撃を受けたものです。。(笑)
話を『若者たち』に戻して、純くんこと吉岡秀隆さんが不倫の結婚してる側の立場(@しかも医者)になるのを見て、時の流れを感じ、感慨深いものがありました。。(笑) たったひとりの妹なんだぞ!(だっけ)、からの…(笑)。

しかしホンマでっかTVを録画で見ていたとしたら、CMは見られても本編は見れないところだったわけでねぇ。縁的なものを感じる。

・親父の背中 1話を途中から見た
そういえば前にヤフーニュースにあったなあ、いろんな監督が「父と娘」をテーマに週がわりのオムニバス形式で…、という企画。
第1回はちゅらさんでおなじみの岡田惠和さんが担当で、私は後半から見ただけだったけど、涙が発生しました。面白そうなので次回も見てみようか…。
ちなみに第3回は、こちらも北の国からの監督でおなじみの倉本聰さんが担当されるらしく、『若者たち』のことも踏まえると、なんだか北の国からのベテランふたりがご活躍。偶然にもその活躍を私は見守る展開に。

・FC2ブログサーバーメンテナンスに遭遇
久々に、いざ記事を投稿しようと管理画面を開けば、まさかのサーバーメンテナンス。仕方がないので寝て起きてから投稿します。

独り言 日々(2014年) コメント: 0 トラックバック: 0 編集

更新情報

2014年07月08日 19:42

お久しぶりでございやす!
最近パソコンに触れるタイミングがないっていうか、書きたいこともこれといってないのですが、6月の末に書いて投下しよう投下しようと思いながらもタイミングが掴めずに置いてあった、「文通メールについて思うこと」の文章を投下すべく参上した次第でございます。
ってことで、今回更新した記事がこちら

それで、以前の記事でブログランキングがどうのという話をしましたが、まあ、もう、いいかな、とか思って。サイドバーのバナーは引き続き置いておこうかと思いますが、記事のほうにバナーを貼るのはもういいかなと。いや、もういいかなっていうか、1回、しかも試しがてらの1回しか貼ってないけど(笑)。
というのも、ランキングバナーのクリック云々っていうのはケータイからだと受け付けてもらえないようで、前述したように、私がパソコンに触れる機会は最近実に稀なので、自作自演もままならないということもあり…(笑)。

それにしても、長いことブログ更新してないような気がするなあ。かろうじて6月の読書メーターまとめを投稿はしたけれども、それを除けば6月24日以来‥、つまりちょうど2週間ぶりになるのかあ…。ふむ…。
ネタといえば…、昨日食べたパナップのちっちゃいやつのイチゴ味のソースが、たまにあるというスマイルマークになっていて感動しました。それも、フタを開ける直前、「これがそうなのではないか…」と本気でピンときて、「これ、スマイルマークになってそうな気がする!」と母に宣言した後に開けてみると、本当にスマイルになっていて自分でも驚き。裏返った声で「えー!!」と叫んだ ころも。
いや、狼少年的(?)に毎回そんなこと言ってるわけじゃないですよ!(笑) だからこそ自分でも驚いたのだし(笑)。ちなみに、その前はトップバッター・ブドウ味を食べたのですけど、キュートなハートが4つのノーマルタイプでした。いや、連続で食べたわけではないですからね!(笑) ……ってなんでいちいち弁解っぽいことを言う流れになるんだろう…(笑)。

よーし、またブログネタにできそうなことを探すアンテナを張って生きてみよう!

独り言 日々(2014年) コメント: 2 トラックバック: 0 編集

2014年6月の読書メーター

2014年07月01日 06:05

2014年6月の読書メーター
読んだ本の数:10冊
読んだページ数:3013ページ
ナイス数:96ナイス
読メ 2014年6月

続きを読む >

読書 フォルダその2 コメント: 0 トラックバック: 0 編集

ブログランキング

2014年06月24日 13:05

ほかのブロガーの方のブログを見てふと思い付き、過去に登録はしたけど現在バナーはブログのサイドバーにすら置いていない、という現状のブログランキングのサイトの私のページを確認してみたら、どちらのサイトでも、まあ、ランキング圏外、でしたよね!(笑) つまり、ポイントの出入りが皆無。そりゃそうだ!自演(自分でランキングバナーをクリックすること)すらしてなかったんだからな!
しかも登録ジャンルを確認すると、現状とはだいぶかけ離れている…。アニメやゲーム、そしてお笑い、たしかにそういうジャンルにばく進していた時期もあったのだけど、そのどれからも離れている現状を改めて把握する。
……そしたら、いま、登録ジャンルを改めるとして、私はブログでなんの話をしているんだろうと思って5月、6月と確認してみたら、読書などの感想系とか植物の観察日記とかは分かりやすいんだけど、あとはなんといえばいいんだろう、バシッとジャンルを一言で言いづらいような‥ほんと独り言な日記だぜ…。そんなつもりはないのだけれど、スピリチュアルブログの様も呈しつつあるかもな。まあ、引き寄せだとかなんだとか、そういう不思議系の話が好きなことは否めないし。
猫ブログなどと呼べるほど猫の話はしていない‥というか、彼女が日常に溶け込み過ぎているためか記事として話題にのぼらないので猫ブログでもないし…。

まあ、環境を整えたところでランキングが画期的に好転するかはわかりませんが、1日1度は可能らしい「自作自演」でワンクリックすれば、「ランキング圏外」は阻止できる‥はず‥なので、まずはランキング圏外の阻止を狙って、しばし、動いてみようと思います。そのためにも、これからしばらくは記事ごとにランキングバナーをはってみようと思うので、もしよかったら応援よろしくお願いします。つまり、バナーがクリックされるとポイントが入るという仕組みのようです。
現在、ブログランキングサイトの2大巨頭というべき存在らしい「にほんブログ村」と「人気ブログランキング」に登録していて、この機に際してブログの右下にこそっと2つのバナーを並べてみましたが、個別記事には前者のバナーだけを貼っていこうかと思っています。まあ、なんにせよ様子見。
ブログランキング・にほんブログ村へ 今回はサンプルがてらに両方貼ってみる。。(笑)

そう、ひとり‥というか、身近な人だけでこそーっと暮らしたい時期が続いていたことはたしかなので、現状は望み通りともいえるのかもしれませんが、今度は少しばかり新たな交流を持ってみたいと思い始めたので、できることからやってみようかと。
これまでのような、検索エンジンでヒットする縁なんて、ほんとに奇跡的としか言いようがないんだなと、改めて感じ入っているところでありますが、現在つながりのある人たちはみんな検索エンジンからのパターンなんですよね、たしか。だから今後も見込みがあるかと思ったけれど、それほど幸運は続かないですよね、ウン。よーし、チェーンジ!


ブログランキング参加中、
各バナーを1日ワンクリックして応援お願いします!
……んーこういうメッセージを書くのが久しぶりすぎて‥、これでいいかな…。
ブログランキング・にほんブログ村へ

(……ひとつだけにしようと思ったんだけども、あの、、やっぱり、せっかくだから、ダメ元でしばらく両方貼り付けることにしてもいいかな、光の速さで前言撤回。。ディスイズ様子見だよ様子見!うん!)

【2014/06/25 13:11 更新】

独り言 日々(2014年) コメント: 0 トラックバック: 0 編集

文通メール

2014年06月21日 16:25

今年の誕生日のお祝いメールから始まり、いまもゆるく続いている文通メールが楽しい。文通めいたことが私はもともと好きなようだ。この流れは、過去にこのブログで続いていた展開を少しばかり思い出させるような。
ただ違うのは、こちらからも話題を出し、向こうからも話題を出す。キャッチ・アンド・リリース。……じゃなくて、会話のキャッチボール? お互いがお互いだからこその内容。お互いに楽しんでこそのコミュニケーション。このフェアな感じがとてもよい。
ブログのように、自分が思うことを書くだけ書いて満足することもたしかにあるけど、それでもやはり、明確な相手がいて、その人に向けて書いたことに対する反応があることはとても嬉しいし、楽しい。「書くだけ書いたら私は満足だし」というのは、多少、強がりな部分があることは認めざるを得ないかもしれない。やっぱり反応はほしい。

しっかり返事をくれるし、向こうからも新しい話題を出してきてくれるから、嫌々ラリーをつないでるって感じではないと私は思っていて、だから今のところ、これが続く限り、甘えさせてもらおうかなと考えているのだが、実際のところはどうなのだろうか…。今後の展開は如何に……。


2014/07/08 19:09 投稿

独り言 日々(2014年) コメント: 0 トラックバック: 0 編集

スイカの観察日記 第2回

2014年06月21日 13:54

写真はすべて、クリックすると拡大表示されます。【2014/6/20 撮影】

前回(1枚目)と同じスイカ。地面に藁をひいてやったみたい。
私のなかではブロッコリーのことが頭にあったので、
1週間弱でここまで大きくなるとは思いもよらなかったです。
むくむくむく…。
観察用スイカ(ズームアウト) ズームイン→ 観察用スイカ(ズームイン)

ぶら下がってたスイカ。
このまま実が重くなって、ちぎれてはいけないので、
このあと地面に降ろしました。
ぶら下がってたスイカ

新たに発見されたスイカの赤ちゃん。
新たな赤ちゃんスイカ

スイカではありませんが、新たに収穫されたキュウリとナスビ。
キュウリ2本 ナスビ


前回の記事

写真 コメント: 9 トラックバック: 0 編集

コンステレーション

2014年06月18日 14:25

伊坂幸太郎さんの『SOSの猿』という小説を読んでいるのですが、そこで興味深い話を聞きました。心理学用語で「コンステレーション」という言葉があるようなのですが、この言葉のもともとの意味は「星座」なのだそうです。
星座とは、星のひとつひとつに注目するのではなく、視野を広げて見て初めて星座として認識するわけですが、それと同じように、ひとつひとつの事象には大した意味がなかったとしても、ひとつのまとまりとして捉えると、意味のあるものとなる、みたいなことらしい。なるほど。
そこで思い当たらざるを得なかったのが、今年の春ごろからかすかに続いていた北海道シンクロのことなんですよね。これもきっと、そのコンステレーション、「意味のある偶然」に違いない、と。ただ私はこの現象の名前を知らなかっただけで、しかし起きていることは、まさにこれではないかと。

コンステレーションとは、先にも述べたけれども「意味のある偶然」と言うこともできるようで、この言葉について検索してみて見つけた一文に、『コンステレーションとは、一種の示唆であり、「気付かせ」なのである。』とあったのだが、この北海道シンクロには、どんな「気付かせ」があるのだろうか。
また、同じ人が言うには『その全体の配置(コンステレーション)が、見えてくるまで、じっと待つことが肝心なのである。』とあり、いずれ、「これはこういうことだったのか、ここにつながっていたのか」と、わかる日がくるのかもしれない。非常にわくわくする。

引用元:http://www.st.rim.or.jp/~success/huti_ye.html


【2014/06/20 8:25 投稿】

独り言 日々(2014年) コメント: 0 トラックバック: 0 編集

スイカの観察日記 第1回

2014年06月17日 18:02

写真はすべて、クリックすると拡大表示されます。【2014/6/15 撮影】
お野菜のターンは別記事、こちらからどうぞ。

おわかりいただけるだろうか、写真中央にスイカの赤ちゃん。
こちらを観察用スイカと指定します。
スイカのこんなに小さい状態は、生まれて初めて見ました。産毛も生えてる。
こんなに小さいのに、もう縞模様があります。
スイカの赤ちゃん(ズームアウト)

スイカの赤ちゃんに、、ズーム、イン!
スイカの赤ちゃん(ズームイン)

ちなみに、このスイカを植えたのは、2014/5/12だった模様です。
植えてから、ちょうど1ヶ月後ということになりますね。

スイカの花。
スイカの花

まだ花が付いている状態のスイカの赤ちゃんを発見。前出とは別の子。
まさに、なんかこんなポケモンいたよね、という風情。
しかもうまい具合にガク(?)がポージングした腕のようになっている。
花付きスイカ・こんなポケモン、なんかいたよね

産毛がすごい。
スイカの産毛がすごい


次回の記事

写真 コメント: 0 トラックバック: 0 編集

拝啓、ころも家の庭から

2014年06月17日 17:37

写真はすべて、クリックすると拡大表示されます。【2014/6/15 撮影】

あじさいは、いまがMAXのようです。まるまる、もこもこしていてかわいい。
地続きなのに、少し離れた場所では色が違います。
あじさい(ピンク) あじさい(青)

お野菜のターン。
スイカの赤ちゃんの様子は、観察日記をつけようと思うので別記事にします。

ナスビ。ナスビの花は下向きに咲くみたい、全部下向いてた。知らなかった。
花のときから、ナスビの実がぶら下がるスタンバイをしている模様です。
ナスビ ナスビの花は下向きに咲くみたい

プチトマト。鈴なりのプチトマト、かわいい。
鈴なりのプチトマト、かわいい。

収穫後のナスビとプチトマト。みずみずしくて、とてもきれい。
ナスビはおいしい焼きナスになりました。
プチトマトは私が食べたのですが、こちらもおいしかったです。
ナスビ(収穫後)、おいしい焼きナスになったよ プチトマト(収穫後)

キュウリ。ぜんぜん曲がってなくてすごい。うまく伸びたものだなー。
キュウリ(収穫後)

続きまして、今回から始まるスイカの赤ちゃんの観察日記 第1回もあります。
そちらも合わせて是非ご覧ください。→こちら

写真 コメント: 0 トラックバック: 0 編集

なまらファンタスティック

2014年06月13日 16:20

あのねあのね、すごい感動したんだけど、いや、いまさらかよって話かもしれないけど、ボカロの本気って今ここまで来てるのかと思って!ほんとびっくり!
どうやら、さっぽろ雪まつりとコラボ(?)した、「SNOW MIKU 2014」というイベントのテーマソングらしいのですが、Mitchie Mさんの『好き!雪!本気マジック』という歌を聞きまして。
あれかと思った、ボカロソングを声優さんか誰かがカバーしたというパターンかと思った、本気(と書いてマジと読む)で。
だけど、そうじゃなくて普通にミクさんが歌っているらしく。台詞もすごいナチュラルで。ものすごい調教をする人をいるものだなあと深く感心してしまいました。
調べてみると、太鼓の達人とか音ゲーの制作(?)にも携わっておられる方のようで? さすが、プロはすごいっす……。脱☆帽!
この方の別の歌も聞いてみたのですが、他の曲もすごかった。リアルに萌えアニメの主題歌みたいなやつとか、アイドルの歌みたいなやつとか。

そんな神調教もさることながら、歌自体もポップでかわいくて気に入りましてねー、頭のなかは「まーじまーじっく♪」だし、コンフェッティです、かわいい。かわいい。(大事なことなので二度言いましたよ。)
MMDというやつで踊っているミクさんの動画も見たのですけど、そのミクさんもかわいくてなー!
あの観覧車は、私もなんとなく見覚えがあるような気もするのだが、そういえば具体的にどこの観覧車なのだろうと思い、検索してみたのだが、行き当たった「ノベルサ」というところの観覧車で正解なのだろうか、結局ようわからんかった。
えすえーぴーぴーおーあーるおー♪

ちなみにこの曲と出会った経緯を書いておくと、以前に聞いたとある曲をふと聞きたくなって聞きにいき、関連動画一覧のなか、ニコニ広告で推されていて目についた動画がこれ(ミクさんダンスバージョン)だった、と記憶している。そして、歌声のあまりのリアル人間っぽさに度肝を抜かれた次第であります。
まーこれに関しては、動画が宣伝されていたから目につく確率が高まっていたとは思うのだけど、でもよく考えてみたら北海道つながりだよネ…☆と、これまでの北海道シンクロの列に加えたい思いにかられた。
雪ミクの存在はリアルタイムで知っていたけど、テーマソングについては知らなくて、それを知ったのがこのタイミング、というのがポイントなー! なー!

独り言 日々(2014年) コメント: 0 トラックバック: 0 編集

思考をまとめる

2014年06月11日 08:25

んーんーんーどうしよう。ちょっとお悩み相談めいたものを吐き出してみる。

続きを読む >

独り言 日々(2014年) コメント: 0 トラックバック: 0 編集

………

2014年06月10日 15:08

………………

独り言 日々(2014年) コメント: 0 トラックバック: 0 編集

わくわくの種

2014年06月03日 02:58

2014年05月28日の記事『こちらから飛び込む』に加筆しました。
加筆分をコピペしておきます~。

【2014/06/03 加筆】
『札幌の休日』の主人公の名前は「皇(こう)」というらしいが、セカコイの雪名の名前も同じく「皇」で、そして札幌出身、という要素の組み合わせは、この作品を意識しての設定だったりするのだろうか。どちらもBLものという共通点があるし。私が知らなかっただけで、有名な作品なのかな。それともただの偶然なのかな。
雪名の皇の由来はただ、王子キャラだから、という理由だけだと思っていたけど、もしかしたら別ルートの理由もあるのかもしれない。

もういっちょ。
とある番組で聞いたのだけど、冒険家の三浦雄一郎さんはいま、普段は北海道の札幌で暮らしているのだそう。やはり雪山登山をされる方だから、普段から寒い土地で体を鍛える、みたいな意味があるのだろうか。というより、他の土地だと「雪山」が少なくなってしまうのかもしれないな。

それにしても、潜在意識の引き寄せパワーは本当にすごいなぁ。
しかし引き寄せたところで、その後どうすればいいのかはよくわからないのだが…(笑)。
とりあえず、わくわくの種にしていればいいかな。

独り言 日々(2014年) コメント: 0 トラックバック: 0 編集

ホーム 次ページ >

プロフィール

Author:青葉ころも
はじめまして&こんにちわ~!
お気軽にコメントどうぞ^^
2012.04.19 プロフ更新

Twitterボタン

・メニュー・
連絡用記事へ
ブログリンク集へ
プロフへ
・・・・・・・・・・

2010.11.05
ころも天ぷら→青葉ころも
改名(仮)しました。
呼び方は「ころもさん」が好ましいです。

2012.01.07
個別記事の拍手コメントは、その記事のコメント欄にちゃちゃっと返事することにします。

バロメーター

最近のコメント

+を押すと開きます。

リンク

カレンダー(月別)

06 ≪│2014/07│≫ 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ

WEB拍手

記事と直接関係ないメッセージなどはこちらをご利用ください。記事にてのお返事になります。
お返事記事は「お返事/私信」カテゴリの中に入れておきますので、ご確認お願いします。

チャット(試運転)

こちらから入れます
入室者 
ROM者 

ブログ内検索

FC2カウンター

つなビィ

イラスト(@つなビィ)

ついったー

素敵サイト様・バナー

ジャンルごった煮

あだし野 洞 ぼくが死んでも 九佳句(くかく)/天野英

素材お借りしました。
web material * Essence 空に咲く花

QRコード

QR

最近読んだ本

ころもの最近読んだ本

ランキング参加中

バナークリックで応援お願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

QLOOKアクセス解析