ホーム 次ページ >

幻の存在となった次第

2014年10月31日 00:47

14/10/26 12:31に書いたもの。


ブログの最新記事10件のタイトルの羅列を見たら、10/20・10/16・10/9のタイトルが「踏み込んでみたら」「幻ぐらいがちょうどいい」「だけど、ジレンマ」と並んでおり(画像参照)、図らずも文章として成立しているような気がして面白かった。それぞれの記事の内容は一切リンクしていないのですけどね、だからこそ、タイトルがリンクしているのが不思議な感じ。

成立している‥だと…?

踏み込んでみたら距離が近くなりすぎたのか相手が図に乗ってしんどくなり、距離を置いて清々したと思ったら離れすぎて相手が幻レベルの希薄さになり、だけどきっと幻ぐらいがちょうどいいんだと思おうとするけれど、自ら望んだ結果のはずなのに、あれおかしいな、というジレンマ、みたいなな。なんなんですかね。この心境を利用して、よくあるベタな小説が1本書けそうですね。

以下、クソ長くなったので追記に収納します~、
便利に収納、らくらく運搬!

続きを読む >

独り言 日々(2014年) コメント: 2 トラックバック: 0 編集

お家に帰るまでが遠足

2014年10月30日 00:22

14/10/29 23:18に書いたもの。


なんかものすごく今さらな業務連絡的話なのですが、ブログには拍手でもコメント欄でも鍵コメというものがありますよね、これまでは鍵コメでも何も考えずにコメントをくださった方の名前を明かして返事を書いていたのですが(もちろん、匿名希望であればそのようにするつもりではあったのだけど希望者はいなかったよね、まあ)、しかしよく考えてみれば名前も伏せてこその鍵コメなんじゃなかろうかと、実に今さらなのですが思い、以降返信する際は名前ではなく、コメントをくださった日付と時間を名前がわりとして使わせていただこうかと思い直しました。いや、ほんと今さらなんですけど!(笑)

正確にいえば、ずっと昔は今後そうしようと思っているように、鍵コメの際はコメントされた日付と時間を名前がわりに採用するというシステムだったはずだと思い、確認してみたところ、やはり記憶は間違いではなく、2008年とか2009年あたりのブログ黎明期にはそのようにしていたみたいです。というのも、当時ブログのお友達だったお姉さんがそのようにしていたのを見て、なんかそれがかっこいいという憧れ的な気持ちもあったりして真似したのが始まりだったはずなのですが、、、あれだな、時間とともにいろいろ緩んできたんだな。あかんな!
というかまあ、かっこいいとか憧れ云々は抜きにしても、鍵コメは名前まで伏せての鍵コメと考えるべきだったんだろうなとは思うんですけどね…、なんかすみません。お家に帰るまでが遠足ですよね…。(?)

というわけで、これからは安心して(?)鍵付きコメントをしてくださると嬉しく思います!

お知らせ コメント: 2 トラックバック: 0 編集

つづくオン・マイ・オウン―フルメタル・パニック!

2014年10月28日 00:02

14/10/25に書いたもの。


全方面、傷だらけ。ソースケの戦争バカはおもにコメディ担当の単なるスパイスであるべきだったはずで、いろいろあるけどこのままでもなんとか日常は続いてゆくのだろう、などという漠然とした甘い幻想はことごとく打ち砕かれた。精神的ビンタ。自らが抱えた問題は、いつか直視しなければならないのだ。未来を望むのなら、乗り越えねばならないのだ。瞬く間に混沌の戦場と化す町のなかで、宗介のかなめへの誓い。彼女と彼女に属する世界を守りたい(意訳)、かあ…。宗介かっこいいなぁ…!

前巻で宗介が吹っ切って立ち直ったと思ったら、これまで健気で気丈だったかなめのほうがついに限界を迎え鬱に……、いや、なるわ、自分の存在のせい‥ではないんだけど自らが発端となってこの展開は鬱にもなるわ、どうやらウィスパードの症状も重度になってきているようですし…。一方ミスリルの面々も致命的なピンチに陥るわけだけど、皮肉にもこういうときこそ個々が輝くんだよなあ…、私もテッサに直立不動の姿勢をとりたいです。アイ・アイ・マム!

読書 フォルダその2 コメント: 1 トラックバック: 0 編集

まだ生きていた時代を思う

2014年10月26日 05:22

14/10/24に書いたもの。


9月の上旬だったかに、友人の友人が突然ブログを閉鎖するという事案が発生した件について、改めてふと頭をよぎったため、その方のHN(伏せる必要があるかよくわからないが仮に●●とする)でググったところ、特に変哲もない検索予測キーワードが並んだのだが、名前のあとに「ブログ」と打ち込んでちょっと噴いた。
つまり、予測キーワードとして「●● ブログ 閉鎖」および「●● ブログ 消えた」というものが上位にランクインしておったわけです。よくも悪くも影響力ェ…。まあ、ぱっとコメント欄を見ただけでも広く交流を持たれていた方のようですし、私以外にも気になる人はいますよね当然。

長くなったので以下は追記に回します~

続きを読む >

独り言 日々(2014年) コメント: 4 トラックバック: 0 編集

ごめんね青春!2話見たよ

2014年10月22日 18:59

14/10/21に書いたもの。
ごめんね青春!関連記事まとめ→1話 / 2話


早くも?蜂矢先生のデレがきた、かわいい…w
これぞツンデレの醍醐味やでぇ…(*´v`)

続きを読む >

ドラマ/映画 コメント: 0 トラックバック: 0 編集

なんかあれに似たなんかあれ

2014年10月20日 01:01

14/10/16に書いたもの。
ごめんね青春!関連記事まとめ→1話 / 2話


続きましてドラマのターン。(甘ブリ記事はこちら)
ごめんね青春はこれはもう最後まで見なくてはならん感じ。ストーリーも先が気になるし、掛け合いも小ネタも面白いし。なるほどこれがクドカンクオリティというやつか。価値ある時間を過ごした感?
ドラマの台詞と主題歌がキーワードでリンクしてる感じも洒落ていて、よいスパイス。言ったじゃないか。

そして蜂矢先生のあの気持ちのよいキビキビっぷりとベタなヴィジュアルには絶対ゴシックな二挺拳銃とか似合うだろうなと思ったけどそうなるとどこのブラクラだよとなるのでつまり、総じてよいということです。
しかしいざ一度思い付いてしまうと彼女が二挺拳銃をクロスの構えでキメているところを見たくなってしまったのですが仕方がないので妄想で補完することにします。ありがとうございます。
まあ、銃はなくとも男子諸君はマシンガントークという名の見えない弾丸により掃討されていましたが(笑)。むしろ、銃など持っていなかったはずなのに持っていたかのような迫力はさすがです。

ちなみにもうひとつ気になっていたドラマぬ〜べ〜は、すまないが1話冒頭をちょろっと見たところたぶん見ないだろうなという印象。
素敵な選TAXYも1話はヤスケンさんが出てくるっていうから見てみたけどドラマ自体は次も気になるって感じではないな、まあオムニバスだからまったく別な話なんだろうけど。

ていうかドラマの本筋からはそれる話かもしれないけれども『ごめんね青春』、ここにもまさかの「原」が…(笑)。
追記からはその話題です。

続きを読む >

ドラマ/映画 コメント: 0 トラックバック: 0 編集

コッペパンは要求しない

2014年10月20日 00:29

14/10/16に書いたもの。
ごめんね青春・2話放送の日曜日までに投稿しようと思っていたのだが、日曜日終わっちゃったな。


甘ブリ2話と、見るのが途中になってたごめんね青春1話を見終わった。
どうしようかなアニメとドラマでは毛色が違いすぎるから別記事にしようかな。
というわけで、→ドラマの話の記事

以下、甘ブリの話を少々。

続きを読む >

アニメ/漫画>その他の感想 コメント: 0 トラックバック: 0 編集

踏み込んでみたら

2014年10月20日 00:06

14/10/16に書いたもの。
初出はこの前の記事。本来は別記事の最後に一言二言おまけレベルで書くつもりだったのだが少々伸びたので記事にして再録してみよう企画。
初出後、少々加筆もいたしました。と、アピール。


次回のホンマでっかにはヤスケンこと安田顕さんが出てくるみたい。昨日は素敵な選TAXYの1話で見たし、この頃ちょいちょい見るなぁ。
というか、安田さん自体は以前から普通にいろいろと出なさっていたのだろうし、単に私が今年その存在を知ったというだけのことなんだろうけどね。
だってなんせ私はそれまで、まずその存在を知らなかったんだもんなぁ。隠蔽捜査を見てよかったなー、さらに踏み込んで名前を覚えて検索してみてよかったなー。検索しなかったら、まさかニコニコ大百科の「残念なイケメン」の項に載っているような人だとは思わなかったし、私の中では「隠蔽捜査の戸高の人」という、ただの、普通の俳優さんの一人に過ぎなかったよ、ホント(笑)。チームナックスという存在も本気で知らなかったし、大泉洋さんは知っていても彼がなにかのチームに所属しているということも知らなかったんだもんなぁ。道民じゃなければそんなもの? いやいやこれは私が疎すぎるだけかもしれないな。関心がなければそんなもの。

独り言 日々(2014年) コメント: 0 トラックバック: 0 編集

幻ぐらいがちょうどいい

2014年10月16日 00:53

14/10/15に書いたもの。


山本弘さんの小説『去年はいい年になるだろう』を読んでいて、まさかこの本のなかでフルメタのタイトルを目にすることになるとは思っていなかったけど、ロボット系小説の有名どころとして、ちょろっと、だけど普通に、出てきた。
私の個人的な話、あまりにタイミングが合いすぎて後付けかと思えるほどかもしれないけれども、本当にちょうどこの次は、久々にフルメタシリーズの続きを読んでみようかと思っていたところだったこともあり(そんなわけで図書館で借りて家にある状態)、少々心臓が跳ねる。

続きを読む >

独り言 日々(2014年) コメント: 0 トラックバック: 0 編集

だけど、ジレンマ

2014年10月09日 11:49

14/10/7に書いたもの。


ふと思った、「なんか、ボカロ曲が聞きたい」と。
しかし漠然とそう思っても私にはきっかけすらないわけで、「そうだ!そんなときこそぼからんだ!」というわけで、最新の10月1日の週刊ボカロランキングの動画を見てみました。と書くと、しばしば、ぼからんをチェックしている人みたいですが(そうでもない?(笑))、大げさでなく今回で二度目ぐらい‥しかも、きっちり見るのは初めてと言っても過言ではなく。

続きを読む >

独り言 日々(2014年) コメント: 0 トラックバック: 0 編集

ホーム 次ページ >

プロフィール

Author:青葉ころも
はじめまして&こんにちわ~!
お気軽にコメントどうぞ^^
なにかございましたら、サイドバー下部のWEB拍手もご利用くださいませ。
連絡先:
2012.04.19 プロフ更新

Twitterボタン

・メニュー・
連絡用記事へ
ブログリンク集へ
プロフへ
・・・・・・・・・・

2010.11.05
ころも天ぷら→青葉ころも
改名(仮)しました。
呼び方は「ころもさん」が好ましいです。

2012.01.07
個別記事の拍手コメントは、その記事のコメント欄にちゃちゃっと返事することにします。

バロメーター

最近のコメント

+を押すと開きます。

リンク

カレンダー(月別)

10 ≪│2014/11│≫ 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリ

WEB拍手

こちらからのメッセージは記事にてのお返事になります。お返事記事は「お返事/私信」カテゴリの中に入れておきますので、ご確認お願いします。
メールアドレスを記入していただければ、メールでのお返事も可能です。
・・・・・・・・・・・・・・・
連絡先:
最終更新 2014/08/03

チャット(試運転)

こちらから入れます
入室者 
ROM者 

ブログ内検索

FC2カウンター

つなビィ

イラスト(@つなビィ)

ついったー

素敵サイト様・バナー

ジャンルごった煮

あだし野 洞 ぼくが死んでも 九佳句(くかく)/天野英

素材お借りしました。
web material * Essence 空に咲く花

QRコード

QR

最近読んだ本

ころもの最近読んだ本

ランキング参加中

バナークリックで応援お願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

にほんブログ村

QLOOKアクセス解析