ホーム 次ページ >

ころもと統計学

2016年02月13日 00:04

16/2/12 0:56

うにゃー、私個人的にはすごくびっくりした出来事だったけど、私以外の人にとってはそうでもないかなと思ったり、具体性はないと思うけど一応は名前関連の話なので記事にするか迷ったけど、やっぱり記事にしてみよう。シンクロ系の話です。

えーっと、母の兄の息子兄弟(私にとっては従兄弟)の弟のほうの友達のお姉さんがとある演劇に出演されるとのことで、母たちはみんなでそのお芝居を見に行ってきたのですが、そのお姉さんの弟の友達の母一同が連名で贈った祝い花の写真、私はその看板に書かれていた名字を見て驚いた。5人ぐらい並んだ名字のうち2人が、私にとって縁の深い名字だったからである。
ちなみに、その2人を除いたうちの1人は私の母の兄の奥さんということになるので、つまりは母の実家の名字。そういう意味では、そこに書かれた名字の5人中3人が私に縁深い名字ということになる。

その縁深い2つの名字。それらは私がブログを始めてから知り合った人たちで、メールアドレスのなかに本名が入っちゃっていたり、メルアド変更のお知らせメールの一斉送信の際に本名が書かれてしまっていたり、まあ、事故的な感じで偶然にも本名を知ることになった2人だったから、余計に驚いたのである。
私がブログつながりで偶然にも本名を知ることになった人は3人ぐらいしかいないのですが、そのうちの2人の名字が、しかも揃って現れた。ただの偶然ではあると思いますが、それほどありふれた名字とも思えず(それともありふれてるのかな?→ということで、記事後半にて名字ランキングを、具体性を避けるためにざっくりとですが、調べてみました。)、そもそも2人そろって現れたことに不思議を感じる。スピリチュアル用語でいうところの、なにかの「サイン」なんだろうか、などと思わなくもないけど、そう思ったところで、なんのサインなんだかよくわからないので、そこで思考は停止する。とりあえず、わくわくしたという事実だけが残る。

よく考えたら、いとこの友達の名字に、私の友達?の名字が重なっているということになるのか。それもなんだかすごいな。
ちなみに私の友達?の2人は、私とはつながりがあるけど、その友達?同士のつながりはない、いわゆる、私とあなたは友達じゃないけど~、私の友達と、あなたは友達~、だいたいそんな感じ~、ギャグ漫画日和~♪、というやつです。

  ◇◇

ふと思い至って、「名前の由来net」というサイトで、それぞれの名字の人数ランキングを調べてみましてん。信憑性があるのかどうかはわかりませんが。。。

一人目は、おおよそ700位といったところだった。まあ、名字なんて星の数ほどあるわけだし、これぐらいの順位が一般的なのかな。あるいは珍しい部類なんだろうか。ちなみに、人数的には3万人ほどいるみたい。
そして二人目。こちらは私も思っていたけどやはり珍しい名字らしく、おおよそ1万1千位といったところだった。1万位台はなかなか珍しい部類なのではないかと思うのだが。人数的には600人ほどとのこと。すごく少なく感じるけど、ほんとかな。1万位になるとそんなものなの?
ちなみに私自身の名字はおおよそ400位(4万5千人)といったところで、母の実家の名字は20番台(40万人)という結果に。
調べてみると、なかなかの振れ幅があることがわかった。けど、この結果を受けて私はどう思えばいいのかはわからなかった。「珍しい名字なのに揃って現れるとかスゲー!!!」と感動していいところなのかな。統計学にくわしい人に判定してもらいたいものだ。

ちなみに、「珍しい名字」ですぐに思い出されるのは銀シャリの鰻さんの「鰻」だと思うのですが、調べてみたところ、ランキングは6万位ぐらいで人数は20人とのことでした。鰻さんいわく、鰻姓はほぼ鰻さんの親族しかいないそうですが、20人ってまさに親族の人数って感じですよね。。。(笑)

  #

「統計学にくわしい人に判定してもらいたいものだ。」と、思ったのですが、そういえば、日本人の人数を1億2千万人と仮定して、割合を出せばいいんじゃね?と気づきました。出しました。おおよそ700位3万人=0.025%。おおよそ1万位600人=0.005%。おおよそ400位4万5千人=0.0375%。20番台40万人=3.3%。やっぱりよくわかりませんでした。
わかったことは、1億2千を数字で書くと、0が6個並ぶという新事実だけです。いざ1億2千を計算機に入力するとなると、0がいくつ並ぶのか、わかりませんでした。意外とわからないということがわかりました。

独り言 日々(2015年) コメント: 0 トラックバック: 0 編集

ついに星が瞬いた

2016年02月10日 00:06

16/2/9 0:51

にゃぷう、ついに、ついに、グラブルのランクが100を、、、

迎えようとしています。

(まだ迎えてなかった! ランク100を迎えた報告じゃなかったァァァ!)←私の頭のなかに住んでいる、新八と書いてツッコミと読むFrom銀魂が発動。
残りRP15000といったところなので、完全に、寝て起きて何度かディアボロスEXを回したらランクアップするやつですやん。星の瞬きが待ってますやん。

グラブルをプレイ開始したのが2015年5月29日のことなので、ほぼ6月からのスタートとして数えると、おおよそ8ヶ月の時が過ぎているようです。しかしこの計算は合っているのか。2月はまだ終わっていないので数えなかったのだが。
何はともあれ、ランク100を迎える記念すべき日は「2016年2月9日」となりそうです。

ところでこの「2月9日」という日付。ご存知の方もおられるかもしれませんが、私のラッキー数字は1と2と5と7と9と27だと思っているので、そう、「2月9日」というのは偶然にもラッキー数字を網羅した日付なのでした。すごーい。
ちなみに、プレイを開始したのは「5月29日」ということで、こちらも偶然でしかないのですがラッキー数字の組み合わせではあったみたいです。

  ◇◇

16/2/9 21:33

なんか、普通にクリアできました。
拍子抜けだと噂には聞いていたけど、まあその通りだったかな。
まあ、ここで詰むような試練を課しても、ゲーム離脱者が増えるだけだもんな。

ということで、星の瞬きをクリアしましてん。
それでもやっぱりセレスト・マグナのループについてはよくわからないけど、残HP50%25%でのヴォイド・オールはうまく活用できたし、奥義の奈落のフォールダウンは一度も食らわなかったな。つまりは強化アビリティをターンごとにバラけさせて使うのがポイントなのでしょう。

そのアビリティだけども、バウタオーダのかばうって、プラスがついて性能強化されると攻UP効果が増えるんだったね、普段はあまり意識しないけど。
そんなわけで、セレストのチャージターンがMAXになるまでは霧ループに入るつもりはなかったのだけど、バウタさんのかばうに付随する攻UPに反応して、初っぱなから霧ループに入っちゃうっていうね。あははっ☆
明らかに強化アビリティの2アビさえ使わなければ大丈夫だと思って、1ターン目から1アビ3アビの合わせ技で、かばう反射をしたというわけでございまする。。。

何はともあれ、これで私も無事に100ランカーの仲間入りです。(※へなちょこ)

ゲーム プレイ日記 コメント: 0 トラックバック: 0 編集

パッカーン

2016年02月10日 00:05

2016/02/09 23:43

2月9日投稿のエゴグラムについての記事(こちら)に追記しました。
以下、追記分。

  ◆-◇-◆

【16/2/9 13:30 加筆ここから】

……?

2013年の記事をちゃんと読んで気づいたのですが、なんだかこの夏はエゴグラム診断を2度行っているみたいですね。7月11日と7月26日。
「ABAAA」すなわち「多面型タイプ」というのは7月11日の結果であり、7月26日の診断では1回目が「ABBAB」、2回目が「ABBAA」、3回目は2回目と同じで「ABBAA」となったようです。
で、この7月26日に新たに現れた「ABBAB」と「ABBAA」についても気になったので、例の、サンプルデータ各種に名前をつけているサイトで調べたところ、「ABBAB」は「お山の大将タイプ」、「ABBAA」は「自己顕示欲過多タイプ」という風になっていてワロタ。名付けは違っても世界観は一致している。なんていうか、アホの子っぽさがすごい。

ということで、2012年7月から2016年2月までの結果の変移をまとめると、「遠慮屋タイプ」からの「お山の大将および自己顕示欲過多タイプ」からの「虎視眈々タイプ」と移行しているようです。
遠慮屋からのお山の大将って、この間にいったいなにがあったし……(笑)。
いや、あれだな、本来はお山の大将的な面があるんだけども最初の時点では猫をかぶっており、それが時間の経過とともに素が出せるようになってきて、素を出しすぎた結果お山の大将となり、それが時間の経過とともに少し自重することを覚えた、という感じだろうか。なんとなく流れを想像できるのが面白い。

【加筆ここまで】

独り言 日々(2015年) コメント: 0 トラックバック: 0 編集

真の猫へと進化する

2016年02月09日 12:51

2016/02/08 15:49

やっぴー☆ 久々にエゴグラムで遊んでみたよ。(こちらのサイト)
ブログの過去記事を遡って調べてみたところ、2012年7月2013年8月のデータが見つかりました。(それぞれ、当時の記事にリンクしてあります。)
結果だけ抽出してみると、2012年7月は「BAABA」、2013年8月は「ABAAA」だった模様です。

2014年~2015年のデータは見つからなかった。たぶん、やってないのでしょう。
そして最新版、2016年2月の結果は「ABAAB」でした。地味に変化あるな。
ちなみにこの結果「ABAAB」でググってみたところ、別のエゴグラム診断サイトでは「虎視眈々タイプ」と名付けられていてワロタ。その解説ページはこちらです。
でもなんかちょっとしっくりきちゃう。私の場合は虎じゃなくて、猫あたりが獲物を狙っている感じかな。獲物をロックオンして、いまにも走りださんとケツを振っちゃってる感じ。にゃー!!!

さらにちなみに、2012年7月の結果「BAABA」は「遠慮屋タイプ」、2013年8月の結果「ABAAA」は「多面型タイプ」と名付けられていました。
多面型タイプってよくわかんないな。でも遠慮屋タイプから虎視眈々タイプへと進化を遂げていったことはわかります。猫かぶってたのが脱げた感じ? 猫かぶってたのが脱げて真の猫になった。中から猫でてきた。

  #

【16/2/9 13:30 加筆ここから】

……?

2013年の記事をちゃんと読んで気づいたのですが、なんだかこの夏はエゴグラム診断を2度行っているみたいですね。7月11日と7月26日。
「ABAAA」すなわち「多面型タイプ」というのは7月11日の結果であり、7月26日の診断では1回目が「ABBAB」、2回目が「ABBAA」、3回目は2回目と同じで「ABBAA」となったようです。
で、この7月26日に新たに現れた「ABBAB」と「ABBAA」についても気になったので、例の、サンプルデータ各種に名前をつけているサイトで調べたところ、「ABBAB」は「お山の大将タイプ」、「ABBAA」は「自己顕示欲過多タイプ」という風になっていてワロタ。名付けは違っても世界観は一致している。なんていうか、アホの子っぽさがすごい。

ということで、2012年7月から2016年2月までの結果の変移をまとめると、「遠慮屋タイプ」からの「お山の大将および自己顕示欲過多タイプ」からの「虎視眈々タイプ」と移行しているようです。
遠慮屋からのお山の大将って、この間にいったいなにがあったし……(笑)。
いや、あれだな、本来はお山の大将的な面があるんだけども最初の時点では猫をかぶっており、それが時間の経過とともに素が出せるようになってきて、素を出しすぎた結果お山の大将となり、それが時間の経過とともに少し自重することを覚えた、という感じだろうか。なんとなく流れを想像できるのが面白い。

【加筆ここまで】

  #

ただ、いつも協調性については指摘されており、それは実にごもっともである。
対人関係は「自分を控え目に表現する事、これに尽きるでしょう。」らしいです。

えっ、もとより控えめでっしゃろ?(真顔)

まあ、たまに2000文字オーバーの記事を書いたりもするけど。
あっ、だから当たってるのか。うぇーーい!!(笑)

  ◇◇

それでエゴグラム。母もやってみたのですが、「BAACB」すなわち「善良市民タイプ」を叩き出していました。あー、わかるわ。
ちなみに2012年と2013年の結果は「BAABB」で一定だったみたいです。これを名付けると、すなわち「平穏無事タイプ」だそうで。
あー、わかるわ。名付けは違えど世界観が一致してるわ。

どちらにせよ、だいたい私がポイントの低いところが母は高く、その逆も然り。やはり性格真逆なだけある。

独り言 日々(2015年) コメント: 0 トラックバック: 0 編集

邪眼が疼く系女子

2016年02月05日 14:11

16/2/4 18:29

カニイベント、2つ目のチャレンジクエストをさっそくやってみましてん。
ルナールのファクシミリはうまく活用したいと考え、考えて考えすぎて空回った結果、第一発目はミスってまさかのミゼラブルミストをコピーしてしまうという。
頭悪いかよ!!(笑)

でもさぁ~考えすぎて空回って、一番したらダメなことをあえてしでかすって、あるあるだと思うんだよねぇ~。絶対に悪気はないのになぁ。なんでかな。
ちなみに2回目以降は計画通り、チャージターンをあえて2つ溜めてからディレイをコピーしてチャージターンをリセット、という使い方ができました。
たぶんオーバードライブさせたあとはダエッタのデュレーションをコピーするべきだったと思ったけど(ダエッタのデュレーションの減少量がすごくてワロタ、一発で半分ぐらい削ったんじゃないか?(笑))、しかし気づいたときにはまたディレイをコピーし終えてファクシミリのリキャスト待ち状態になっていたんだから、仕方ないね。

もしかして、ディレイよりもフェリちゃんの攻撃アビリティをコピーすべきだったのかなぁ。でもまあ、ちゃんと攻略できたんだから問題ないさー。
何はともあれ、ルナールのファクシミリ、実戦登用すれば、ほかにももっといい使い方はあるんだろうな、面白そう。

  #

あと、フェリちゃんの3アビ。これはクリア必須のやつだったのか。。。
私はEXアビリティにアロレⅢを積んでいたので、ショートを消す手段もないのに全員のMAX奥義ゲージをすべて消費するのはリスキーすぎると判断して、まさかの3アビ不使用のままクエストクリアしてしまうっていうね。
本来なら、全員の奥義ゲージがMAXになったらフェリちゃんの3アビを発動して全員の奥義ゲージを消費、味方にショートが付与されるのでクリアで消去して、TAUP状態で通常攻撃を繰り返せば3ターンで再び全員の奥義ゲージがMAXとなり、ここでフェリちゃん2アビを使ってからフルチェインぶっぱでジ・エンド、っていうのが理想のかたちだったのだろうなぁ。。。(遠い目)

とりあえず強いということはわかった。
うちに来たらクリア持ちのアルシャとのシナジーが高そう。

ゲーム プレイ日記 コメント: 0 トラックバック: 0 編集

俺のオヤジギャグ回路が火を噴くぜ!

2016年02月04日 17:22

16/2/4 0:26

トリアイナを、取りたいな。

えっ、言うと思った??(真顔)

いや、実際のところ、トリアイナを取りたいな、と。
救国復刻の際は、SSR武器は最終上限解放があったとはいえ守護スキルだし、たしか並行して何か別のイベントが開催されていたはずの上、復刻ということで開催期間が短く、当然の結果というべきかこちらは手薄となり、バルムンク2枚で終了するという非常に中途半端な終わりを迎えたのでした。

しかぁーし!!

今回の復刻では開催期間が他のイベントとかぶっていないのである!
SSR武器も水攻刃大とのことだし、水攻刃染めはまだまだできていない私なので、なるべくなら増やしておきたいところ。
復刻イベントということで「開催期間が短い問題」がありますが、SSR武器3凸を完成させようと思うと問題になってくるのは金章300枚。ちなみに貢献度100万200万300万の3枚は、開催期間が6日間とはいえ余裕で確保できるはず。
私の場合、金章は1日で約50枚手に入るようなので、これを6日間キープすれば300枚、、、と思うじゃろ? そうだね、1日目と最終日は半日ずつと捉えるべきで、開催期間は余裕をもって「5日」として計算してみよう。つまり、1日のノルマは60枚……? 1日に半汁1本か2本飲めば達成できるのかな??

そして最後に私の希望的観測なのですが、たしか前回の救国復刻の際はわりとすんなりSSR武器がドロップしたはずなんですよね。ということは、まともに走ってさえいれば開催期間が短くても余裕で3凸できたはず。
これはもしかして、復刻イベントは期間が短い分、ドロップが甘くなってくれちゃったりなんかしちゃったりして?? などという、私の希望的観測もあったりなかったり。前回はただ運がよかっただけかな。
何はともあれ、とりあえずは金章300枚の分も含めて、自力で4枚揃えるつもりでいたほうがいいことは確か。

  #

そうだ。。。もしかして、救国復刻と期間が重なって開催されていたイベントって、ストファイコラボだったんじゃあないか……?(←ルシウス兄さん風の表記。「じゃないか」を「じゃあないか」と書かれがち、だけど中の人は普通に「じゃないか」と読みがち。という私のイメージ。)

ああ、記憶が蘇ってきたわ……、魔のストファイコラボだわ……、半汁50本飲んでノードロップの末にあきらめたストファイコラボだわ……。無謀な賭けをしてはいけないということを心に深く刻んだ……。
既述のようにストリートファイトがドロップせず泣きそうになるなか、ちょろっと回した程度の救国復刻イベントではバルムンクが早々にドロップして、心の底から「なんっでやっねんっっ!!!」と叫んだ記憶が蘇りました。これがいわゆる「(バル)ムンクの叫び」である。(←いま偶然に思い付いた)
パンピーは大人しくバルムンク集めときゃよかったんだよ。。。

※「バルムンクの叫び」当時の記事を引っぱってきておく。→こちら
2015年11月……、どうやら2ヶ月ほど前の話のようだ……。

  ◇◇

話は変わって討滅戦。

近々開催される討滅戦では、たとえ最終上限解放をせずに3凸どまりだとしても強いディアボロス先輩を優先しようかなと、いまはうっすらと思っております。汎用性が高そうだ。
過去の私も同じように考えていたようで、石の現状は「ウォフ3凸、コキュ1凸、ディア2凸」となっております。水石はね、ヱビスも来たしね。
ウォフとディアだとウォフを優先したようにみえるのは、ウォフマナフのSSR武器が攻刃大で早急に作りたかったため、ドロップを期待する意味も込めて優先的に回したのだと思う。たぶん。

ディアボロスの素材が集まったらコキュの素材集め、最後にウォフかしら。
討滅戦のあとにポセイドン復刻が来て土パを稼働させることになるけど、仮にウォフ石50UPのままであってもいいよね。
でもたぶん、心配しなくても3種類の石の4凸が完了するような気がする。。。
とらぬ狸の皮算用??


ゲーム プレイ日記 コメント: 0 トラックバック: 0 編集

褌締めて面舵一杯

2016年02月02日 14:33

16/2/1 0:37

ぴっかーん!!

次の四象ボスはおそらく土属性。ということは、しようと思えば輝きを消費してウォフマナフ系列の討滅素材と交換できる。ウォフマナフ系列の討滅素材の現在所持数にもよりますが、最終上限解放は輝き交換で済ませたほうが早いような気がしたよ。私は武器・石ともに3凸完了しているので、なおさら必要な素材だけを輝きで交換すればいいかなって思っちゃう。下位素材2種ぐらいは討滅戦で集めたほうがいいのかなぁ。

次の四象ボスが土ということは、有利属性は風。前回の討滅戦で大ボケをかましながらもなんとかサジタリウス4凸の可能領域まで進めたこともあって、こいつが活躍してくれることでしょう。ありがたい。
ただ、前述した通り私は前回の討滅戦で大ボケをかまし、多大なるタイムロスを犯した結果、コロゥ姉さんについてはリアルにノータッチで終わってしまった。そのため今回のカニイベントでは、残念ながらうちのコロゥ姉さんは息をしておられません。すまんな。

次回の討滅戦が「ウォフマナフ、コキュートス、ディアボロス」という組み合わせなら、どういう優先順位をつければいいかな。
四象ボス的には土の次は火に戻ってくるかなと思うので、コキュートスを最終上限解放まで進めておくべきなのかもしれないが。。。
まあ、四属性討滅は期間中に思ったより多くのことが進められることがわかったので、タイムロスさえしなければ、どの石も最終上限解放まで進められるのかもしれませんが。

とりあえず、ギリギリまで素材交換はしない。最終上限解放までを含めて素材の必要数を計算する。このことが、前回の討滅戦で学んだことです。
討滅のあとに控える四象での輝き交換の可能性を思えば、どちらかというとウォフマナフは後回しでいいのかなぁ。。。

  ◇◇

あと、ついにランク99になってしまいました。
主人公上限解放のマグナ戦が待っているのか。こわい。
ワテ、まだマグナ自発したことないねんけど……。

そうそう、それとカニイベント。EX戦以上で流れるBGM、ソイヤの歌がかっこよすぎました。声優らしく美声で、しかも歌唱力のある方々が歌われているので、リアルに鳥肌もの。ボス戦がかなりの胸アツです。お~も~か~じい~っぱ~い♪
こう、掛け合いっていうのか、「さ~すら~えど、さ~すら~えど」の歌い手が一言ずつ代わる感じとか、なんかすげーアイドル感(笑)、とかも思いつつ(笑)。。。
正直、Mマスにお金をかけるよりも、グラブルメンズに歌わせたほうが盛り上がりそうだよね……。ということで、サイゲの中の人に同感です。

ものすごい余談ながら、「三羽烏」と聞いたらどうしても「エロ三羽烏」という言葉を思い出してしまう吉本脳の私です。
あっ吉本といえば、今回のカニイベントの200体討伐の称号が「どうかしてるぜ」でワロタ。よ、吉田さん(ブラマヨ)のやつ……!(笑)
もともと200体討伐は目指す予定でしたが、このことが判明したことにより、よりいっそう目指したくなりました(笑)。
M-1とザマンザイのスポンサーの件もそうだけど、サイゲにはお笑い好きの人でもいるのかな?? だとしたら、僕と握手!

ゲーム プレイ日記 コメント: 0 トラックバック: 0 編集

誰が来るかな

2016年02月01日 20:58

16/1/29 22:43

レジェフェスかぁ~。
今日は一旦寝て、明日、起きてから引こ。

  ◇◇

16/1/31 0:07

レジェフェス、10連2回とガチャチケ2枚分を引きました。
ちゃんと17時までに引いたからベッティングカードも手に入れましたよ。最近はブックメーカーに参加してないのであまり意味は成しませんが。
SSRは召喚石のサテュロスのみ。前々回ぐらいのレジェフェスから、ちょこちょことSSR石を見るようになってきたかな。
前述の通りSSRキャラはなし。そして頑なに、光と土のSSRキャラが来ない。むしろ、それぞれ誰が一番にやってくるのか楽しみになってきたわ。

今回の当たりは子安さんことルシウスだと思います。速攻で育成を開始する。
アビリティ構成的にティナと組ませる設定なのは明らかなのですが、どうせ灼熱付与を担当させるなら水着ジェシカのほうを採用したいなって思ったけどルシウスの3アビのためだけにわざわざ火キャラを出張させるほどでもないのかなって思ったので特に出張させる予定はありませんが、闇キャラで灼熱持ちっているのだろうか。。。(ここまで一息)
でも闇パのメイン召喚石が火闇攻撃UPのケルベロスなことを思えば、火キャラの闇パ出張もアリなのかな、一度試してみてもいいのかもしれない。が、ヨダ爺はなるべくいつもメインに入れたいでしょ、ここに火キャラを出張させるとしたら、闇キャラ枠がルシウス一人になってしまうんだな。これはあまりよくない気がするぞぉ~??
※2016/02/01 19:36 追記。調べてみたところ、これまではケルベロスが唯一の「闇キャラで灼熱持ち」だったみたいです。なるほどな、闇と火の組み合わせ。しかしルシウスの最終上限解放をすると、奥義で灼熱付与ができるようになるらしい。一人で完結できるとありがたいなぁ。最終上限解放必須だな、兄ちゃん。)

あとSRのノーマルダヌアも仲間になりましたが、うちの闇パではSSR水着ダヌアがすでに育っているので、SRダヌアの育成はフェイトエピソードを解放するための1凸まででいいかなと思っていたり。

  #

そう、フェイトエピソードです。
1/30ぐらいから、ふと思い至って、いままであまり触れずにきたフェイトエピソードの数々の消化を開始することにしましてん。まずは最終上限解放キャラをレベルマックスにしたら現れるものから。つまり、ノアとスーテラです。
最終上限解放でのバトルのボスは舐めてはいけないとの情報を得ていたので万全を期して臨んだのですが(そしてその情報が、挑戦することについて私に少しばかり尻込みさせていた)、しかし控えキャラは登場することなく、わりとあっさりクリアすることができました。両者ともに。
そのあとは、なんとなく気になるキャラから消化していっていたのですが、途中からはWikiで調べながら、クロスフェイトエピソードがあるキャラを優先的に解放することにしました。我がころも団の仲間たちも、わりとクロスしていました。
初期のキャラのほうがクロスフェイトは多いのかな、という印象。やっぱりそうなるわな~。

個人的には、今回のレジェフェスで仲間になった、ねこおじさん(ころも命名)、ダーントさんのエピソードが気になります。

ゲーム プレイ日記 コメント: 0 トラックバック: 0 編集

2016年1月の読書メーター

2016年02月01日 13:00

2016年1月の読書メーター
読んだ本の数:2冊
読んだページ数:383ページ
ナイス数:45ナイス

2016年1月 読メ

続きを読む >

読書 フォルダその2 コメント: 0 トラックバック: 0 編集

2016年1月の鑑賞メーター

2016年02月01日 13:00

2016年1月の鑑賞メーター
観たビデオの数:2本
観た鑑賞時間:247分

2016年1月 鑑メ

続きを読む >

ドラマ/映画 コメント: 0 トラックバック: 0 編集

ホーム 次ページ >

プロフィール

Author:青葉ころも
はじめまして&こんにちわ~!
お気軽にコメントどうぞ^^
なにかございましたら、サイドバー下部のWEB拍手もご利用くださいませ。
連絡先:
2012.04.19 プロフ更新

当ブログ管理人が運営するサイトです。
もくじのもくじ
基本的に、植物(おもにドングリ)の観察日記のページと、写真集(おもに飼い猫)のページがあります。

Twitterボタン



・メニュー・
連絡用記事へ
ブログリンク集へ
プロフへ
・・・・・・・・・・

2010.11.05
ころも天ぷら→青葉ころも
改名(仮)しました。
呼び方は「ころもさん」が好ましいです。

2012.01.07
個別記事の拍手コメントは、その記事のコメント欄にちゃちゃっと返事することにします。

バロメーター

最近のコメント

+を押すと開きます。

リンク

カレンダー(月別)

01 ≪│2016/02│≫ 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -

カテゴリ

WEB拍手

こちらからのメッセージは記事にてのお返事になります。お返事記事は「お返事/私信」カテゴリの中に入れておきますので、ご確認お願いします。
メールアドレスを記入していただければ、メールでのお返事も可能です。
・・・・・・・・・・・・・・・
連絡先:
最終更新 2014/08/03

ブログ内検索

FC2カウンター

つなビィ

イラスト(@つなビィ)

ついったー

素敵サイト様・バナー

ジャンルごった煮

あだし野 洞 Spinnwebe. ぼくが死んでも 九佳句(くかく)/天野英

素材お借りしました。
web material * Essence 空に咲く花

QRコード

QR

ランキング参加中

バナークリックで応援お願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

にほんブログ村

QLOOKアクセス解析