ホーム 次ページ >

「違和感」という感覚は、いつも物事を正しい方向に導いてくれる。

2018年07月18日 10:32 | 最終更新日:2018年07月18日


2018/07/18 8:31

前の記事「目の前に合掌した手があったからさ。」に追記したお知らせ。

私は1つの記事を書いたら、
だいたい2、3記事の追記・修正記事を出している気がする。
でもお知らせ記事を出さないほうが心に引っかかるので出す。
いつか、1発で仕留められるようになりたいなぁ。

では本題に入る。

  +

ぬぁ~んか(なんか)言葉足らずな気がすると思いながらも
答えにたどりつけないまま投稿しちゃったんだけど、
その足りない部分がわかった気がしたので追記した。
「その「すごい気になる」がこの度めでたく一線をこえ、」だ。
その、「気持ちが変化した」ということについて何か書くべきだと
無意識下では思っているのに、それが意識できなかったから、
なにか言葉足らずな感じがしたのだろう。
「違和感」という感覚は、いつも物事を正しい方向に導いてくれる。

私がブログ記事を書くということは、
だいたい、気持ち的に何らかの一線をこえたということと同意義。
心が叫びたがったときにだけ書くことになる。
逆に、「気になる」程度では書くまで至らないことが多い。
書いてみようと思っても、完成には至らないこともある。
「話の種」という言葉があるが、なにが発芽するかは私にもわからない。
それが面白くもあるのだが。

独り言 日々 コメント: 0 トラックバック: 0 編集

手のひらと手のひらを合わせること

2018年07月17日 12:06 | 最終更新日:2018年07月17日


18/7/17 11:28

前の記事のタイトル「目の前に合掌があったからさ。」の「合掌がある」っていう表現、
ぬぁ~んか(なんか)違和感があると思いながらも
答えにたどりつけないまま投稿しちゃったんだけど、わかった、
「合掌」とは「手のひらと手のひらを合わせること」であり、
「合わせた手のこと」ではないんだ。

だから、「手のひらと手のひらを合わせた手」のことが言いたければ、
「合掌した手」と書く必要がある。そうすれば違和感がなくなるんだ。
ああ~、ちょっと考えればわかりそうなものなのに。
解決までずいぶん時間がかかったなぁ。脳は全力で頑張ってくれたみたいだけど。
1回の投稿で着地できなかったことが、なんか悔しい。
けど、すっきりした。心から感謝。合掌。礼拝。

いやぁ、ここまで「合掌」という言葉について本気出して考えたことなかったわ。
まぁ、だからこそのミスだったのかもしれないけど。
ということで、記事タイトルと本文中の該当部分を修正しました。
というお知らせ記事でした。

独り言 日々 コメント: 0 トラックバック: 0 編集

目の前に合掌した手があったからさ。

2018年07月17日 08:39 | 最終更新日:2018年07月18日


▼ 編集記録(クリックで展開)



18/7/15 15:52

ここ1年とか数年のうちの話、
エレファントカシマシの宮本浩次さん(今回のリサーチで「浩次」と書いて
「ひろじ」と読むらしいことを知る。マジか…(笑))が強キャラと知ってから
すごい気になる。私好みの変な人かもしれない。(※褒め言葉のつもり)

その「すごい気になる」がこの度めでたく一線をこえ、
恋に似た気持ち、脳内に花畑が展開される感覚に昇格。
なんか出てるね。なんか出てるわ、脳内物質が。脳なんてそんなもんよ。
実際、恋患いの筆頭ともいえる食欲の低下を感じるもんな。
恋と食、脳のなかの似たような部分が支配している感覚なだけあるな。
すごくない? 脳内物質すげーわ。

ちなみに、これまで私が惹き付けられてきた人たちのなかで一番年上、
ついに50代の壁を突破したんだぜ。徐々に年齢層が上がってきてる気がする…(笑)。
キャリアのある人だからコアなファンの方も多いだろうと思うが、
私もにわかとして末席に加えていただき、少々語らせてもらいたいと思った次第。
お手柔らかに、よろしくお願いします。

  +

何のCMだったかは忘れたが、CMソングなんかで存じ上げていた分には、
勝手に、ウルフルズみたいなガッツ系ではあるけども、
まともな人なんだろうと思っていたのだが、
歌番組で歌っているところを見て少々度肝を抜かれた。
血管が切れないか心配になるアクション。
メロディに対する歌詞の文字数が多すぎるためか、
もはや最後のほう間に合ってなくね?叫んでない?と思ったときには
思わず「文字数!」と叫んでしまう私。
腰を落とす姿勢になったのを見たときには思わず「スクワット!」と叫んでしまう私。
とにかく気になる。

とはいえ出演番組を調べて追うほどではなかったのだけど、
昨日のTBSの歌番組・音楽の日で偶然にも久々にまた出会ったことで刺激を受け、
そういえば6月に「行列のできる~」に出るというCMを見て
録画予約をしようと思っていたことを思いだしたのだが、
予約をし忘れていたらしく録画されていなかったことを本日になって確認し、
気がついてしまうと気になるもので、
ネットの海を探ったところ幸いにも発見することができたので見てみた。
6月17日放送回。

先に結論を書けば、
総合的にみて、共演の野爆のくーちゃん(いまはくっきーと呼ぶべきか)よりも、
ある意味、破壊力があった気がした。挙動不審的な意味で(笑)。

その挙動不審の話ではないけども、エピソードをひとつ。
話の流れで感謝の合掌ポーズをする宮本さん、
そんな宮本さんに共鳴?して合掌のポーズをするMC東野さんの手に、
なぜか自分の合掌した手をぴとっと押し当てる宮本さんを見て私は、
「あっ、かわいい。(真顔)」と思った。
なぜ合掌した手を押し当てたのか?
目の前に合掌した手があったからさ。(※ころも談)

エピソードVTRの、闇を感じるエピソードも好き。
すまんな、これまでの経験からしても、
私は人の闇に引き寄せられるところがあるみたいだ。
自分も似たような闇の要素を持っているからだろう。
逆に、私の主観でまともだと思える人に対しては一線を引いてしまうところがある。
自分自身について、まともだとは思えないところがあるからだろうな。

でね。
いくら変な人でも(大変失礼な発言)、
結局(?)ご結婚はしていたりするんでしょう?と思って調べたところ、
既婚の情報は見つけられなかったので、なんというか、本物のような気がした。
(私が見つけられていないだけだったらすみません、正しい情報ください)
なんかね、ご結婚している人はいくら変な人でもまともな人のような気がしちゃうの、
こっちが勝手に気負っちゃうというかね。一種の偏見かもしれないけど。
そうだな、偏見だな。すまない。
でもまぁ、男の人は何歳でも結婚できるもんだし、今後のことはわからないけどな。
まぁ、現時点でのお話。

  +

あと余談ながら、
私だけかもしれないが、宮本さんの歌声を聞いてると、
声優・三木眞一郎さんの声を思い出すのであった。クルツ君…。
ちなみに新曲の『Easy Go』は速すぎて、
なんかちょっともうよくわかんねえな、という感じだったと記憶しているのだが、
こう、『今宵の月のように』のように落ち着いた歌を聞いたときなんかに、
だいたいいつも思う。いい声ということなんだろう。いい。

もひとつ余談ながら、
私はお祭り系の歌番組が割と好きだったりする。偶然に出会ったら見ちゃう。
おおむねラブソングをエンドレスに聞き続けていると、
私の脳が、誰かに愛されているような気になるらしく、
いい気分を味わえるから好きだったり。
なんか出るね、脳内物質が。脳なんてそんなもんよ。(当記事2回目)




もくじページのご案内
・もくじページ>2018年>2018年 ひとりごと(お知らせとか?)その2

独り言 日々 コメント: 0 トラックバック: 0 編集

上がってんの? 下がってんの?

2018年07月12日 03:26 | 最終更新日:2018年07月18日


記事「へびににらまれたかえるのごとく」内に下記の文を追記。

++++++++++

【2018/07/12 追記】
※2:梁?(※3)が下がった模様
記事を改めて読み返して思ったのだが、クロスの左上がくしゃっとなっていたのなら、
下から上へ向けて何らかの力が働いたというわけで、
ならば、ふすまに関しても、「梁が下がった」のではなく、
「敷居が上がった」という可能性も考えられるのかもしれない、
というか、そういうことなのではないか、と思ったので備忘録的に追記。
いわゆる、隆起、とかいうやつ?
こういう記事もある。
大阪府北部、地震で2センチ隆起か 衛星撮影画像を解析:朝日新聞デジタル

※3:ここでは「梁」じゃなくて「鴨居」のことが言いたかった。
文中の「梁」は「鴨居」のことを言っている。訂正記事→こちら
【追記終了】




もくじページのご案内
・もくじページ>2018年>2018年 ひとりごと(お知らせとか?)その2

独り言 日々 コメント: 0 トラックバック: 0 編集

2018年6月の読書メーター

2018年07月02日 18:53 | 最終更新日:2018年07月12日


2018年6月の読書メーター
読んだ本の数:13
読んだページ数:3832
ナイス数:82

続きを読む >

読書 フォルダその2 コメント: 0 トラックバック: 0 編集

2018年6月の鑑賞メーター

2018年07月02日 18:53 | 最終更新日:2018年07月12日


2018年6月の鑑賞メーター
観たビデオの数:21本
観た鑑賞時間:2090分

2018年6月の鑑メ

続きを読む >

ドラマ/映画 コメント: 0 トラックバック: 0 編集

お寺さんなんかに出す感じの和風のふた付きのお茶を入れるやつ

2018年06月29日 02:34 | 最終更新日:2018年07月12日


前の記事「へびににらまれたかえるのごとく」内に下記の文を追記。
あと、記事末の「もくじページのご案内」にコウ(猫)の項目も追加。

++++++++++

【2018/06/29 追記】
※:お寺さんなんかに出す感じの和風のふた付きのお茶を入れるやつ
「お寺さんなんかに出す感じの和風のふた付きのお茶を入れるやつ」に関して
調べたところ、名称としては「汲出し」でいいのかなぁ。
正確にいえば、「蓋付き汲出し」だな。
「茶器 蓋付き 名前」で検索したら、それっぽいものがヒットした。
今回の地震のおかげで、「汲出し」という茶器の名称を知ることになった。

余談ながら、「ものの名称」でいつも思い出すエピソード。
家庭科のテストで「トング」の絵を見て名称を答える問題で
「はさむやつ」と書いて不正解を頂戴した話。
「すっごい知ってるこれ、ちょっと名前が思い出せないだけでさ、
私すっごい知ってるもんこれ」という悔しさを込めた「はさむやつ」。
もう忘れはしない。……たぶん。

ものの名称を正しく言えるってかっこいいよね。(きれいに着地した顔)
【追記終了】




もくじページのご案内
・もくじページ>2018年>2018年 ひとりごと(お知らせとか?)その2

独り言 日々 コメント: 0 トラックバック: 0 編集

へびににらまれたかえるのごとく

2018年06月27日 14:10 | 最終更新日:2018年07月18日


▼ 編集記録(クリックで展開)



18/6/25 13:52

地震から1週間経過なう。
今回の地震についてちょっと記録しておこうと思う。

ちなみに私は今回、震度5強を経験した。
当地比でいえば、数字としては阪神淡路大震災のときよりも大きいと聞いて驚いたけど、
まぁ、今回は阪神~のときよりは震源地に近かっただろうしな、道理なのかもな。
でも揺れた時間が短いほうだったとかなんとか? 条件も、なんかいろいろなんだな。

ニュースなんかを見ていると、被害が大きい場所はわりと限定されている模様。
ちなみに個人的には人的被害は皆無であり、物的被害?は茶器1つ、
お寺さんなんかに出す感じの和風のふた付きのお茶を入れるやつ(※)、
あれが棚のなかで落ちて1個割れていた。
「棚のなかで」というのは、棚のスライド式のガラス扉は開かずに
中のものが飛び出すことがなくて幸いだったということです。
何はともあれ、地震でなにか物が壊れたのを見たのはたぶん初めてだと思う。
ただ、近所であっても場所によってはやはり食器類がやられたとみえて、
ごみ捨て場に「割れ物注意」と書いてある袋が捨てられたりしてたな。
被害は人それぞれ、いろいろなんだろうな。

以下、気がついた変化で印象的だったもの。
・床の間の壁の左上隅、土壁っぽいクロスがちょっとくしゃってなってた。
・半分しか開かなくなったふすまが1枚あった。
梁?(※3)が下がった模様(※2)。
でも敷居に人が乗ると開くようになることがわかった。
梁が下がった分、敷居に体重を乗せて敷居を下げると開くみたい。
そういう問題なんだなぁと感慨深かった(?)。

【2018/07/18 追記】
※3:ここでは「梁」じゃなくて「鴨居」のことが言いたかった。
文中の「梁」は「鴨居」のことを言っている。訂正記事→こちら

【2018/07/12 追記】
※2:梁?が下がった模様
記事を改めて読み返して思ったのだが、クロスの左上がくしゃっとなっていたのなら、
下から上へ向けて何らかの力が働いたというわけで、
ならば、ふすまに関しても、「梁が下がった」のではなく、
「敷居が上がった」という可能性も考えられるのかもしれない、
というか、そういうことなのではないか、と思ったので備忘録的に追記。
いわゆる、隆起、とかいうやつ?
こういう記事もある。
大阪府北部、地震で2センチ隆起か 衛星撮影画像を解析:朝日新聞デジタル
【追記終了】

---

【2018/06/29 追記】
※:お寺さんなんかに出す感じの和風のふた付きのお茶を入れるやつ
「お寺さんなんかに出す感じの和風のふた付きのお茶を入れるやつ」に関して
調べたところ、名称としては「汲出し」でいいのかなぁ。
正確にいえば、「蓋付き汲出し」だな。
「茶器 蓋付き 名前」で検索したら、それっぽいものがヒットした。
今回の地震のおかげで、「汲出し」という茶器の名称を知ることになった。

余談ながら、「ものの名称」でいつも思い出すエピソード。
家庭科のテストで「トング」の絵を見て名称を答える問題で
「はさむやつ」と書いて不正解を頂戴した話。
「すっごい知ってるこれ、ちょっと名前が思い出せないだけでさ、
私すっごい知ってるもんこれ」という悔しさを込めた「はさむやつ」。
もう忘れはしない。…たぶん。

ものの名称を正しく言えるってかっこいいよね。(きれいに着地した顔)
【追記終了】

  +

震度5強の揺れ自体も恐怖感があったが、
そのあとの期間、余震が来るのかもという予期不安のほうにやられて舌が腫れた。
いわゆる口内炎である。寝るのが怖くなっちゃったりね。
必要以上に怖がるのはコスパが悪いってことは、一応わかってるねんけどな。
命に対する執着が強いタイプだからな。

私はそもそも地震が苦手なのだ。
いや、得意な人などいないかもしれないけど。
ミシミシ鳴る家。
揺れたとて、その揺れを自らコントロールするすべがないという無力感。
何者かに強く怒りをぶつけられているような気持ち。
揺れた際には、へびににらまれたかえるのごとく、身動きがとれなくなってしまった。

私が当時なにをしていたのか。
これを書くとひんしゅくを買うかもしれないが、
このブログを見ている人にはだいたい予想がつくのではないか。
私は寝ていた。揺れてさすがに目は覚めたがフリーズしていた。
揺れてる最中にケータイの緊急地震速報のアラートはけたたましく鳴るし。
話には聞くことだけど、仮にこれが公共の場にいて、
そこにいるみんなのケータイからアラートが鳴ったら、だいぶ怖い気がするな。

ちなみに今回のように揺れ始めてから鳴ったりしちゃうのは、
直下型?だと、仕組み上、仕方ないことみたいだけど、
メールで「強い揺れに備えてください」って言われても、
もう揺れてるんですけど的な(笑)。

  +

ちなみに猫のコウくん(女子)は、
普段私が座っている椅子(私は寝ていたから空いてるわけ)から、
すかさず猛ダッシュで2階に駆け上がっていった。
2階には、コウくんが怖いときに隠れる場所があるみたいでね、
どこか詳しくは知らないのだけど。
たぶん押し入れのなかじゃないかなとは思っているけど。

コウくん、駆け上がって当日18日のあいだ丸一日降りてこなかったな。
ごはんとトイレには降りてきたけど、すぐに消えちゃう。
これはさすがに珍しいことで、相当怖かったとみえる。
私も怖かったもんな。そりゃあ道理ってもんよ。
翌日19日の朝になったら姿を現してくれたけど、
それでも神経がはりつめてる感じがとれてなかったな。
ちょっとした物音でビクッとしたり。
それについては私も似たようなもんだけども。
まあ、いまではすっかり落ち着いたみたいだから、ご安心召されてください。
コウくんより、むしろ私のほうが落ち着いてないかもしれないわ(笑)。

コウくんの猛ダッシュといえば、
サッカーのセネガル戦で本田がゴールしたときに、
私が「えっえっえっえっ(←入るか入らないかという状況)、
ウワアーーー!!(←ゴール確定)」と叫んだときにもまた猛ダッシュさせてしまって
申し訳なかったのだけど(今回は私のとなりの椅子からのスタート)、
そのときは2階までは行かなかったみたいで、
となりのとなりの部屋の机の上で寝ているのをそのあと発見された(笑)。
そして試合が終わってしばらくしてから、
「あいつら(私と母)、やっとおとなしくなりやがった」という顔で
私のとなりの椅子にまた戻ってきてくれたよ。
柔軟な対応大事。正しい判断ができる猫だね。

  +

ふむ。話がそれたな。なんの話だっけな。
そう、地震の話だったんだけど、またなにか書きたいことを思い付いたら書きます。

ということで、まとめ的な感じに入ります。
余震あるのかなと怖がっていたけど、いまのところ震度3がちょろっとあった程度だな。
いつかの深夜の余震のときのこと。そのとき私はゾンビ体操をしていたので、
私が揺れているのか地面が揺れているのかちょっとよくわからなかったけど地震でした。
びっくりした。

それはともかく、
過去の大地震では大きな余震がいっぱいというパターンも聞いているので、
今回の余震の少なさ、その点は不幸中の幸いなのかも?
まぁ、私のように予期不安にやられるパターンもあるけど、
不安だけなら家が倒壊とかそういうことはないしね。
大きな余震があったところで予期不安にはやられると思うけど。

私もみんなも守られますように。




もくじページのご案内
・もくじページ>2018年>2018年 ひとりごと(お知らせとか?)その2
・もくじページ>2018年>2018年 コウ(猫)

独り言 日々 コメント: 0 トラックバック: 0 編集

フーテンのころも

2018年06月17日 18:03 | 最終更新日:2018年06月17日


18/6/16 23:25

最近、寅さんシリーズをDVDにて見ているのだが、
寅さんを観ると運気が上がるような気がするな。
たぶん、なにか精神的にホッとする要素があるからだろうな。
きっと、ほどよい楽観視ができるようになるのかもしれない。
うつにはまりこんでる人なんかも見てみたら何か変わるんじゃないかな。
名探偵のコナン君もそうだけど、偉大なるマンネリは本当に偉大だからな。
先がある程度よめることで、脳が安心するわけよ。

寅さん。周囲の人に迷惑をかけ、
心の底から「バカだねぇー、あいつは本当にバカだ」とさんざん言われながらも
孤立はしない、帰ればなんやかんやで受け入れてもらえる。
そんな存在に私もなりたい。憧れるのはそういうところ。
いや、迷惑は極力かけないようにしたいけどな。うん。
寅さんだってそうよ、偉い兄貴になりたくて、でも、
奮闘努力の甲斐も無く、今日も涙の、今日も涙の日が落ちる、日が落ちる、
っていうのが寅さんなのよ。
いま書いたのは主題歌からの引用なわけだが、
この「奮闘努力の甲斐も無く」という神フレーズが作詞者の方に降りてきたときには、
彼はいたく感激したろうなと想像するに難くない。

姓は青葉、名はころも。人呼んで、フーテンのころもと発します。
いや、あながち間違ってないよな、フーテンのころも。
フーテンだからな。

  +

寅さんは、なんせ48作あるんだもんな。
うつにはまりこんでる人にとったら、
完走するという目標ができるだけでも何か変わると思うやで。
いや、私がいまなんとなくそう思っただけだけどな。
うん、免責事項的なやつは大事だからな、自らの精神のためにもな。
大阪のおばちゃんの免罪符を使うよ、末尾の「知らんけどな」。
「生さだ」でいうところの、「意見には個人差があります」、な(笑)。
うんうん。

これから寅さんを見てみようと思う人のためにちょっと書いておくと、
第3、4作目は山田洋次監督ではない人が監督しているのですよね。
ナンバリング上、見ればいいとは思うけど、
そこはかとないコレジャナイ感があるので、そこのところは心しておくといいかも。
コレジャナイ感があっても、そこで見るのをやめるのだけはやめたほうがいいな。
山田洋次監督のありがたみをよくわからせてくれる存在として受け入れ、先に進もう。
※意見には個人差があります。




もくじページのご案内
・もくじページ>2018年>2018年 映画

ドラマ/映画 コメント: 0 トラックバック: 0 編集

気に入った作品をつくる人が作った作品は気に入る確率が高い。

2018年06月12日 16:25 | 最終更新日:2018年06月12日


18/6/12 14:59

トレンドな話題について書いて、
検索サイトでむやみにヒットするようになるのはあまり望むところではないのだが、
ほんとにびっくりしたからちょっとだけ書く。
「びっくりしたこと」と「笑ったこと」のエピソードが誕生したのだ。

  +

先頃、いま話題?のおっさんずラブがネットにて話題になっていたので、
あまり推奨されない方法で1話2話を見て心を鷲掴みにされ、
そこからはちゃんと録画して見ているのだが(現在進行形)、
この度、めでたくお気に入りレベルが一線をこえたため、
これは脚本の人の名前を調べて覚える必要があると認識し、
調べたところ、なんだか人相が怖い人の画像がヒット。
戸惑いはしたものの、
「で、でも、人は見かけによらないってことも、この世にはあるだろうから…?」と、
その方――徳尾浩司さんのTwitterページを開く。

プロフィール欄にはお仕事情報が書かれていたのだけど、
話題の『おっさんずラブ』の横に、
ななんと、私も視聴し完走した『きみが心に棲みついた』とあるじゃないですかー!
気に入った作品をつくる人が作った作品は気に入る確率が高いってことなんだろうなぁ。
もうすでに、お世話になってました。
たぶん、これから追いかけることになるかと思うので、よろしくお願いいたします。
とりあえず、Twitterはfeedlyにて購読することにしました。

と、まあ、この、おっさんずラブの脚本家を調べたら、
きみが心に棲みついたの脚本家の人だった、という、
これが「びっくりしたこと」の話。

  +

次「笑ったこと」の話。
先の項にて、「調べたところ、なんだか人相が怖い人の画像がヒット」と書いたが、
徳尾氏のTwitterのプロフィール欄に目を通したあと、
最上部に固定されたツイートが目に入り、笑った。
リアルに「ぶふっ」と吹いた。
いや、ご本人にとっては笑い事ではないのかもしれないが、
でもこんなことある!?(笑)と。

どうしよう、どういうことかをすっごく書きたいのだが、
まず本家のツイートを目にしてもらいたい気持ちが強い。
ので、とりあえずツイートへのリンクを貼る。こちら
本家ツイートを見たら、当記事追記部分へ進んでね。
一応、ネタバレ防止のクッションのつもりだよ。

続きを読む >

ドラマ/映画 コメント: 0 トラックバック: 0 編集

ホーム 次ページ >

プロフィール

Author:青葉ころも
はじめまして&こんにちわ~!
お気軽にコメントどうぞ^^
なにかございましたら、サイドバー下部のWEB拍手もご利用くださいませ。
連絡先:
2012.04.19 プロフ更新

ブログ記事の目次ページ。
2018-03-04 更新。
というか、随時更新。わりとやってるんやで。
↓のサイトは完全に止まってるけどな。
↑の目次ページにどうにか吸収させることを考えてみたらいいのかもしれない…。

当ブログ管理人が運営するサイトです。
もくじのもくじ
基本的に、植物(おもにドングリ)の観察日記のページと、写真集(おもに飼い猫)のページがあります。





・メニュー・
プロフへ
ブログリンク集へ
・・・・・・・・・・

2010.11.05
ころも天ぷら→青葉ころも
改名(仮)しました。
呼び方は「ころもさん」が好ましいです。

2012.01.07
個別記事の拍手コメントは、その記事のコメント欄にちゃちゃっと返事することにします。

バロメーター

最近のコメント

+を押すと開きます。

リンク

カレンダー(月別)

06 ≪│2018/07│≫ 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ一覧

WEB拍手(Googleフォーム)


こちらからのメッセージは記事にてのお返事になります。お返事記事は「お返事/私信」カテゴリの中に入れておきますので、ご確認お願いします。
メールアドレスを記入していただければ、メールでのお返事も可能です。
・・・・・・・・・・・・・・・
連絡先:
最終更新:2018/03/22

ブログ内検索

FC2カウンター

ついったー

QRコード

QR

ランキング参加中

バナークリックで応援お願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

にほんブログ村